おはようございます。
 週末27日のNY株。ダウは81.72ドル安の1万8132.70ドル、ナスダックは24.36ポイント安の4963.53ポイント。NYSE出来高は8億6千万株と中庸。
 注目の2014年10~12月期の実質GDP改定値は前期比2.2%増と、市場予想は上回りましたが、速報値からは0.4ポイントの下方修正で、前期の5%増から伸び率大幅鈍化。
 もう一つ注目のミシガン大消費者景況感指数確報値は速報値から上方修正されましたが、シカゴ景況指数の方は5年7カ月ぶりの低水準となって、筆者が指摘しているように、景気実態は利上げのタイミングではありません。
来週以降のNY株のカギを握るのは月曜日の2月ISM製造業景況指数-水曜日のADP雇用報告-金曜日2月の雇用統計と続く、月-水―金のラインです。
 NY株はご存じのように、リーマン破たんの翌年2009年3月に安値を付けてから、大きな調整なく6年間上がりっぱなしです。経験的波動論で言えばそろそろ終末を迎える年齢です。この辺からのNY株への警戒感は根強く、利上げをきっかけに調整に入るとの意見が多くなっています。筆者の、「もうはまだなり、まだはもうなり、ありそでなさそな金融引き締め」と言うのは、この相場がバブルっぽく、7年目も上がり続けてくれる願望も入っています。
 
 それに対して日本株は、NY株と同じように2009年3月から1年間のV字回復がありましたが、幸いなことに(?)その後の毎年変わる民主党内閣の混乱で3年間足踏みした為、15年ぶりの高値と言っても、まだ上昇2年と言う若い波動です。
 波動がピークかもしれないNY株と、まだ若い日本株。これが、ダウ18000ドル近くに降りて来たのに、日経平均19000円に近いところを維持している理由だと思います。
 来週の日本では、マーケットに影響を与えそうなイベントはありません。2日シンポで始まる3月の日本株。この波動の若さがどれだけ独自性を発揮できるか?でしょう。
 とはいっても決算月。アメリカが調整したらどれだけ持ちこたえられるか?引き続き慎重に、個別株の出遅れ循環物色買いで対処しましょう。
 これからの予想レンジは25日移動平均(17953円)に対してかい離0%-4%で引き続き見て行きます。昨日4.7%、一昨日は4.98%と上限ラインを越えていますが、これはよくあるイレギュラーという事で。最も来週末には25日移動は18200円近くになる予定です。
 
 これから、東洋経済オンラインの原稿書きです。投資手帖にペンネームで出している2ページのコラムも書かなければなりません。締め切りに追われる作家の気持ちがわかります。

明日日曜日のブログは、親戚の法事があるので休みます。
スポンサーサイト
2015.02.27 週末、月末。
おはようございます。
 26日のNY株。ダウは10.15ドル安の1万8214.42ドルながら、ナスダックは20.75ポイント高の4987.89ポイントしっかり。IT関連株の上昇で5000ポイントまであと12ポイント。NYSE出来高は7億1847万株と若干低調。

 日本株。昨日後半は踏み上げ気味に上げ、NY株が高値揉みあいながら、今朝のCMEは18870円(7時現在)と更に強い動きになっています。
 昨日現在では、25日移動平均かい離率が4.98%、騰落レシオ141.42と短期的には過熱指標が出ています。しかし、踏み上げの時の当事者は、そういう事にかまっていられません。ロスカットを含むリスク管理の一環ですのでただただ買い戻すのみです。こういう時は、警戒シグナルは有効ではありません。
 有効ではないからと言って関係なくはありません。いったん買い戻しが終わりますと、そのシグナルが修正されるところまで下がります。国内の公的ファンドがこぞって株式比率を上げてくるという事で下がる気がしない感じになっていますが。
 何はともあれ、下げよりも上げを喜ぶ投資家が圧倒的に多いわけですからおめでたい事です。眠っていた投資家が目を覚まし、NISA口座数もこれから大きく増えて行くでしょう。

 ただ、日々のトレーダーは、当然ここは慎重に循環物色銘柄の逆張りで対処するところでしょう。
本日は、週末でかつ月末、重要経済指標が集中的に出て、直近安値1月16日の16592円から2200円も上げて・・。
本日の予想レンジ 18800円-19000円。どうせなら一気に19000円に突っかけさっぱりして欲しいですね。
おはようございます。
 25日のNY株。ダウは15.38ドル高の18224.57ドル、ナスダックは0.99ポイント安の4967.14ポイントと揉みあいでした。決算は低調でしたが、原油しっかりで、結果もみあいでした。やはり歴史的な高PERで、利上げ論議の中での株式は、軽い動きは無理でしょう。

 日本株。下げ(調整)そうで下げませんね。
ドル・円は118円86銭(7時12分現在)と落ち着いて、株への影響はなさそうです。今日寄り前の2月上旬の貿易統計の数字は見て見たいですが、国内景気指標が明日集中的に出ます。来週月曜日の10~12月期の法人企業統計数字にも興味があります。今日ポジションを大きくいじる事は考えられません。
 皆様も循環個別株と思って行動しているようですね。平野銘柄もそれぞれ動いています。
6513オリジン電気が加わりました。これは「NISAで負けない株式投資」の厳選50銘柄の一つで、日本の趨勢に沿って長期に楽しめる銘柄だと思います。そろそろ短期でも良いかなと思い昨日の日証新聞で紹介しました。

本日の予想レンジ 18550円-18700円。
おはようございます。
 24日のNY株。ダウは92.35ドル高の18209.19ドル、ナスダックは7.15ポイント高の4968.12でした。注目のイエレンFRB議長の議会証言は、今までの発言から特に進展なく、材料としては限定的でしたが、ギリシャ問題等の好転気配で終始強含みの展開でした。
 NY株の今後の動きは、PERや国内景気の現状を見て、ぐんぐん上がるとも思えませんが、世界のお金が集まっている今、ずるずる下がるとも思えません。筆者の感覚なので何を言っているのだと思うかも知れませんが、「ずるずる上がる」展開なのかなと思っています。じりじり上がると言う前向きではなく、引き締めがあるぞあるぞと言う後ろ向きな警戒感の中で上がって行くのかなと思っています。

 日本株。ダウと日経平均の関係では、日経平均が完全に上回り、徐々に水をあけつつあります。しばらく続いたダウ有利の時代が変わったかもしれません。しかし、日本独歩高と考えると危険です。外国人投資家もまだ日本を完全には信頼していません。良いものは買いますが、かなりしっかり調査したうえでないと結論は出しません。
引き続き、循環物色の個別狙いで行きましょう。日経平均の昨日の予想EPS1110円66銭、直近最高は1月26日つまり日経の計算方法が変わった当日の1137円27銭。業績予想が特に良くなっているわけではありません。
本日の予想レンジ 18600円-18700円。
おはようございます。
 23日のNY株。ダウは23.60ドル安の18116.84ドル、ナスダックは5.01ポイント高の4960.97ポイントとまちまちでした。原油先物の下げや1月の中古住宅販売件数が予想を下回り、主力株は低調でしたが、ハイテク株はしっかりでした。
 いつも申し上げておりますが、出てくるアメリカの景気指標は低調で、これでFRBはどうやって利上げをするのかと思いますね。物価、雇用、FRB自身の財務中心で話す連銀要人の話は、そのままに解釈するのはどうかと思います。マーケットも、景気指標低調で急落が無いのは、その辺の事を理解しているような気がします。
 
 日本株。15年振りの高値などと言う派手な報道で、眠っていた投資家も目を覚まし、関心度が高まっています。東洋経済オンラインのマーケット欄へのアクセス件数も圧倒的に増えています。
 しかし、昨日の日経平均は、25日移動との上方かい離が4.2%となりました。裁定買い残も、からからと申し上げて来ましたが、1月7日以来の20億株乗せとなって少し湿り気をおびて来ました。売り方がビビッて空売り比率が30%を割れてから7日経ちました。総合かい離(25日、75日、200日合計)も23.64%です。ここは冷静に、循環物色の出遅れ個別株狙い位にしておいた方が良いと思います。
 ここから休みなしに上がる為には、アメリカがバブルっぽく上値を獲るのが条件です。日本発のバブルはもうないと思いますが、アメリカの現役投資家はバブルを経験していませんので、あるとすればアメリカからです。
本日の予想レンジ 昨日と同じ18400円-18550円。
おはようございます。
 昨日の「IR&負けない株式投資セミナー」は、盛況で無事に終了しました。メディシノバ、星野リゾート・リート投資法人、夢真ホールディングスの質問をする投資家の皆さんのレベルは高く、たくさんの方が積極的に質問して下さり、有意義だったようです。
 水野文也、和島英樹、筆者のNISA3人組も、それぞれの意見を披露し、時間が足りなかったくらいです。ラジオ日経の兜町デスク和島氏が特に力を入れていたのが、自動運転関連でした。現役の県会議員の水野文也氏はロイター時代のテクニカル手法を久々に披露していました。氏も4月に選挙があるので大変です。みんなの党だったのでどうなるか心配しましたが、維新の党から声がかかったようで一安心ですが、千葉県市川市の皆様、その節はどうか宜しくお願いいたします。落選したら子供3人抱えて大変なことになりますので(笑い)。(第3者のブログコメントは選挙違反にならないそうです)
 とにかく日経平均が15年振りの高値になった事で、世間の注目度は格段に増しています。東洋経済オンラインのマーケット欄へのアクセスも桁違いに増えています。この勢いは、本物だと思います。
 ただし、マーケットは呼吸をしています。一息入れることもあります。今週の筆者のレンジ設定の基準、日経平均25日移動平均17900円は週末時点の予測で、今はまだ17723円なので、本日18500円とすると上方かい離は4.38%となります。
 負けない株式投資厳選50銘柄にトヨタが入っていますが、設定した5年後の目標株価をわずか3か月で抜きました。慎重すぎたと反省はしていますが、去年10月初め(入稿)の判断はそんなものでした。
 「出遅れ株の循環物色」でひとまず捌いておいた方が良いと思います。
本日の予想レンジ 18400円-18550円。


 
おはようございます。
 筆者は、このブログのタイトル画面にある通り、今まで40数年お世話になって来た証券業界に感謝・恩返しをしたい思いで、正当に評価されていない割安株を紹介しています。
 したがって、アドバイスや顧問に類するフィーは一切発生していません。(業界の常識的な原稿料、出演料、講演料は頂いていますが)
 銘柄が外れたら、恩返しどころかとんだ迷惑になってしまいます。出来たら全部当たって感謝されたいと思っていますが、そうもいかないのがこの世界です。
 
 紹介する銘柄は決算説明会で社長さんを見て選びます。社長さんの顔に少なくとも3年先の決算数字が書いてあるような気がするからです。決算数字が見えない社長さんの会社は紹介しません。気に入った社長さんがいたら、スモールミーティング、単独会見へと進んで行きます。
 全部これでやるのが一番良いのですが、これでは、原稿書きや講演や、業界の友人たちとの情報のやり取りをする時間が作れません。そこで、相場全体の流れに乗れる銘柄で決算内容の良いものは、短信の分析とIR担当者への電話取材で決定します。もちろん、信頼できるアナリストのレポートや、友人たちの情報網を使って真剣に判断しますが。
 それでも株価と言うものは思ったようには動きません。そんな時、後者の銘柄は、「何か見落としたのか?」と不安になる事もありますが、前者の社長さんの顔を見て決めた銘柄はまったく心配しないどころか、下がれば下がっただけより強く紹介したくなります。
 
 中国の一人っ子政策でベトナム進出を決め、チャイナプラスワンを20年前から予想していた岡林社長、仕事が楽しいと言う陣頭指揮を執る井藤常務の話を聞いていると、7771日本精密の目先の動きなど何の心配も浮かびません。
 2020年までは俺一人の力で高い成長率は維持できるよと事もなげに言う麻生社長の3237イントランス。
 数字にめちゃめちゃ強く、「納税」が会社成長のポテンシャルだと言う百瀬社長の6298ワイエイシイ。
 平野さんの迷惑にならないように頑張りますと言ってくれたナイスガイ美濃社長の2352エイジア。
 同じようにIT企業ながら、筆者の訪問に対して丁寧な自筆の礼状をくれた・・社長の・・。等、深堀取材がいかに重要か身に染みています。

  しかし、後者の銘柄でも、筆者の友人たちは筆者を信じ、タイミングを取ってうまくフォローしてくれています。感謝!
それから、誤解のないように申し上げておきますが、筆者の友人たちと言うのは筆者のファンという事で、昔あったような1次会員に特殊な利益が発生するなどという事はありませんので。冒頭に書いたように筆者の情報にはフィーは発生しておりません。投資家の皆様には等しく感謝しております。
2015.02.21 来週の相場。
おはようございます。
 週末20日のNY株。ダウは154.67ドル高の1万8140.44ドル、ナスダックは31.27ポイント高の4955.97ポイント。NYSE出来高は8億3018万株。
 ダウはようやく史上最高値更新、ナスダックは8連騰で昨年来高値更新中です。
理由は、ギリシャへ金融支援4カ月間延長合意です。
 このところアメリカ国内の経済指標は芳しくありませんが、それが逆に、1部の連銀総裁の利上げに対するタカ派的発言の、市場への悪影響を軽減しています。来週も欧米の経済指標は月曜日から金曜日までびっしりです。株価だけが史上最高値だけでなく、PERも高い水準になっているNY株、ファンダメンタル要因に敏感な反面、世界の金余りでバブルっぽくなってきています。高値警戒感を持ちながらも、強気派の攻撃で意外な高値もあるかも知れません。

 日本株。来週のイベントは週末に集中します。CPI、鉱工業生産、住宅着工等です。当然、週中は海外次第の展開ですが、12月8日の直近高値を抜き約15年ぶりの高値という事で、先高観が高まっています。目標は単純に12月高値を基準にした倍返しで19000円、年央には20000円の声も大きくなっています。
 目先の19000円目標は、現在の日経平均EPS1101円を基準にするとPER17.3倍、年央の20000円は、次期5%の増益としてEPS1156円でPER同じく17.3倍。目標としては行けない地点ではありませんが、その地点が高値と知って買う人はいませんので、PER17倍前後を見ながらの展開となると思います。
 筆者のレンジ設定 25日移動平均(来週末予測17900円)0%-プラス4%で計算すると、来週は17900円-18600円という事になります。月曜日に一気にレンジ上限を抜けそうですが、そうなれば目先利確場?

 明日、証券会館でラジオニッケイ主催のセミナーのパネリストの一人として出席します。おかげさまでたくさんの申し込みがあって、抽選で511名の方が出席くださいます。抽選に漏れた皆様申し訳ありません。
 東京マラソンと完全にかぶります。しかも混乱が予想される茅場町。地上へ出なくても茅場町駅の地下から直接証券会館に入れるので大丈夫と思いますが。
ご報告できるニュースがあったら、後日このブログに書きます。
おはようございます。
 19日のNY株。ダウは44.08ドル安の17985.77ドル、ナスダックは18.34ポイント高の4924.70ポイントとまちまちの結果になりました。
 やはり景気指数は良くありません。朝方発表された2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を下回りました。原油先物相場が下落した事もムードを悪くしました。
 ちょっと一服気味ですが、今回の上げでダウは史上最高値を抜けませんでしたが、S&P500指数は史上最高値を抜けましたし、ナスダックも昨年来高値を抜きました。ナスダックはそれを継続中で、全体としては強さを保っています。

日本株。
 日経平均は14年9か月ぶりの高値と、勇ましいい事になっていますが、PERは16.6倍、25日移動平均かい離率3.72%、総合かい離(25、75、200日とのかい離率の合計)23.11%と、まだ幾分余力はありますが、高値圏に入った事は確かです。ここからは、個別株の押し目狙いに徹した方が良いと思います。
 テクニカル的には直近の押しの倍返し19000円あたりがターゲットになります。
 しかし、ダウが18000ドルのまま、日経平均だけ19000円はどうか?為替が119円のまま19000円はどうか?この2つのどうか?に尽きると思います。
 来週は国内イベントが週末に集中しているので、やはり海外次第の展開となる事が予想され、本日、基本的には大きく動けないと思われます。
予想レンジ 18250円-18350円。
2015.02.19 倍返し?
おはようございます。
 18日のNY株。ダウは17.73ドル安の18029.85ドル、ナスダックは7.10ポイント高の4906.36ポイントとマチマチでした。1月鉱工業生産指数等が不調だったため、頭を押さえた形です。アメリカの国内経済指数が、それほど良くない事は、筆者が東洋経済オンラインで指摘した通りですが、この日公開された1月27日・28日開催分のFOMC議事録でも、金融引き締めが、それほど早くない事が暗示されていました。もちろんこれは株にとってプラスです。
 ギリシャ問題は見え見えの茶番劇を繰り返していますが、この日はECBが緊急流動性支援を承認したとして、好材料扱いです。
 日本株。どうやら18000円はキープできそうですね。そうなると、12月8日の高値から1000円押してから切り返しで高値を抜けて来たのですから、倍返しの19000円あたりを狙う相場に入ったと考えられます。
 ただし、この形が実現するためには、ここ1連の動きからドル円は120円乗せが条件のような気がします。
引き締めは「やりそうでやらない」と言うのが筆者の持論ですが、やりそうだと言うたびにドルが買われれば、120円台は十分ありうると思います。
 今日は議事録を見て118円台になっていますので、ちょっと一休みですが、逆にドル換算の日経平均が150ドルを超え、非常に強い感じを外国人投資家に与えていますので、今後の外国人の動きが期待されます。
本日の予想レンジ 18150円-18250円。

 昨日、東京IPO主催の、3237イントランスの個人投資家セミナーが開かれ、麻生社著の「冷静な強気コメント」が披露されました。当面(数年間)、変化率の高い業績推移を予想しているとの事でした。
 筆者は前説なので、「それほど良くないアメリカ経済、全然悪くない欧州経済」の話をマクロ指標で話しました。銘柄は、建設代表ライト工、不動産代表イントランス、電力代表西華産業、機械代表英和、チャイナプラスワンの話の延長で日本精密、夢を買うメディシノバを紹介しましたが、前説なので、銘柄の解説は一口コメントだけでした。