2014.11.29 来週の相場。
おはようございます。
 28日のNY株。ダウは0.49ドル高の17828.24ドル、ナスダックは4.31ポイント高の4791.63ポイント。感謝祭明けと言うよりは連休の谷間と言った方が良い日で(しかし小売業界から見ると「ブラックフライデー」で注目日、この結果は発表され来週の相場に影響する)、市場もも午後1時までの短縮取引で閑散。注目の原油は68ドル台まで更に下がっている。 
 来週の米国は材料目白押しで忙しい。まずISMの週、製造業・非製造業両方。レッドブック等小売り指標どっさり。ベージュブック3日(水)もある。そしてその日ADP雇用報告があり、週末の11月雇用統計でピークを迎える。18000ドル台を突き進むか?いったん休憩に入るか?来週の数字がカギを握る。

 日本株。1日(月)の7-9月期法人企業統計、2日(火)の11月マネタリーベース位しか指標発表は無い。この日の公示で選挙予測が株価に影響し始めようが、なんと言ってもNY株・ドルの動向次第の日本株の構造は変わらない。
 アメリカの数字は悪くは無いと思うが、利益確定売りも出やすい。18000ドル台はあると思うがどんどん上値を取るとも思えない。原油安がどう影響するかだ。消費には明らかにプラスだが、産油国としてのアメリカ全体ではどうか?日本にとっては原油安はプラス。
 日本株の需給はきわめて良く、下げにくい市場だが、楽勝と言われている与党が予想通りの楽勝になるのか?選挙は蓋をあけて見ないと分からない。上値を取りにくい。
 「上げにくい・下げにくい」相場。選択肢は1つ、個別株で突き進め!
来週の予想レンジ 17100円-17700円。
おはようございます。
 27日のNY市場はご存じの通り感謝祭で休場。
 欧州は、ロンドンFT100は5.75ポイント(0.09%)安の6723.42ポイントだったが、独クセトラDAX指数は59.31ポイント高の9974.87ポイントで11営業日続伸。しかし、感謝祭の影響で商いは薄い。また、ギリシャの10年国債利回りが8.52%まで上昇。もう世界には関係ないが、ギリシャがまた・・。
 日本株。日経平均の25日移動平均かい離率が1時10%を超えたが、17200円で3%を割る。ひとまずの下値めど。しかし、選挙を控え上値も追いにくい。週末だし、感謝祭明けのNY株も見たいし・・。
本日の予想レンジ17200円―17350円。
 こういう時は個別株でガンガン行こう。
我が陣営の7771日本精密は、報告銘柄になっても何のそのだ。昨日決算説明会があったが井藤常務は強気だった。先行きについても更に自信満々。安いところを買ってくださいね。2362夢真HD、6298ワイエイシイ、4875メディシノバも動きが良い。1429日本アクアも分割前に順調に上値を取って行くでしょう。5933アルインコは短期筋が降りた感じなのでこれから。
おはようございます。
 26日のNY株。ダウは12.81ドル高の1万7827.75ドル、ナスダックは29.07ポイント高の4787.32ポイント。ダウは史上最高値更新。感謝祭前でも堅調。
 日本株。今日のモーサテで、選挙の予想議席数の計算方法の一つ「青木率」を紹介していた。それによると自民党の議席数は230台から240台になるとの事。解散前の自民党議席数は294だから、50-60議席減るという事になる。これだと選挙後の安倍政権の力、アベノミクスの推進力は大きく落ちる事になる。昨日、「来週のメディアのトーンが大きく変わる」と書いた。現実になりそうな気配。
 これでは日経平均は神経質にならざるを得ない。すると、前向きな個別株物色が一番良いという事になる。本日、最近すごい動きをしている7771日本精密の決算説明会。しっかりと見極めてきます。その後、東洋経済オンライン執筆者の懇親会がある。筆者は今日ちょっと忙しい。
本日にレンジ 17300円―17,400円。
おはようございます。
 25日のNY株。ダウは2.96ドル安の1万7814.94ドル、ナスダックは3.36ポイント高の4758.25。場中若干の上下があった為、NY証券取引所の出来高は8億株半ばとまずまずだった。11月の消費者信頼感指数の悪化と、第3四半期実質GDP上方修正の強弱材料が対立した為。
 日本株。日経平均神経質なら気楽に個別株と昨日書いたら、早速我らの7771日本精密が爆発した。瞬間288円は前日比38%高。多くの投資家に喜んでもらえたと思うと筆者もうれしい。ただ、総発行株数1542万株に対して昨日1日で1276万株の出来高はちょっと人気先行気味。皆さんの多くはもう売っていると思うが、この企業の成長性から見てこんなところで終わる相場ではない。ただし、しばらく調整完了を待とう。
 日経平均。円安連動が微妙。悪い円安の不安。OECDが日本の成長力予測を下方修正した。アベノミクス成長戦略が試される時だ。
 その選挙だが、日曜日に友人の市会議員の事務所開きに行った。来賓の国会議員の話では、かなり自民党の議席は減りそう。来週あたりからマスコミのトーンが大きく変わると言っていた。気を引き締める為だけの危機感ではなかった。
本日の予想レンジ 17300円―17450円。
おはようございます。
 週明け24日のNY株。ダウは7.84ドル高の1万7817.90ドル。連続で史上最高値を更新。ナスダックも41.92ポイントの大幅高で4754.89ポイント。先週末の、中国や欧州の追加緩和の動きと、米国年末商戦への期待感は週が明けても続いている。
 日本株。今週は週末に指数が集中するだけで、大きなイベントは無い。引き続き海外株と為替を見ながらの動きだろう。CMEが17500円前後で帰ってきているので、ここをめぐる展開。当然幻のSQ値17549円60銭を抜くかどうかが注目される。最近円安が手放しで評価されない雰囲気も出ており、118円台は微妙だが、SQ値の攻防戦と相まって神経質な動きになりそうだ。
本日の予想レンジは 17400円―17600円。
日経平均が神経質なら、ここは気楽に個別株物色だ。
 
2014.11.22 来週の相場。
おはようございます。
 週末21日のNY株。中国の利下げなどを受けて、ダウは91.06ドル高の1万7810.06ドル、ナスダックも11.10ポイント高の4712.97。ダウは連続して史上最高値更新。NY証券取引所の出来高も10億3632万株と高水準。
 中国だけでなく、ECBのドラギ総裁の講演内容が一段の金融緩和策示唆したため欧州株も高い。来週は感謝祭前に消費関連、住宅関連の指標が多数発表される。数字次第だが、いよいよNY株は18000ドル台に移って行くか。

 日本株。来週は、週末にCPI、鉱工業、住宅着工等の指標が集中するだけで、大きなイベントは無い。選挙態勢に入ったので、悪材料出にくく、また、水準が上がった為、持たざるリスクを感じる投資家も多く、下げにくい展開が予想される。   
 しかし、急激な円安も調整気味で、騰落レシオ(25日)も134.78と買われすぎの水準。日経平均の25日移動平均かい離率も14日の10.03%から調整はされてきたがまだ6.32%。
当然来週は、レンジ内調整と考えられるが、NY株高・ドル高が持続されれば、結局日本株もジリ高で、幻のSQ値17549円60銭を抜くことになると、今回の相場では第3回目となる踏み上げ現象(空売り筋の買戻しで大きく上がる事)が起きる可能性も。   来週のレンジは 16800円―17800円。
 日経平均は、攻防戦が均衡して狭いレンジの揉みあいか、負けた方に一気に押しやられるか、気の抜けない1週間だが、それだけに指数連動性の薄い個別株物色が盛んになろう。個人投資家にとってはそれなりに面白い1週間になると思っている。
おはようございます。
 20日のNY株。ダウは33.27ドル高の17719.00ドル、ナスダックは26.16ポイント高の4701.87。引き続き年末商戦への期待感で、ダウ(S&P500も)は最高値更新。
 日本株。一昨日の後場から円安と株価の連動性が若干薄れている。このまま連動性が無くなって行くのか?今のところは、あまりに激しい円安に、株価が追い付いていけないだけかもしれないが、悪い円安を意識する向きも。選挙中で悪材料は出ないはずだし、NY株高・ドル高も急に向きを変えるとも思えない。ただ、円安・株高の構図が変わったとしたら・・。バブル以前は円高・株高が常識だった。
本日の予想レンジ 17200円―17300円 と小動きを予想する。
 当然中小型株の個別物色だ。ここで紹介している、4875メディシノバ、7771日本精密、2362夢真HDも良い動きになって来た。1429日本アクア(時価3825円)も分割前に5000円なら分割後1000円で計算しやすいけど・・。
おはようございます。
 19日のNY。ダウは2.09ドル安の1万7685.73ドル、ナスダックは26.73ポイント安の4675.71と反落。注目のFOMC議事要旨は手掛かりに乏しく、利益確定売りに押された為。住宅着工件数は予想を下回ったが、許可件数が予想を上回ったため、株価への影響は限定的だった。しかし、円が売られドルは1時118円を付けた。
 日本株。昨日はあまりに急激な円安に戸惑い「円安・株高」とはならなかった。しかし、本日118円(7時12分現在117円91銭)では反応せざるを得まい。CMEは17500円に迫っている。またも日経平均指数べースでは幻のSQ値17549円60銭の奪い合いだ。個別株は、昨日の動きでは、売られていた中小型株のリバウンドの動きがはっきり見えたが、本日為替118円でトヨタが更なる上値を獲れるか、利益確定に負けるかで流れが決まろう。どちらにしろ好業績・材料・割安株を買うしかない。個別株で買えるものはたくさんある。
本日の予想レンジ 17350円―17550円。
おはようございます。
 18日のNY株。ダウは40.07ドル高の1万7687.82ドル、史上最高値更新。ナスダックは31.44ポイント高の4702.44ポイント。日欧の株高を受けた感じ。住宅関連指数が予想を上回た事も買いを誘った。
 日本株。GDPショックで急落したのは1日だけ。戦況はまたも丘(幻のSQ値17549円60銭)の奪い合いに戻った。選挙中は下がらないというけど・・。
 昨日の日経夕刊なるほど投資講座でも「国策に逆らうな」と書いてあったが、大丈夫かな?やたら円安(7時19分現在116円90銭台)なので本日も買い先行で始まると思うが。予想レンジ 17300円―17500円。
 昨日5分割を発表した1429日本アクアを品川に尋ねた。四季報によると今14年12月期売上高130億円、15年12月期160億円とあるので、「今期は大丈夫としても、来期の160億円、四季報さんに勝てますか?」と聞いたら、「勝つ自信はある」との事。
おはようございます。
 週明け17日のNY株。ダウは13.01ドル高の1万7647.75ドル、ナスダックは17.54ポイント安の4671.00ポイントとまちまちの動き。NY証券取引所の出来高は7億に届かず低調だった。
 日本株。昨日はGDPの数字に驚いて大幅安。17000円を割れたが、海外では続落せず17000円台を回復している。為替も116円台半ば。本日は若干の買戻しの後、落ち着いた動きでしょう。しかし、当面幻のSQ値17549円60銭を高値に揉み合い圏に入った感じ。明日の日銀・黒田総裁の会見、そして首相の「消費税増税延期・解散」の宣言待ち。
本日のレンジ 17050円-17250円。