2015.08.31 9月相場は、
おはようございます。
 7月の上海ショックに続いて8月も上海株に振り回された1か月でしたが、月末に来てようやく落ち着きました。しかし、30%後半の空売りで構成されるマーケットの力関係が解決されたわけでは無く、来週のメジャーSQにかけて波乱が無いとは言い切れません。

 昭和57年(1982年)から手元にある、山岡荘八の徳川家康を読んでいます。4,5年に一回読みたくなるから不思議です。この33年間で、6,7回読んだことになりますが、読む度に発見があります。今関ヶ原の下りですが、天下分け目の東西対決と言われるこの戦いは、実は、西軍、東軍、中立軍の三つ巴戦だったと山岡氏は断じています。相場とまったく同じです。休むも相場と言われるように、相場を休むと言う選択肢を投資家は持っています。しかし、買い方、売り方に比べると弱い勢力のように見えるこの休んでいる勢力は、関ヶ原の戦いのように、売り方買い方と同じくらいの力を持っています。そしてその時の勝敗を決めるのもこの勢力です。
 9月相場は例年売り方有利の感じになります。日本の企業やファンドは上期末の決算をまとめる関係で動きが鈍くなるからです。ただ今回は、アメリカの利上げ論のヤマ場で、日本ではアベノミクスの後半への繋ぎの月で、非常に重要な月です。日米とも関ヶ原に入って来た感じがします。
 公的資金の今年度後半の推定買い余力13兆円(岡三証券平川ストラテジーレポート)、証券会社で休んでいるMRF総額12兆円の中立軍がどう動くか?面白くなって来ました。

 本日の日経平均予想レンジ 19050円―19200円。
ひとまず、200日移動平均線の攻防。7月の鉱工業生産注目。

スポンサーサイト
おはようございます。
 このブログは、月曜日から金曜日まではその日の相場解説と予測、土曜日は、週の反省と来週の予想を書いていますが、日曜日はバブルの思い出や特徴を書いて、やがて来ると筆者が思う異次元バブルへの備えと兆候の勉強をしようと思っています。今はバブルではありませんし、これからのバブル発生には時間がかかりますので、毎日のトレードで疲れた頭をゆっくりほぐす、箸休め程度に楽しんで頂けたら幸甚です。
 
 さてバブルは、ある状態が継続的に続き、それが満杯になり、あふれた時に発生します。ある状態の方向性が短期間に代わり、右に行ったり左に行ったりしている時には発生しません。
 前回の平成バブルは、プラザ合意が発端で、日本に対する世界の方向性が変わらなかった事が一つの理由ですが、国内においては政権の安定が大きな理由でした。
 1982年11月27日に発足した中曽根内閣は、第二次、第三次と、1987年11月6日の竹下内閣発足まで5年間続きました。竹下内閣も、消費税導入と言う最大の逆風の中で、1989年6月2日の総辞職まで持ちこたえています。しかし、その次の一瞬で消えた宇野内閣が、バブル崩壊のシグナルだったのではないかと思える程で、安定政権がバブルの基を作るような気がします。
 来月後半には、自民党総裁選で安倍首相は無投票当選の様相です。その直前に、支持率低下の原因であった安保法制が国会を通過する予定です。今後、支持率回復の手を打つのは火を見るより明らかで、政権は益々安定すると考えられます。健康さえ急変しなければ、あと3年は盤石です。この間に中曽根内閣の時のようなバブルの基礎が形成されるのではないかと思っています。

2015.08.29 来週の相場。
おはようございます。
 週末28日のNY株。
 ダウは11.76ドル安の1万6643.01ドル、ナスダック15.61ポイント高の4828.32ポイント。NYSE出来高は10億2881万株。
 波乱の週は、週末でようやく落ち着いたようです。ハト派と言われるFRBのフィッシャー副議長が、テレビのインタビューで、「9月利上げの判断は時期尚早だ」と発言し若干混乱しましたが、前日の9%以上の反発に続き、この日も1バレル=45ドル台まで上昇した原油先物が相場を支えました。

 日本株。
 200日移動平均線を割れた日経平均は、しばらくこれ(19040円前後)が上値抵抗線と思われましたが、5日目で突破しました。この200日線が下向きにならないうちに、ここを回復できたという事は、上昇トレンドが終わったわけでは無く、今回の下げが、長期上昇トレンドの中での一調整安という事を表しています。出来れば一気に2万円台に戻し、「あの下げはなんだったんだろう」と言えるようになってほしいところですが、30%台後半の空売り比率は続いていますので、まだ残念ながら、制空権は売り方にあります。
 今年前半ほぼやられてきましたので、それを取り返すべく今回乾坤一擲の勝負に出た彼らも必死です。来週末の米雇用統計から、2週後のFOMCで、9月利上げの結論が出ます。利上げになるかならないかは分かりませんが(筆者は無いと思っていますが)、ここで大きく動く感じです。ここでは売り方が腕力で相場を作る事は難しいと思います。とすればそれまでに利益確定をしたいところです。もう1度急降下爆撃で戦果を挙げるか、ひとまず基地に引き返すか。
 26日のブログと一部重複しますが、
① 空売りはいつか買い戻さなければなりません。
② 中国は成長減速ではありますが、まだ7%の高成長を維持しています。アメリカも利上げしたらリセッションになると言うわけではありません。
③ 4-6月期の日本企業業績は予想以上の増益でした。7-9月期も順調です。 9月に入ると増額修正が出て来ます。

 下値で鯨(GPIF)が久々に動きました。直後に発表になった第1四半期運用実績では国内株の組み入れ比率は6月末現在23.4%となっていますが、昨日日経CNBCのゲストで出て頂いた岡三証券の平川昇二さんの計算では、8月26日現在22%に低下しています。安くなったら鯨が買ってくれることがはっきりしました。この鯨たち(GPIF、共済年金、日銀等)の年度後半の買い入れ金額の推定値は13兆円です。これでもう18500円から下は無くなった感じです。これを見て、19000円で制空権を握る売り方がどう出るか。先は見えてきた感じはしますが。

 来週の日経平均予想レンジ 18800円―19800円。
 テクニカルポイントは 200日移動平均維持 19070円前後
            8月21-24日の窓うめ    19435円
            8月20-21日の窓突入   19737円 
            25日移動平均週央推定  19800円

おはようございます。
 27日のNY株は、全面高となりました。
 ダウは369.26ドル高の1万6654.77ドル、ナスダックは115.17ポイント高の4812.71ポイント。NYSE出来高は12億5593万株と高水準。
 上海株が6日ぶりの大幅上昇、日欧の軒並み高を受けてのNY株上昇ですが、4~6月期の実質GDP改定値が上方修正されたにもかかわらず、利上げ時期よりも、堅調な経済が優先評価された事が大きいと思います。
 しかし、まだ市場は、利上げのタイミングを気にしているようで、取引時間中にカンザスシティー連銀のジョージ総裁が、景気が十分に強くなったとして、9月の利上げの可能性を排除しないと発言すると、一時上げ幅を縮小する場面もありました。

 日本株。
 中国の政策の両輪がひとまず揃って、これから中国株は安定した動きになると思われます。黒田総裁のNY講演の言葉を借りれば「2ケタ成長の国が7%成長になったら、確かに成長減速ですが、まだ7%と言う高度な成長をしているわけで、世界はあまりにも神経質になっている」と思います。これから、徐々に行き過ぎた警戒感が和らいで来ると思われます。
 今日は当然海外の流れを受けて買い先行で始まるでしょう。昨日の200日移動平均は1万9031円ですので、まずここの攻防戦となると思います。

 昨日の空売り比率が、39.8%と過去最高です。デイトレ売買を考慮すると、実質出来高の4割以上が空売りと言う異常な今の日本マーケットです。制空権はまだ彼らにあります。彼らが更に攻撃したり、逆に撤退したりするたびにマーケットは大きく動きます。もし追証が出た投資家がいらっしゃいましたら、是非筆者の「信用取引実践編」を読んで頂きたいと思います。
その辺を考慮しながら引き続き強気で行きましょう。
今回の波乱で、異次元バブル大相場への根茎が更に太くなったと考えます。

 本日の日経平均予想レンジ 18850円―19200円。

おはようございます。
 26日のNYは、7営業日ぶりに大幅反発。ダウは619.07ドル高の1万6285.51ドル、ナスダックは191.05ポイント高の4697.54ポイント。NYSE出来高は13億1092万株と、激しい売り買いがあった事を表しています。
 前日までの6営業日で1870ドル超下げ、調整値ごろ感が出ていた事、日欧の株価に下げ止まりの兆候が見られる事、朝方発表された7月耐久財受注が市場予想を大きく上回った割には、9月利上げ説が後退している事等で一気の買い戻しとなりました。
 ただ、壊れてしまった相場が、完全反転したかどうかはまだ懐疑的の様です。今後の要人発言や各種イベントでそれを確認して行く事になると思います。

 日本株。
 昨日の日経平均日中足を見ますと、寄り直後に付けた17714円からきれいに下値が切り上がり、着実でかつ強力な買いが入った事を物語っています。
 大口投資家は今年3月の18500円で買い逃して以降、ほとんど動きを止めていました。18500円を下回ると動き出す強力なエネルギーです。この大口投資家の代表がGPIFです。国内年金だけでなく、海外年金も動き出したと思われます。
 
 裁定買い残がまた16億株台に低下しています。直近では7月初めに16億株台になってから株価は上昇し、高値トライの動きになりました。今回は?

 先般、今回の大波乱の原因の人民元切り下げの時に、「切り下げは、国内に対しては利上げになるので、同時に緩和策を出さないと、政策としては片手落ちだ」と日経CNBCで発言し、この片手落ちと言う表現が放送コードの不適切用語だった為注意を受け、放送人としてもっと勉強しなければならないと反省しましたが、いよいよその片方の政策が出ました。今日のテレビ東京のコメンテーターの方は、アクセルとブレーキを一緒に踏んでいると言っていましたが、人民元切り下げは決してブレーキではなく、言わば副作用が強い薬です。その副作用を防ぐ手を打たれたのですから、中国はこれから落ち着くと思われます。

 昨日、名古屋証券取引所主催のサマーセミナーの講師で名古屋まで行ってきました。400席の中電ホールが満席状態でした。ご出席の皆様有難うございました。今回の下げのメカニズムと今後の考え方を話しました。もちろん超強気論をです。ただ、演題が「負けない株の見つけ方」でしたので、「日本の趨勢人口減少に資金を乗せろ」で、2362夢真HD中心の人材派遣会社、6268ナブテスコ等人に代わるモーションコントロールの機械株を紹介しました。

 本日の日経平均予想レンジ 18500円―19000円。

おはようございます。
 25日のNY株。
 ダウは204.91ドル安の1万5666.44ドル、ナスダックは19.76ポイント安の4506.49ポイント。NYSE出来高は12億6896万株と引き続き高水準です。朝方はようやく出た中国の追加緩和に反応した欧州株の反発で、ダウは前日まで1670ドル超も下落していた事もあり、買戻しで始まりました。一時400ドル高の場面もありました。
 しかし、市場ではこの追加緩和策の実効性に懐疑的な見方も多く、終盤にかけて売りが優勢となり、マイナスに逆戻りしてしまいました。いったん壊れた相場の修復には時間がかかりそうです。また、今後のスケジュールを見ると、9月4日の8月雇用統計から16、17日のFOMC当たりで流れが変わる感じですが、それまでは、売り方有利の展開が続きそうです。

 日本株。
 日本も同じような事が言えます。雇用統計の次の週末がメジャーSQです。FOMCあたりで安保法案が国会を通過し、補正を含む追加緩和策が出ると思われます。自民党総裁選挙の安倍首相無投票当選で本格的にアベノミクスが動き出します。この流れは売り方も意識していると思います。それまで稼ぐだけ稼ごうとしている感じです。しかし、
① 空売りはいつか買い戻します。
② 中国発の世界経済の減速ですが、リセッションではありません。
③ 4-6月期の日本企業業績は予想以上の増益でした。7-9月期も順調です。9月に入ると増額修正が出て来ます。
④ 昨日の日経平均予想PER14.1倍は、昨年5月30日以来の低水準です。
 等により、弱気になる事は何もないと思います。特にアメリカの株価が重要ですが、リセッションでもない経済下の株価調整には限度がります。何パーセントと言う決まりがあるわけではありませんが、高値から15%の調整は良いところではないでしょうか。
いったん壊れた相場ですから、戻り売りも出ると思いますが、時間が解決してくれると思います。イベント予定表を見ながら、楽しみましょう。楽しめないほどやられてしまった投資家は、じっとして次の展開の機を待ちましょう。

 本日の日経平均予想レンジ 17650円―17800円。あとは上海株の動きを見て。

おはようございます。
 週明け24日のNY株は、上海の8.5%安の影響で欧州の5%前後の軒並み安となって、再度の世界連鎖安に歯止めがかからず、ダウは一時、パニック的な売りで1000ドル超の下げとなりました。結局引けは588.40ドル安の1万5871.35ドル、ナスダックは179.79ポイント安の4526.25ポイント。NYSE出来高は16億5994万株。売りが売りを呼ぶパニックでこのような大出来高になったと思われます。セリングクライマックスと言って良いでしょう。

 日本株。
 今週も月曜日から中国発の株安連鎖が始まりました。追証回避の売りも出て、どうしようもない状態です。今日も朝から追証の売りが出るでしょう。こういう時は嵐の収まるのを待つしかありません。
 相場は本当に何が起きるか分かりません。今年の3月まで10回に渡って連載していた、立花証券ストックハウスの筆者コラム「信用取引実践編」をもう一度見て下さい。立花証券ストックハウスで検索して、信用取引の所をクリックして、一覧をクリックすると、第1回からすべて見えます。

 筆者は超強気です。異次元(過剰流動性)バブルが来ると言う考えは今も変わりません。今回の下げで、その可能性が更に高まると考えています。従って、筆者からのアドバイスは「ここは絶好の買い場」です。

 ただ、日々何が起きるか分からない相場に、竹やりで向かっていては危険です。
今回の下げで、今、手も足も出ない方は、手も足も出さなくて良いと思います。相場は明日もあります。信用取引実践編の10回目の最後の題は「大敗を避ける」です。次の相場の準備をしましょう。

 本日の日経平均予想レンジ 下ひげが出たら今日が底値 17750円―18500円。

おはようございます。
 相場と言うものは面白いもので、と言うよりそれこそが相場ですが、ある時は買い材料ばかりで売り材料が見当たらないかと思えば、ある時は売り材料ばかりで買い材料が無いなどという事が日常茶飯事です。
 今は、後者になるでしょうか?中国経済の不透明感は増すばかりで、世界経済の縮小が始まったのではないかと心配されています。米ダウにおいては、年初来安値を更新し、足掛け7年の上昇相場が終わったのではないかと言われています。
 しかし、状況は一瞬にして変わります。例えば各国が縮小に対する景気刺激策を取ったら、流動性は更に過剰になります。中国不透明感の象徴である商品市況が有名な一ファンドの買いで大リバウンド相場になったりすることもあるかも知れません。
 余裕を持って相場を見れば、ここは面白いところです。短期的には、買い方我慢の所ですが、先週末の日経平均予想PER15.5倍、25日移動平均かい離率5.17%、75日移動平均かい離率4.4%となっています。今日、CME水準の1万9000円になると、かい離はそれぞれマイナス7%、マイナス6.5%となります。PERは推定15.2倍です。
 総合かい離(25、75、200日合計)が去年の10月以来のマイナスになりました。この時はその後2週間ほどマイナスのままでしたが、余裕筋や、今まで買えなかった筋が動きたくなるところです。

 本日の日経平均予想レンジ 1万9000円―19200円。

おはようございます。
 世界的需給関係で成り立つ相場が、過熱化する時の相場名は「過剰流動性相場」と言います。過去の有名な過剰流動性相場の一つがもちろん平成資産バブルですが、筆者がこの世界に入った1970年から、ニクソンショック(金ドル交換停止)、ポンドショックと続く世界不透明感を払しょくするために取った流動性供給政策の結果、2000円だった日経平均が、1973年1月24日に5360円を付けた相場が最初の過剰流動性相場でした。その後、石油ショックもありましたが、過剰な流動性を修正する引き締め政策で、翌年の10月9日、有名な3355(日経平均3355円)への調整となりました。この1974年の3355円が、その後の1989年末の史上最高値への大相場の出発点になっているのは、チャートを見ると分かります。
 
 今回の調整も、中国の成長減速による原油その他のコモディティー価格の大幅下落をきっかけにしてはいますが、本質は、リーマンショックやギリシャショックの不透明感を払しょくするために取られた流動性供給政策が、過剰だと判断したアメリカの引き締めへの政策変更によって、もたらされた部分が大きいと思います。
 しかし、1970年代の調整は、引き締めが躊躇なく強行されましたが、今は違います。アメリカは引き締めに転じましたが、日本と欧州はまだ流動性供給を続けています。アメリカも、引き締めに転じたとはいえ、流動性を高いレベルで維持(利上げをゆっくり進める)します。環境は変わっていません。逆に、中国の成長鈍化で、世界は、流動性供給の手を緩められなくなりました。デフレ脱却等すべてがこれからの日本とってはなおさらです。筆者の唱える、「異次元バブル」の条件が、間違いなく整いつつあると考えます。
 3355の後、引き締めのやり過ぎに反省した各国は、一斉に景気刺激策を取りました。それからずっと流動性相場が続いていると言えます。 
おはようございます。
 週末21日のNY株は、世界同時株安の流れが止まらず暴落です。ダウは530.94ドル安の1万6459.75ドル、ナスダックは171.45ポイント安の4706.04ポイントとなりました。NYSE出来高は13億3598万株(多いのは第3金曜日のSQの為)。
 上海株が4.3%安で終了し、欧州もほとんどが3%前後の下げでタッチされたNY株は、前日年初来安値を割れた事もあり、寄り付きから大量の売りとなりました。その後もロスカットによる売りが売りを呼ぶ展開で、結局安値引けとなりました。
 中国政府のなりふり構わない株価下支え策も功を奏さず、商品相場も下げ止まらないという事で、中国リスクが極度に高まっています。

 日本株。
 こうなると、業績好調で日銀買いの需給の良さを唱える日本固有の材料も、受け付けなくなります。こういう時は、売り買いのエネルギーの均衡のとれる所まで下がるのを待つしかありません。
 年初からの急上昇について行けなかった大口投資家(個人、ファンド)がどこで買って来るかです。そのエネルギーは大きいと思います。(中国の景気対策が出て、再び彼らが買えなかったという事になるかも知れかせんが)、チャートを見ますと、彼らは、前期末3月の安値18600円どころで買わなくてほぞを噛んだわけですから、ここに近づけば買い態勢に入ると思われます。
 来週の予定表を見ると、ドイツIfo企業景況感、アメリカ4-6月期GDP改定値位しか株価に関係する材料はありません。とにかく海外要因が、日本株価最大の決定要因ですから、その落ち着きや、対策が出るのを待つしかありません。

 猛暑の中で成長を止めているように見える樹木も、秋に備え、地の下ではゆっくり根茎にエネルギーを貯めています。海外不透明要因が、日本のデフレ脱却の決心を強め、空売りのエネルギーを貯め込めば、次の大相場を育てる栄養になると考えます。アベノミクスは始まったばかりです。
しばらく我慢の時ですが、投資スタンスさえ崩さなければ相場も見えてくると思います。

 来週の日経平均予想レンジ 18600円―19500円。