おはようございます。
 週末29日のNY株。
 ダウは57.12ドル安の1万7773.64ドル、ナスダックは29.93ポイント安の4775.36ポイントと続落。NYSE出来高は12億9204万株。
 3月の個人消費支出は前月比0.1%増と3カ月ぶりの低い伸び率で、4月シカゴPMIも50.4と市場予想を下回りました。前日の1~3月期実質GDPも減速して、この日は、景気指標の弱さから、売り地合いの1日になりました。引き続きアップルは1.2%安と弱い動きです。

 日本株。
 原油はしっかりですが、為替が、先日イレギュラー的につけた107円を割って来ました。しかも106円45銭で、多くの投資家が考えている下値105円で止まるのか、不安が広がっています。これを受けてシカゴCME日経平均先物は、1万5880円と1万6000円を割れています。またも弱地合いに突入です。
 この様な動きになぜなるのでしょうか。売り方が死んだふりして攻撃タイミングを狙っていたのでしょうか。「日銀政策決定会合の結果がどう出ようとも売り予定だった」と言うのは後講釈です。少なくとも筆者の取材した範囲では、売り方にそんな余裕はありませんでした。もし黒田総裁が、あんな今のマーケット事情をまったく無視したゼロ回答をしなければ、彼らが窮地に立ったと思います。
 それにしてもこの動きは、今の日本市場の特徴です。市場を支配しているのは、外国人投資家で、しかもその外国人投資家の間でも評判の悪い高速取引(HFT)を駆使する一部のヘッジファンドです。彼らは動いた方に瞬時に動く獣です。アメリカ本国では、その弊害が認識され規制が強化されつつあります。彼らにとってやりにくくなった世界市場で、日本だけが天国なのです。例えは悪いですが、かって厚生省のエイズ血清剤の規制が世界から10年遅れた為、多くのエイズ患者を出しました。その時の製薬会社が、東京証券取引所と言えます。今は株式会社なので収益を考えなければならないのは当然で、世界の嫌われ者でも収益に役立つので、大切なお客として扱っています。日本の市場、そして一般の投資家にどんな影響を与えているか分かっていません。前斉藤社長時代に、ある中小証券の社長が「このままでは中小証券はつぶれる」と言う訴えに対する答えが、「証券会社がつぶれても投資家は困らないが、取引所がつぶれたら困るでしょ」と言っていたことを思い出します。
さて、ここまで書くのに1時間を擁しました。(色々考えますので)

 予告した投資道場ですが、今回は考え方だけを述べます。
 報道されました通り、立花証券創業者石井久氏が92歳で逝去されました。筆者が1970年に立花証券に入社以来、相場の考え方、ものの考え方を教わって来ました。実は、筆者の父親と同じ年齢で、顔つきも似ていて、旧姓も同じ石井(父は婿なので)という事もあって、父親の様な感じを持っていました。父は10年以上前に亡くなりましたが、あの時の「しょんぼり感」と同じような気持ちに今陥っています。父親を2度亡くした気持ちです。
 さて、相場の神様と称された石井独眼流こと石井久氏が常に言っていたことがあります。「相場は勉強すれは8割は分かる。君勉強だよ」と。
 8割も分かるとはすごいとも言えるし、神様でも8割しか分からないのかとも言えます。それだけ相場は難しいという事です。頑張って強い投資家・負けない投資家になりましょう。ではまた明日。

おはようございます。
 28日のNY株。
 ダウは210.79ドル安の1万7830.76ドル、ナスダックは57.85ポイント安の4805.29ポイントと大幅続落。ナスダックは6連続安です。NYSE出来高は出来高は10億2937万株。
 朝方発表された1~3月期の実質GDP速報値は、前期比プラス0.5%と、市場予想のプラス0.7%に届かず、前期実績プラス1.4%から大きく減速しました。日銀が金融政策決定会合で追加緩和を見送り、日本株が大幅安になった事も嫌気されました。
 前日に、純利益が前年同期比約2.9倍の好決算を発表したフェイスブック(7.2%高)や、堅調な原油価格が下支えする場面もありましたが、著名投資家カール・アイカーン氏がCNBCテレビで、アップル株を売却したことを明らかにすると同社株が急落(3.1%安)、結局ダウは200ドルを越す下げとなりました。
 新規失業保険申請件数は25.7万件で、予想の25.9万件は下回りましたが、前回発表の24.7万件が24.8万件に修正されていたため、材料としてはネガティブになったようです。

 日本株。
 日銀政策決定会合は、まさかのゼロ回答でした。目標とする2%の物価上昇達成時期を「17年度前半」から「17年度中」に伸ばし、16年度の政策委員の大勢見通しの中央値は、実質GDPが1月時点のプラス1.5%からプラス1.2%に、消費者物価もプラス0.8%から0.5%に大きく下がっているのに、マイナス金利の影響を見るとする従来の見解を繰り返しただけでした。昨日のブログに書いた通り、今回の追加緩和は無いのではないかと思ってはいましたが、せめて会見の中で次回(6月15-16日)の事に触れて欲しかったと思います。
 日経平均は、25日移動平均を割れ、節目の16500円をも下回りました。少しこじれそうです。ただ、政策は出し続けなければならないし、これから、来月末の伊勢志摩サミットに向けて、政策的盛り上がりも考えられます。この3日間でかなり投資家は冷静になると思います。

 さて、大型連休が始まりました。皆様遠くへ出かけてこのブログを見ないかもしれませんが、意外にゆっくり休む方も多い様です。筆者も、趣味のえびねランにとって最も重要な時で、ここでのメンテナンスが1年後の花を決めるので、連休中は農業です。その為、先日3日間の小旅行をしてきました。そこで、この休み中、現在日経CNBCテレビで木曜日にやっている「平野憲一投資道場」に関連して、強い投資家・負けない投資家になる為のお話をして見たいと思っています。では明日。

おはようございます
 27日のNY株。
 ダウは51.23ドル高の1万8041.55ドル、ナスダックは25.14ポイント安の4863.14ポイント。NYSE出来高は9億9743万株。
13年ぶりの減収で前日時間外で大きく下げていたアップルの影響と、午後のFOMCを前にして弱持合いの展開でしたが、FOMC声明発表後は買われ、プラス圏で終了しました。
 今回の利上げ予想はほぼ皆無でしたが、次回6月会合での利上げ示唆が出るかが注目点でした。発表された声明文には、早期利上げ観測をうかがわせる文言はありませんでした。
市場では、欧州連合(EU)残留の英国国民投票も重なるため、6月も難しいとの観測が広がっています。

 日本株。
 今回だけは、無風予測のFOMCより日銀政策決定会合が重要な日本株になっていましたが、予想通りの結果で通過したFOMC、さあいよいよこちらの番です。
 追加緩和があるかないかですが、デフレ脱却までエンドレスで政策は出さなければなりませんので(ギブアップはありませんので)、何らかの強いシグナルは出すと思いますが、5月末のサミットを控えて政府の骨太政策がこれから発表され、盛り上がって来ます。その前に出すか(今回)、その後に出すか(6/15-6/16)、あるいは買い入れ枠の若干の増額でお茶を濁すか。個人的には量的緩和の増大こそデフレ脱却の最良の方法だと思っていますので、前も後ろもしっかりした政策を出してほしいと思っていますが、正直今回は開けて見なければ分かりません。特に、貸出金利にもマイナス金利適用と言う報道で、逆に政策を出しにくい感じもして、今回は出ない気もしています。勿論何らかの強いシグナルは出す(出さなければ話になりません)と思っていますが。
 但し、もしショック安があっても、3日間のクッションで、売りが売りを呼ぶような状態にはならないと思っています。また逆ショックがあっても、「この政策は評価できても、これですぐにデフレ脱却が出来るわけでは無し、高いところを買ってもな・・」などと、3日間で考えるでしょう(笑)

 日本の成長ストーリーが見えない内は、見える中小型株物色は続きます。

 さて今日は、FOMCがハト派的に通過した為、日経平均CMEが200円高で帰って来ていますので、強含みで始まるでしょうが、これが値動きを大きくするかもしれませんね。為替、原油の与件は悪くありません。

 本日の日経平均予想レンジ 17300円―17600円。

おはようございます。
 26日のNY株。
 ダウは13.08ドル高の1万7990.32ドル、ナスダックは7.48ポイント安の4888.31ポイントと、FOMCを翌日に控えて様子見に終始した1日でした。3月の耐久財受注は前月比0.8%増と、市場予想の1.8%増を下回り、4月の消費者信頼感指数も予想に届きませんでしたが、影響は限定的でした。

 日本株。
 昨日の日本株は、日米中央銀行イベントと、その直後の大型連休を控えて、利益確定売りに終始しました。ただ、三菱自動車が燃費不適性検査で大きく売られる反面、それほど良い決算ではありませんでしたが日本電産や日本製鋼所が買われ、個別物色の動きは衰えていませんでした。さすがに、ここ急騰して、移動平均かい離率が高まっていたマザーズ銘柄には、休み前の利益確定売りが出て、マザーズ指数は大幅安となりました。我々の銘柄にも売りが出ていますが、短期筋を調整して、返って正常な相場になると思っています。成長ストーリーの描けない日本なので、各企業の明るい未来に資金を乗せる投資行動は変わらないと思います。自信を持って頑張りましょう。
今日は、為替も原油も落ち着いていますので、相場も落ち着いた動きを示すと思います。

本日の日経平均予想レンジ  17300円―17500円。
 
おはようございます。
 週明け25日のNY株。
 ダウは26.51ドル安の1万7977.24ドル、ナスダックは10.44ポイント安の4895.79ポイントと反落。NYSE出来高は8億8335万株と低調でした。
 例によってNY株は原油価格と共にです。在庫増が伝わって原油価格が反落した為、エネルギー株中心に売りが出ました。
 しかし、26、27両日にFOMCを控えて、様子見姿勢も強く、下げ渋る場面もありました。今回は追加利上げ無しと予想されています。次回6月会合での利上げの可能性を探る事になると思います。
 もう1つ重要な、佳境を迎えた企業決算ですが、この日は注目企業の発表はありませんでしたが、26日のアップル、27日のフェイスブック、28日のアマゾンと、これから続きます。結果次第で、ダウは史上最高値抜けか、高値警戒感が出るか、重要なところです。既に減益決算は織り込んでいますので、バーは低くなっています。

 日本株。
 こちらも決算は注目ですが、市場は日銀政策決定会合の結果を固唾を飲んで待っています。先週末に出た、日銀が金融機関への貸出しにマイナス金利適用を検討しているとの報道で、俄然期待が高まったからです。事実、昨日の市場のトレードゾーンは、先週その報道が出た以降の時間帯のトレードゾーンと一緒でした。正に、結果を待っている状態です。ただ、期待が高すぎると、平凡な結果では失望を誘います。
 今回の日銀政策決定会合は大きなリスクにもなります。但し、好悪のショックがあったとしても、直後の3連休がクッションになってその影響は和らぎます。ここは、いつもの通り、成長ストーリーを描ける個別株をホールドしながら、余裕の結果待ちで良いと思います。

 本日の日経平均予想レンジ 17350円―17600円。

 昨日、4875メディシノバの急落で、そんな余裕がない方もいらっしゃるかもしれませんが、特に何かが変わったわけでは無いと思います。短期筋が降りただけだと思います。短期筋が降りた理由は、おそらく、ここのところ続いていたパイプライン関係のリリースがしばらく途切れると言う読みだと思います。それはそれで良いと思います。夢を追う長期投資の方とは別の次元の事です。

おはようございます。
 今日は、為替111円台後半、原油も43ドル台後半でのスタートです。CMEも、17700円台で帰って来ておりますので、買い先行で始まりそうですが、今週は4日立会の変則週で、直後に連休に入る週でもあります。そして、26日(火)―27日(水)はFOMC、27日―28日(木)は日銀政策決定会合があります。今回は後者の方が株価決定要因としては大きそうですが、注目の黒田日銀総裁の3時半の記者会見では、事実上大型連休に入っています。仮に政策的(好悪)ショックがあっても、一般投資家が反応するのは極めて微妙な連休の谷間である5月2日です。カレンダーを見ると、マーケット解説が非常に難しい週と言えます。
 まして、日経平均15倍台から急落が起きていた今年の相場、本日16倍台になります。ひとまず17300円台で止まると思われていた今回の相場、一気の17700円(今日の推定)です。二つの壁を突破して、買い方は攻勢に出るのでしょうか。窮地に陥った空売り筋や、キャッシュ化しすぎてしまったファンド筋は踏みあげてくるのでしょうか。
 決算発表が佳境に入ります。ここは思い切って全体相場に目をつぶり、個別株対応に汗を流して、時間の過ぎるのを待った方が良い様な気がします。
 但し、もし筆者が期待する「異次元バブルの大相場」の入り口となるような追加の量的緩和策が出たら、そのままの姿勢で(個別株を持ったまま)突進しましょう。

本日の日経平均予想レンジ 17500円―17800円。

おはようございます。
 日銀が金融機関への貸出しにマイナス金利適用を検討しているとの報道には、正直驚かされました。しかし、考えて見れば、銀行による民間への震災復興融資には、日銀により奨励的便宜融資を与える事は既に行われていました。その基準がマイナス金利であれば、銀行が日銀から資金手当てを受けるのに、マイナス金利(奨励金が貰える)であっても納得できますね。
 アベノミクスの基本は量的緩和ですから、そちらに邁進する姿を見せて欲しいものです。蔓延するデフレ感は、今のままではなかなか払しょくできません。株は上がるもの、土地も騰がるもの、物は使うものと言う元気な経済を復活させるには、エコノミストの考える政策では解決できないと思います。石原慎太郎元東京都知事が、田中角栄見直し論を展開し始めました。今こそ田中角栄の様な天才政治家が必要な時と思います。アベノミクスはその再来かと思ったのですが、最近は元気がありません。巻き返しに期待しています。お金を印刷してばらまくヘリコプターマネー策も、工夫して形を変えれば出来ると思います。
 筆者が業界入りした1970年に日本の人口は初めて1億人を突破しました。予想では2050年に再び1億人を割れるそうです。つまり日本国は80年をかけて行ってこいとなるわけです。このまま手をこまねいていて良いのでしょうか。筆者の書斎兼寝室の壁に、2001年12月26日の日経新聞特集「伸びるだけのび切った日本の履歴書=古いものは壊れた、新しいものはまだ生まれない・・」と言う記事が貼ってあります。しかし今、新しいものは生まれつつあります。自動運転は99%目の前です。人工知能は計り知れない可能性を秘めています。バイオ・創薬やドローンは人間生活を変えます。
 中々描けない日本国の成長ストーリーですが、投資家はこれら技術を持つ各企業にその姿を求めています。筆者がずっと中小型個別株物色と言い続けているのは、単なる株の人気サイクルだけの見方ではありません。人間の営みの中で、最も純粋物であるお金は、水のように、行くべきところに流れていきます。
 どんな株を買ったら良いかは、ご自身で考え、当該企業に3年後、5年後の姿が描けるかどうかです。描けなかったら買わなければ良いだけです。

おはようございます。
 週末22日のNY株。
 ダウは21.23ドル高の1万8003.75ドル、ナスダックは39.66ポイント安の4906.23ポイントと、まちまちで引けました。
 原油先物が買い戻され、WTIは43ドル台後半で推移した為、エネルギー株中心に買いが入り、ダウはプラスとなりましたが、前日のマイクロソフト連続減収決算を受けて、ハイテク株が弱かった為、ナスダックはマイナスとなりました。引き続き18000ドル台の高値警戒感の中、原油と企業業績次第の展開です。

 日本株。
 昨日は午後半ばまで、前日のNY株安、原油安を踏まえた揉みあいでしたが、なんとなく強いねと、取材仲間ではささやき合っていました。やはりと言うか、出ました。ブルムバーグ通信が、関係者の話という事で、日銀が金融機関への貸出しにもマイナス金利適用を検討していると報道しました。もし本当なら、銀行は、融資するたびに日銀から資金導入すれば金利がもらえるわけですから、日銀当座預金のマイナス金利を相殺出来ますので、銀行株に一斉に買いが入りました。当然、停滞している銀行貸し出しも活性化されます。また、日証新聞の筆者コラム「表街道/裏街道」では無いですが、裏街道の噂話では、この記事を書いたブルムバーグの記者の仲人が福井元日銀総裁なので、日銀に深い人脈を持っている事は、事情通には知られており、その為この記事に対して、プロサイドも素早く反応した様です。ただ、もしその通りの政策が出たら、関係者はだれか知りませんが、内部情報が漏れたという事になりますから、逆にこの政策は出せなくなったのではないかと心配します。更に別ルートでは、ETF大量買入れの情報も流れています。かなり期待が高まっていますが、何も出なかったら大きな失望に変わります。従って、政策期待は、今の市場の希望で有りますが、大きなリスクでもあります。28日(木)の結果発表と日銀総裁会見が注目されます。
予定では、もちろんFOMCも無視できません。また、木、金での米中の1-3月期GDPも注目です。

 来週の日経平均予想レンジ 17200円―18000円。

おはようございます。
 21日のNY株。
 ダウは113.75ドル安の1万7982.52ドル、ナスダックは2.24ポイント安の4945.89ポイント。NYSE出来高は10億1429万株。
 定番相場は変わらず、原油安で株も弱含みでした。1~3月期決算もまちまちの内容で、高値警戒感もあり、ダウは1万8000ドルを割れました。
注目のECB定例理事会は、金融政策の現状維持を決定しましたが、予想通りで、影響は限定的でした。

 日本株。
 昨日の日経平均は、筆者予想のレンジ高値17300円を抜け、強い動きを示しました。ロングオンリーの強気ファンドに聞いても、ここは買えないと言っていますし、まして、弱気派はもっと買えません。では、だれが買ってこの位置まで戻ったのでしょうか。最大の理由は、外国人の売りが止まっているという事です。日経新聞に報道されたように、1-3月に欧州系のファンドが3兆円売ったそうです。事実、現場に聞いて見るとその通りでした。しかし、欧州系ファンドは世界の投資資金が集まったもので、その一つがオイルマネーですが、ほとんどが投資顧問会社か銀行がそれを運用しています。1-3月の原油価格の下値は26ドルでしたので、オイルマネーの解約売りと言われています。ただ、この3兆円の内、どれだけが実際の解約だったか分かりません。前年後半大量解約があり、年が変わったので更に解約が来たとも考えられますが、産油国の国家予算の補てんと言われるファンド解約が、年度赤字額が分からない年の初めからどれだけ解約注文が来るでしょうか、「解約に備えて」投資顧問会社が事前にポジション調整をしたと考えられないでしょうか。そして今、原油が40ドル台に戻って、「売り過ぎた」感に陥っていると考えられないでしょうか。輪をかけるようにECBの異次元緩和は続き、景気経済の停滞の中でもこの緩和資金は、欧州主要国のPERを押し上げています。(一昨年前半の10倍前後から、現在15倍前後)
 日本株のPER15倍の壁は、昨日の15.73倍で破られそうですが、欧州もそれを破ろうとしています。アメリカは既に20倍近くになっています。これを持って過熱感、高値警戒感の元にもなっているのですが。
注目は引き続き、原油、為替、企業業績に加え、来週はいよいよFOMC、そして日銀政策決定会合に移って行きます。

 本日の日経平均予想レンジ 17150円―17300円。ひとまず今日は一服。

 決算発表前の微妙な時期で、取材が難しくなっています。基本的には今までの筆者銘柄のローテーション戦略で良いと思います。不動産の8938ロジコム、3277サンセイランディックがしっかりです。もう一つの注目不動産株、3237イントランスは先日の下方修正で大きく売られていますが、これも決算発表であく抜けすると思っています。

おはようございます。
 20日のNY株。
 ダウは42.67ドル高の1万8096.27ドル、ナスダックは7.80ポイント高の4948.13ポイント。NYSE出来高は9億8642万株。
 エネルギー局(EIA)発表の石油在庫が減少を示した為、原油価格が44ドル前後まで上昇しました。最近のNY市場の定番で、原油価格の上昇と共にダウも買われました。3月の中古住宅販売件数が市場予想を上回った事も支援材料でした。
 心地よいドル安と、利上げペースの緩慢予測で、ダウは史上最高値の1万8312ドルが見えて来ました。ただ、市場には高値警戒感も出ています。引き続き、ドル・原油・企業業績次第のせめぎあいが予想されます。

 日本株。
 昨日は一時17000円を回復しました。しかし、今の日経平均予想EPS1100円では、PER15倍半ばとなります。維持するのは厳しい感じでした。しかし、今日の日本株の与件、為替109円台後半、原油44ドル、CME日経先物17225円で、今日も、再び17000円台での展開が考えられますが、意外に強気筋は慎重です。では誰が上を買い上がるのでしょうか。この揉みあいを上抜けたら、1番動揺するのはカラ売り筋です。17000円台を買い上がるのは、持たざるリスクで買わざるを得ないファンド筋と、溜まった空売りの買い戻しを迫られる空売り筋かも知れません。つまり、上値を買うのは、強気派ではなく、弱気派と言う皮肉な事になるかも知れません。
 日本も昨日の安川電機で16年1-3月期の決算発表が始まりました。今回は本決算ですので、前通期の数字が注目されましたが、まずまずの結果だったと思います。問題は今17年3月期予想が、23.8%営業減益となった事ですが、数字は若干ショック的ですが、為替(想定レート110円)等今の環境で出す最初の予測としてはやむを得ない感じです。これからの市場の柱のテーマの1つであるロボット関連でもあり、今日の寄り付きが注目されます。強い動きだと、市場全体の業績不安が緩和されますし、売られたら、決算発表前に手持ち株をひとまず売っておこうと言う気持ちになる投資家が増えると思います。

 本日の日経平均予想レンジ 17100円―17300円。