2015.05.31 解釈の相違。
おはようございます。
 本来の意味とまったく正反対の意味に解釈されているフレーズがあります。

 代表的なものでは「情けは人の為ならず」でしょう。正誤を下記にすると。
 誤 甘やかす事はその人の為にならない。厳しくした方が良い。
 正 人に親切にすることはその人の為ではなく、めぐりめぐって自分の所に帰ってくる。

 今回の相場でよく使われた「セル・イン・メイ」もそうです。
 誤 5月は売りが出やすいので安い。
 正 5月は高い習性があるので、5月に売って、その後安くなる9月や11月に買い戻せ。
となります。

 しかし、日本国民の最大の誤解釈は「もはや戦後ではない」、ではないでしょうか。
 誤 戦前のGDPを抜いた。敗戦から立ち直ってこれから日本の躍進が始まる。
 正 戦後復興と言う特殊な時代は終わった。これからは厳しい低成長時代が始まる。

 1955年に1人当りの実質国民総生産(GNP)が、戦前の水準を超えた事を踏まえて、翌56年の経済白書「日本経済の成長と近代化」の結びでこの言葉が使われました。1955年が高度経済成長の始まりとなった神武景気の幕開けの年でもあった為、国民的誤解釈となりましたが、白書を作った経済企画庁の「もはや」の意味は、「今までは戦後復興ということで、成長の伸び代が大きかったが、戦前の生産水準にまで回帰してしまった以上、この先、この高成長を続けるのは難しい。低成長時代が来る」という、今後の不透明感を述べたものでした。結果的に白書は大きく外れました。

今株式マーケットにおいては、戦前とも言うべきバブル崩壊前に戻っている兆候が、11連騰、上場企業時価総額等に見えます。
2016年の白書が「もはやバブル崩壊後ではない」と詠ったら、我々は、どう解釈するでしょうか?上記の誤でしょうか正でしょうか?
もしかしたら、我々は日本国の世紀の瞬間に遭遇しているのかも知れませんね。
しっかり自覚して、楽しみましょう!!

スポンサーサイト
2015.05.30 来週の相場。
おはようございます。
 週末29日のNY株。ダウは115.44ドル安の1万8010.68ドル、ナスダックは27.95ポイント安の5070.03ポイントと続落でした。NYSE出来高は11億8197万株。
 注目の1~3月期実質GDP改定値は予想は上回りましたが、前期比0.7%減と言う数字で、影響は限定的でした。
しかし、来週の雇用統計など重要な経済指標を控える週末とあって、利益確定売りに押されました。

 日本株。驚異の11連騰となりましたが、5月第3週主体別売買動向が示す通り、海外ファンドの買わざるリスク解消の為の圧倒的な買い(現物・先物合計9335億円)が大きな理由で、当然第4週も買い越したと思いますし、今のところこれが急変するとも思えません。ただ、6月は各ファンドの前期決算月の為、動きは緩慢になると思います。大きな売り物も出ないという事ですが・・。
 来週以降の相場は、良好な需給関係で上がってきた11連騰に象徴される強いエネルギーは一服すると思います。
1986年の10連騰の直後は日経平均3000円(率にして16%)もの下げになりました。今回はそんな深押しは無いと思いますが、押し幅を決めるのは為替だと思っています。米国利上げ、日本追加緩和を織り込む形で、今までの1ドル118円―122円の揉みあいゾーンが、122円から上のゾーンに変わりました。これが今の124円前後で安定していれば、日経平均2万円は簡単には割れないと思います。しかし、もう1度122円割れの水準に戻るような円高の動きがあれば、19500円位までの調整もありうると思っています。もちろん逆に125円台になれば、2000年の高値20833円抜けでしょうが。
 来週6月5日の5月雇用統計、6月17日のFOMCをターニングポイントにしながらの神経質な動きに少しの間戻るかも知れません。そしたらどうなるか?中小型株でしょう!(期待!)
 週末であり月末でもあった昨日、引けにかけて急激に伸び悩んだ日経平均やTOPIXに対して、マザーズやJASDAQは一気の高値引けでした。来週・来月に対するマーケットの期待の表れと見るのは私だけのこじ付けでしょうか。

 来週の予想レンジ 2万円ー2万700円 

おはようございます。
 28日のNY株。ダウは36.87ドル安の1万8126.12ドル、ナスダックは8.61ポイント安の5097.98ポイント。NYSE出来高は6億8969万株と低調でした。
 証券会社が信用取引ルールを強化した為、上海総合指数が6.5%も下げ、ドル高とあいまって終日軟調でした。
 ただ、イエレン、フィッシャーFRB正副議長の発言や、この日のサンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁の講演で、年内利上げの可能性が高まっていますが、これは利上げが、景気や株価への影響を小さくする一連の作戦で、マーケットは織り込んで寛容になって行くと思います。激しいドル高をFRBが作るわけはありません。

 日本株。1986年8月の10連騰以来29年ぶりの事となりました。1986年の10連騰(1万8936円)は、その後10月22日の1万5819円まで16%もの下落を経て、88年の13連騰、89年の3万8915円へと続きます。今回はどうなるか?怖いけど楽しくなりますね。とにかく面白くなりました。十分楽しみましょう。
 今日は寄り前に、4月の鉱工業生産、4月の全国・5月の東京都区部消費者物価が発表になります。また、2時には住宅着工・建設受注があります。週末ですので、数字次第では少し影響があるかも知れません。
 そして、中国株ですね。日本でも信用規制が出ると相場は少し休みます。日本の仕手株の反応と同じ位に見ておけば良いのではないでしょうか。
 海外は、G7、アメリカの指標も気になるところです。  なのに、もしかしたら11連騰?
 ファンド筋のある方が、自分が強気なのか弱気なのか、当たっているのか外れているのかさっぱり分からなくなったと言っていました。こんな事も珍しい。

本日の予想レンジ 20500円―20600円。

おはようございます。
 27日のNY株。ダウは121.45ドル高の1万8162.99ドル、ナスダックは73.84ポイント高の5106.59ポイント。ナスダックは終値での史上最高値を更新。NYSE出来高は7億2170万株。
 ギリシャ問題が、デフォルト回避の方向に動いた事が材料の様ですが、利上げの時期に対するマーケットの寛容さが増していることがバックにあると筆者は考えています。

 日本株。CME日経平均先物が20640円で帰って来ていますので、本日10連騰の可能性は高いと思います。もし、10連騰となったら、1986年8月7日から20日にかけての10連騰以来なんと約29年ぶりの事件です。
 1980年代はバブルに向けて駆け上がっていた時で、連騰記録は、88年2月の13連騰、86年3月12連騰などがありますが、その時代に戻った?かも知れないと言うわくわく感でいっぱいです。
 多くの投資家はその時代を経験していません。今の相場に違和感を持っている方も多いと思います。
 今の相場は、強気筋が売って(強気ファンドでも利確はしなければならない)、弱気筋が買っている(弱気ファンドは持たざるリスクで買わなければならない)不思議な相場です。この現象は良くあるのですが、それは瞬間の事であって、この現象が起こった時相場は天井を打つものです。
 ところが今回はそれがずっと続いていて、おそらくファンド筋は、運用成績で言うと、強気が勝っているのか弱気が勝っているのかさっぱり分からなくなっていると思います。
 だから、東洋経済オンラインの筆者のあまり蓋然性の無い計算で、日経平均の上値目安、63000円にいいね!が1077個も付くのだと思います。

 時代が変わる世紀の瞬間は振り返ってからわかる事です。その渦中では人々はよく分かっていません。ここは自然体で「今」に身を任す事です。買って良し、売って良し、休んで良しです。

 本日の予想レンジ 20500円―20700円。
おはようございます。
 連休明け26日のNY株。ダウは190.48ドル安の1万8041.54ドル、ナスダックは56.61ポイント安の5032.75ポイントと大幅安でした。NYSE出来高は8億1124万株。
 注目の4月耐久財受注額は前月比0.5%減と、予想とほぼ同じでしたが、設備投資先行指数の、非国防資本財受注は1.0%増と、予想を上回りました。
 4月の新築住宅販売件数も前月比6.8%増の51万7000戸と、予想を小幅上回ると、利上げ警戒感で、一時、取引時間中としては5月12日以来2週間ぶりに1万8000ドルを割り込みました。
 利上げ時期よりその後の政策運営に関心が移っていたかに見えたが・・。まだ、投資家は心配な様ですね。と言うよりも、株価が利上げに神経質なうちは利上げが無いと言う、マーケットの逆安心感の表現のような気もします。
 ただ、FRBイエレン議長、フィッシャー副議長連携しての、利上げの正当性と、景気や株価に及ぼす影響を低減させる作戦を遂行していますので、その内、利上げに寛容的なマーケットが出来上がってゆくと思っています。

 日本株。株が利上げに寛容だろうと神経質だろうと、9月利上げ説が高まった事で、為替が一気に節目と思われていた122円04銭を抜き、ストップロスに煽られて123円台への円安で、本日の日経平均は、NY株安の影響はかなり緩和されると思われます。
 利上げ後の政策運営を考えた時、極端なドル高や、流動性の大きな変化はなさそうです。
日本株においては、コーポレートガバナンスコードやスチュワードシップコードで株価の価値が増し、日銀の金融政策も出口論をまったく感じさせないバブル化政策で予想外の展開も考えられます。(5/24東洋経済オンラインの筆者のコラムに1千個以上のいいね!を頂きました)
 それが、8連騰だったのではないでしょうか?だったと過去形にしましたが、本日円安の影響を受けて9連騰の可能性もあります。そうなったら、さすがに面白いですね。
 
本日の予想レンジ 20300円―20450円。
 
おはようございます。
 欧米主力市場は休場でしたが、開いていたギリシャやスペインの株価は下落しました。他の指数も弱含みです。

 日本株。ぐんぐん上値を取るわけではないけれど、今年に入って3連続安が無いと言う下げない相場が続き、とうとう7連騰となりました。
 前回の7連騰は去年11月28日から12月8日まででしたが、直後1週間で日経平均は1000円以上下げました。これはまだ記憶に新しいところで、当然それを連想した売り物が昨日出ていたと思われます。しかし、結果は7連騰。
 他にも売りは出ています。値ごろ感の売りです。当たりやファンドマネージャーに聞いたら、相場観は引き続き強気ですが、個別では、値段につられてかなり売ってしまっています。「売りたい強気」とは違う「本心強気なのに売っている」状態です。相場に乗れている(半乗りですが)ファンドもこんな状態なので、乗れていないファンドは大変です。持たざるリスクにさらされて、こちらは毎日買わされています。売らされている、買わされている、面白い相場ですね。
 
 さて本日は8連騰なるかが話題の中心になるでしょう。欧州弱含みでなんとなく心配な環境ですね。需給だけが試される1日になると思いますが、8連騰になる可能性は十分あると思います。

 本日の予想レンジ 20350円―20450円。

おはようございます。
 アメリカがメモリアル・デーで休場の日に、日本株は7連騰が試されます。白鵬の2回目の7連覇は達成できませんでしたが、CME日経平均先物が20365円(6時11分現在)となっていますので、こちらは達成出来る可能性は十分あります。
 達成出来れば、去年11月28日から12月8日までの7連騰以来になります。去年は、8月11日から21日への9連騰もありました。
 連騰後の動きは、12月8日の7連騰の時には、8日の1万7935円から16日の1万6755円と1000円を超す下げになりました。8月の9連騰の時には、深押しはありませんでしたが、しばらく高値揉みあいを続けました。
 これを参考にするとしたら、ひとまず売りという事になりますが、それぞれの時点の相場環境は微妙に違います。今回は今の需給関係が維持できるかどうかにかかっていると思います。今の流動性がすぐに変わらなければ、外国ファンドは日本株に対する持たざるリスクを軽減する為、日々買い続けるという事になって、ジリ高が続き、8連騰、9連騰、10連騰も可能です。
 10連騰は過去13回ありますが、全部バブル以前の事です。今回もしそんなことになったら、明らかにバブル後の世界から、違う世界に入る事になるわけで、怖いけど、何かわくわくする相場になって来ましたね。

 本日の予想レンジ 20200円―20400円。

おはようございます。
 あの時、お金が沸騰していましたが、その舞台となったのは、主に土地と株だけです。消費は活発でしたが、店員さんの給料が10倍になったわけではありません。
 「土地」と言うと思いだすのは「地上げ」です。
 地上げとは、土地の再開発で、その区域の地権者から土地を買い上げる行為です。東京のいたるところで地上げが横行していました。再開発事業をするのは大手不動産会社ですが、実際はその社員が一人一人の地権者に接触するわけではありません。下請け中小不動産会社が買い集めた土地を、まとめて再開発事業者に転売する方法がとられていました。
 その下請け、更にはそのまた下請け不動産会社に暴力団のフロント企業が多く存在していました。彼らは地上げで集めた土地の転売で莫大な利益を上げ、それを株につぎ込み更に利益を積み上げていました。
 今は、反社会勢力とは法律で接触できない事になっていますが、当時は証券取引法に違反しない限り、暴力団と言う理由で明確に株注文を断る事は出来ませんでした。
 彼らの社会的地位もだんだん上がってきて、正に裏が表を飲み込む勢いでした。ある時、友人の同郷の知り合いが、暴力団フロント企業の幹部をしていて会う機会がありました。つまり友達の友達です。
 年下の彼が別れ際に言いました。「俺と付き合っているといい事あるよ」。
 株の大量発注をにおわすこの言葉でその時不思議な感覚に陥りました。
「ああ、これで日本は暴力団に支配されるんだ」と思ってしょんぼりした事を今でも忘れません。
バブルの崩壊は、裏と表が逆転しそうになる直前で起こったリバランス事象であったのではないでしょうか。神の意思?

2015.05.23 来週の相場。
おはようございます。
 週末22日のNY株。ダウは53.72ドル安の1万8232.02ドル、ナスダックは1.43ポイント安の5089.36ポイント。NYSE出来高も6億1759万株と、 25日(月)メモリアルデー3連休前で低調でした。
 4月のCPIが予想以上の前年同月比1.8%の上昇で、利上げの条件が整ったと評価され、イエレンFRB議長が講演で、年内の利上げに言明した為9月利上げ説が台頭し嫌気されました。NY株はまだまだ利上げタイミングを意識した神経質な展開が続きそうです。
 ただ、CPIの趨勢から景気の底割れは無いとの見方も増えていて、利上げと株高の共存もあり得ると言う意見も散見されます。

 日本株。とうとう6連騰です。まさに「強い!」です。CME日経平均先物が20355円と来週月曜日も100円高の様相ですので、7連騰もあるかもしれませんね。
 日銀政策決定会合の結果や黒田総裁の会見の中身に、出口論の気配はありませんでした。このQE政策を堅持する、場合によっては追加緩和も辞さないと、心強いお言葉でした。相場の支えは維持されました。

 但し、トレーディング的には売り場でしょう。
「セル・イン・メイ」はNY株式市場に古くからある格言で、「5月に株を売って相場から離れろ!そして9月まで戻って来るな」と言う意味です。決して「5月は安い」と言う意味ではありません。
 この格言は、アメリカ国民の生活様式から来たと言う説と、NY市場の統計で、5月に空売りして9月(または11月)に買い戻す方法が1番儲かったと言う説がありますが、私は後者だと思います。
 だとしたら、外国人にとってこの6連騰(7連騰かも)は美味しい売り場となるわけです。しかし、多くのファンドはこの相場に乗り切れておらず、売りたくても売る玉がありません。逆に、持たざるリスクで買わざるを得ない状態です。
 売り方は、「値ごろ感の利益確定売り(法人・個人)とヘッジファンドのカラ売り」、片や買い方は「国内公的ファンドと外国人、個人の潤沢な資金」。このバランスは大きく崩れそうもありません。

 ここでは、昨日も述べましたが、買いたい銘柄は買えば良し、利益確定出来ればそれも良し、保有株が中途半端で売りも買いも出来ない方は、1570日経レバETFでヘッジ売りも良しです。
 
 来週は国内では週末金曜日の消費者物価や4月鉱工業生産以外に大きなイベントはありません。アメリカの休み明け26日(火)に、3月の住宅価格指数(FHFAとケース・ソラー)、4月耐久財受注、新築住宅販売件数が出ます。ここがポイントです。
 
日経平均予想レンジは19800円―20500円。

おはようございます。
 21日のNY株。ダウは0.34ドル高の1万8285.74ドル、ナスダックは19.05ポイント高の5090.79ポイント。NYSE出来高は7億0743万株。
 注目の新規失業保険申請件数は、1万件増の27万4000件と市場予想を上回り、嫌気されました。4月の景気先行指標は良かったのですが、フィラデルフィア連銀製造業景況指数と中古住宅販売の数字は悪かったと言うように、複数出た景気指標はまちまちで、市場は判断に迷っていたようです。
 弱い経済指標は利上げの後ずれ観で株高要因ですが、それにしても弱すぎるのではないか、簡単に上値は買えないと言うのが最近の動きです。
 そして、最近筆者が紹介している「このままだと利上げ出来なくなるので、利上げは今しかない、景気が十分に回復していなくても、利上げに踏み切らざるを得なくなる」説も聞かれるようになりました。複雑です。

 日本株。日本でも日銀政策決定会合の中身が、追加緩和期待から、黒田総裁の「その環境ではない」との発言で、材料価値が減少していましたが、米国とは逆に、強すぎる経済指標から、追加緩和どころか、出口論が飛び出すのではないかと心配する向きも出て、がぜん強弱両方の注目ポイントになりました。
 こういう時の投資のコツは「自然体」です。利食えるものは利食えば良いし、押し目を作っている銘柄で買いたい銘柄は買えば良しです。銘柄的に売れず買えずでしたら、コード1570のヘッジ売りで、少々遊んでも良いと思います。

本日の予想レンジ 昨日と同じ20200円―20300円。
ぶれる時はどんなにレンジを広くとっても突破されます。ぶれない時は100円幅にも十分収まります。