2016.05.21 来週の相場。
おはようございます。
 週末20日のNY株。
 ダウは65.54ドル高の1万7500.94ドル、ナスダックは57.03ポイント高の4769.56ポイントと反発。NYSE出来高は9億7635万株。
 利上げ観測の高まりで下げていた市場は、アプライド・マテリアルズ(13.8%高)の良好な業績見通しから、テクノロジー株に買い戻しが入りました。ただ、方向観は出ず、上値は重い展開でした。
 
 日本株。
 伊勢・志摩サミットが来週に迫り、G7財務相・中央銀行総裁会議が始まった昨日はさすがに下げるわけにはいかず、日経平均は89円高の1万6736.35円と、25日移動平均1万6705.24円をわずかですが上回りました。また、18日(水)には、その25日移動平均線は、75日移動平均線とゴールデンクロスをしています。 なんとなく上の方向を暗示しているような気がしますが、如何でしょうか。
 さて来週はその伊勢・志摩サミットが、26日(木)・27日(金)と開かれます。パナマ文書など議題はいくつかありますが、最大の注目点は日本が提唱する財政出動による景気刺激策で足並みが揃うかどうかです。特にドイツがどれ位協調的な姿勢を示してくれるかです。市場が期待する様な宣言が出せる様だと、上放れとなり、チャートのシグナルは正しかったとなるのですが。
 とにかく、これだけ不透明にこじれている世界と日本、特に日本は今正念場です。日本を信じる投資家は、不安いっぱいの今こそ絶好の買いチャンスとなります。逆に日本はもうダメだと思っている投資家には、政策期待で値を保っている今が絶好の売りチャンスです。しかし、これだけ不透明な現実が突然解(ほぐ)れて一気に放れ、買い遅れ・売り遅れになるとも考えられません。結果が出てからで十分間に合うと思います。
 株式投資の基本は不変です。「投資家に利益を与えてくれる銘柄」を探す事です。いつもの結論になりますが、市場エネルギーが減退している今、小さいエネルギーで動く中小型・新興市場株の物色も不変です。第2のそーせいを探しましょう。我が軍団の優等生2352エイジアにもその資格はあります。

来週の日経平均予想レンジ 16400円―17300円。

おはようございます。
 19日のNY株。
 ダウは91.22ドル安の1万7435.40ドル、ナスダックは26.59ポイント安の4712.53ポイントと反落。ダウは2か月ぶりの安値です。
 少し前までは、6月利上げはほとんどゼロ観測でしたが、前日公開された4月のFOMC議事要旨で、利上げの可能性が一気に高まりました。この日もNY連銀のダドリー総裁の、それを肯定するような発言で、ダウは一時195ドル安までありました。

 日本株。
 日経平均は、前日の8円安に続いて昨日はわずか2円高と、400円、500円と言う大幅な上げ下げをしていた事が、嘘のようなこう着相場になっています。当然の事として、5日、25日、75日移動平均線が、16600円どころに収束してきました。通常はこの後これらの線は、大きく放れます。上か下かへ。
 サミットがあり、選挙があり、震災復興もしなければなりません。どう考えても、上か下かだったら「上」でしょう。しかし、市場がそう動かないのは、どんなことをやっても日本はダメかもしれない。デフレ脱却も、子育て支援策もうまくいっていない。選挙も意外に自民党は大敗するかもしれない。そんな不安があるからでしょうか。まだまだ分からない中国経済、英国のEUで欧州はどうなるのか、海外も不安でいっぱいです。
こういう時は動きを待つしかありません。そして、動いた方について行く。それが1番賢い選択です。

 先日、ある企業を訪問したら、「わが社は毎年、株主様への総還元性向70%前後で実績を上げています」とおっしゃっていました。総還元性向とは、企業が得た利益をどれくらい株主に還元しているかを示すもので、配当と自社株買いを合せた金額を純利益で割った比率をいいます。最近では、配当金のみの割合を示す配当性向より、株主への利益配分を幅広く示す概念として「総還元性向」を経営目標にする企業が増えています。筆者の銘柄は3年後、5年後の変身企業を探すだけでなく、(それがそうたくさんあるわけでは無いので)成熟企業も紹介する場合もあります。その場合には、本指標は重要な参考要件です。実際、自社株買いを発表した企業には、買いが入りますが、それを定期的にやっているかどうかを見極めて、銘柄選択の一つにしたらどうでしょうか。この流れは主力株買いの本流です。
 
 とは言っても、中小型・新興市場銘柄の株価の動きは、引き続き魅力的です。マザーズ指数はいったん終わりましたが、マザーズ銘柄に代表される中小型・新興市場株が終わったわけではありません。

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16700円。
おはようございます。
 18日のNY株。
 ダウは3.36ドル安の1万7526.62ドル、ナスダックは23.39ポイント高の4739.12ポイントとマチマチでした。
 追加利上げを見送った4月26、27日のFOMC議事要旨が公開されました。17人の委員の大半が、経済指標の条件次第で、6月の次回会合での利上げが適切と述べていたことが分かった為、ダウは上値を押さえられました。利上げ観測からドルは買われています。 

 日本株。
 注目の1-3月期 GDPは年率換算でプラス1.7%でした。昨日のブログで書いた通り、シンクタンク25社の予測はマイナス0.9%―プラス1.6%でしたので、25社すべて外れた事になります。それほどのサプライズにもかかわらず、昨日の株式市場は方向観を見せませんでした。「政策期待後退」により相殺された為とは言え、完全なこう着感に陥っています。上値の見えない不透明感に有りながら、PER13倍台を強く売り込むわけにはいかないと言うところでしょうか。
 結果的には、昨日の日経平均は、25日移動平均を維持し、これで2日連続上回った事になります。と言うより2日連続25日移動とのかい離率はコンマの世界で、25日線上にいると言った方が良いくらいです。塀の上を歩いている状態です。今後塀の外に落ちるか内に落ちるか、投資家にとっては気の休まらないところです。こういう時は森を見ず木を見てという事になるのですが、肝心のマザーズ指数が完全にラウンド終わりの様相で、中小型・新興市場物色にも暗雲が垂れ込めています。
 しかし、個別物色には変化は無いと思います。中小型・新興市場銘柄でも、追随人気だけで上げて来た銘柄は終わりですが、中身のある銘柄は、次のラウンドのスタートと共に再び主導権を握ると思います。
 東証1部企業ですが、時価総額200億円台の中小型株 7414小野建(北九州の独立系鋼材商社)、8061西華産業(三菱系機械商社)は、この局面で目先高値抜けの強い動きを示しています。
 日経平均の先行きについても、昨日のブログに書いた通り、1か月くらいGDPの数字方向に動く習性に期待したいと思います。
今日は、ドル高円安、原油高と、日本株には好条件です。25日移動平均とのカイリ幅が広がって下値不安(塀の内側に落ちる不安)が解消されるか注目です。

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16800円。
おはようございます。
 17日のNY株。
 ダウは180.73ドル安の1万7529.98ドル、ナスダックは59.73ポイント安の4715.73ポイントと反落。NYSE出来高は10億5748万株。
 4月の住宅着工件数と鉱工業生産指数がともに市場予想を上回り、CPIも3年2カ月ぶりの上昇率となって、この日発表された経済指標は皆強く、6月のFOMCでの追加利上げ観測が高まりました。最近の市場は、6月の可能性をほとんど織り込んでいなかった為、その分だけ下げた感じです。
 利上げ観測にに押されてしまいましたが、原油価格が48ドル台半ばに上昇した事は支援材料でした。最近のシンクタンクレポートでは、50ドル台の展開も予想されています。

 日本株。
 政策待ちで、極端な薄商いが続いています。かねてから言われていますが、今週最大の注目点は、本日の朝発表される1-3月期GDPです。1年前のそれは年率換算で4.6%と言う高率で、日経平均も2万円を超えていました。ところがその後、4-6月期にはマイナス1.4%となり、これが発表された8月半ばから株価は失速し、9月29日の1万6901円まで急落します。次の7-9月期は回復し、逆にプラス1.4%となりました。これが発表される11月にかけて株価も戻り、12月1日には2万12円となります。正に株価はGDPと共にです。そして、10-12月期に再びマイナス1.1%となった為、年末年初の急落が起こり、発表された2月には、今年の安値1万4865円を付ける事になります。
 日本株は、為替や原油の影響で動いていると言うのが一般的な認識ですが、以上を見てくると、基本はGDPであるという事が分かります。今回は、政策期待(政策催促)と言う事から考えると、短期的な反応は真逆になるかも知れませんが、中長期的にはGDPマイナスなら株価も下がる、プラスなら株価は騰がると考えるべきです。(考えたら当たり前の事ですが)
 今回、シンクタンク25社の予測は、前期比でマイナス0.2%―プラス0.4%、年率換算でマイナス0.9%―プラス1.6%です。専門家であるエコノミストの意見がこれだけ分かれているのですから、我々が予測しても始まりません。
 我々が出来る最良の方法は、発表された数字に対して株価が動いた方向に、まず短期的には付くべきです。そしてその動きが、GDPの数字に対して正の方向ならば、それは1か月程度は続き、負の方向ならば正に短期的として動く事です。

 本日の日経平均予想レンジ 16500円―16650円。 コンセンサスのプラス0.3%を基準にしました。

 マザーズ指数はさすがに過熱感から一服ですが、中小型・新興市場銘柄物色が終わったわけではありません。人気だけで追随していたマザーズ銘柄は終わりですが、筆者銘柄群は、2352エイジアに代表されるように、中身のあるもばかりです。トレンドに変化は無いと確信しています。
 高い銘柄は買えないと言う方には、休養十分で、そろそろ上昇波動を作りそうな、1413桧家HD,3237イントランス、8061西華産業はいかがでしょうか。
 
おはようございます。
 週明け16日のNY株。
 ダウは175.39ドル高の1万7710.71ドル、ナスダックは57.78ポイント高の4775.46ポイントと反発です。NYSE出来高は8億8364万株。
 このところ市場の足を引っ張っていたアップル株を、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハサウェイが大量に取得していたことが判明しました。アップル(3.7%高)だけでなく、このところ売り込まれていた主力株や小売株、更には原油価格が半年ぶりの高値でエネルギー株などに買い戻しが入りました。

 日本株。
 昨日の日経平均は、寄り付きを安値に一時220円高がありましたが、薄商いの中、為替感応度の強さを見せつけました。ドル円がわずかに円安になると日経平均に強い買いが入り、円高の気配を見せると一気に値を消しました。一部高速売買のファンドの動きだけの一日という感じでした。しかし、日経平均は引け値16466円40銭と予想レンジ内に納まり、特に何か変化があったわけではありませんでした。
 それに対して、マザーズ指数が6.76%安と、最近では最も長い陰線を入れ、中小型・新興市場株物色がピークを迎えたのではないかと言う観測が出ています。一部の市場関係者の間では、「アルベルトショック」だと騒いでいます。報道されていますように、マザーズ銘柄3906ALBERTの元会長のインサイダー取引容疑ですが、これをかってのライブドア・ホリエモン事件とダブらせ、マザーズバブルの終焉ではないかという見方です。昨日のブログで、「中期計画で先の見える銘柄や、少なくとも今期予想が良好な銘柄に資金が集中します。引き続き中小型個別銘柄です」と書きました。その考えは全く変わっていませんが、筆者「投資道場」では、強いトレンド銘柄への投資法として、「高値買い、押し目見送り、押し目は下げの1丁目」としています。引け値ベースでは、昨日のマザーズ指数終値1125.37ポイントは、チャートで見るとダブルトップのネックラインを切りました。2月からの上げ波動はいったん終わったとも考えられます。ここは、「投資道場」の理論通り、強い銘柄の押し目は買ってはいけないとします。
 筆者銘柄は、テクニカルで選んだ銘柄ではありませんので、下げたからと言って撤退する事は無いと思いますが、強いトレンド銘柄群の買いは、下げたところは見送りが賢明と思います。逆に、調整をしていた1413桧家HDや3237イントランスの見直し買いが面白いと思います。政策関連でもあります。

 本日の日経平均予想レンジは 16500円―16650円 とします。
 NYが株高・ドル強含みという日本株にとって好条件が出ている事、午前6時現在、ドル円109円台、原油48ドルに迫っていますので、買い先行で始まり、昨日の高値を目安にした強含みの展開を予想します。場味が強いと、消費税増税延期も好評価されるかもしれません。

おはようございます。
 いよいよ政策が動き出すタイミングです。安倍首相は、欧州各国の首脳に対して、金融政策と財政出動を強く訴えましたが、日本が率先してそれを実行しなければならない事は明白です。こんな明白な事なのに、その期待が高まらないのは、日本は財政規律を無視する事の出来ない世界でも突出した借金大国だからです。これを理由に、財政出動は無理があると、多くの投資家が思っているからです。
 しかし、マイナス金利の今、借金は財産です。マイナス金利は借金を促す政策です。住宅ローン残高は着実に増えています。貸し渋りをしていると言われる銀行も、貸出残高は、前年同期比で2%台の増加を続けています。
 日銀が13日発表した4月のマネーストック(旧マネーサプライ=通貨供給量)速報によると、代表的な指標で現金や預金などの合計を示すM3の平均残高は前年同月比2.7%増の1252兆8000億円となり、過去最高を更新しています。伸び率も3カ月ぶりに増加しました。 
 アベノミクス政策は、もうだめだとか、間違っているとか言われていますが、もしこの政策がなかったら、日本はどうなっていたでしょうか。国内における人口減少と、中国の影響を受けた世界経済の減速と言うマイナスエネルギーがいかに大きいかを、阿鼻叫喚の中で実感していたかもしれません。
 とにかく政府・日銀にはギブアップは許されません。政策は出し続けなければなりません。「現状維持」というおおきなバケツからいつか水はあふれ出ます。それが異次元バブル相場です。
 それまで株式市場は神経質な揉みあいを続けるでしょうが、この過程を、余裕を持って楽しむ為には、一方の手に利益という余裕がないとできません。中期計画で先の見える銘柄や、少なくとも今期予想が良好な銘柄に資金が集中します。引き続き中小型個別銘柄です。「投資道場」を是非読み返して下さい。銘柄発掘のヒントになりましたら幸甚です。

 今日の予定は、4月の企業物価指数(午前8時50分、日銀)、4月の中古車販売(午前11時、自販連)、3月と15年度の産業機械受注(午前11時、産工会)、4月の工作機械受注(午後3時、日工会)、フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議初会合(金融庁)。
決算は、三菱UFJ<8306>、あおぞら<8304>、電通<4324>。
今晩は、5月のNY州製造業景況指数に注目です。

 本日の日経平均予想レンジ 16300円―16500円。

おはようございます。
 「平野憲一投資道場」7日目
 7771日本精密を例題にして、重要ポイントの決断を勉強してきました。前回5月9日の6日目で、「問題は今です。その仕手戦の高値372円を先週末の引け値378円で抜いたのです。ここは非常に迷うところです。そこで、筆者の結論です。「まだ、仕手戦の後遺症が残っている感じですので、今回の買い乗せシグナルにも距離を置く」です。将来性のある当社ですからゆっくり育って欲しいと思っています。もうすぐ決算ですから、決算終わってから考えましょう。」としました。
 その決算が出ました。筆者の描いている3年後、5年後の姿がはっきり見えるもので、順調に伸びる売上高は、引き続き平野銘柄として見守って行きたいと思えるものでした。  しかし、いつも申し上げていますが、企業の時間と投資家の時間は違います。更に、企業は現実の風に毎日さらされます。特に利益は、為替、拡大する為の先行投資や販管費の増加で、変化します。大きな最終利益を垂れ流しながら、先行きの企業体質を盤石にすることは不可能です。アセアンプロジェクトも現実の数字に修正しました。今期は増収増益ですが、無配継続予想です。
 最近当社もメジャーになったのか、所謂仕手筋が関与するようになりました。姿の見える先日のコマンドNだけではなく、ネット系の筋もあるようです。この決算の短期的評価は仕手筋に任せましょう。当道場で訓練に励む投資家は、既に種玉はたっぷり持っている(高値でいくらか売ったようですが)ので様子を見ましょう。5月8日の「投資道場」5日目の「吹き値買い」でいくと、引け値ベースの高値10日の394円を抜けたら買い乗せになりますが。
 次回の、強い投資家・負けない投資家になる為のテーマは「買いが善で売りが悪ではない」です。

2016.05.14 来週の相場。
おはようございます。
 週末13日のNY株.
 ダウは185.18ドル安の1万7535.32ドル、ナスダックは19.65ポイント安の4717.68ポイントと反落。NYSE出来高も8億7930万株と低調です。
 2016年2~4月決算数字や5~7月見通しが芳しくないノードストロムの13.4%安をきっかけに、JCペニー、メーシーズ等、百貨店株が売られました。しかし、注目だった4月の小売売上高は前月比1.3%増と市場予想(0.8%増)を上回る結果となって、百貨店決算と対照的な結果に市場は混乱しました。
この、市場予想を上回る小売売上高は、利上げの後ずれ観を弱め、ドル高・原油安となって、ダウは3ケタの下げとなりました。

 日本株。
 大量の決算発表で、全体観どころではない状態ですが、引き続き政策待ちの相場です。カギを握るのが、18日(水)に発表される1~3月期GDP(午前8時50分、内閣府)です。マイナス成長の予想ですが、市場がどう取るかです。厳しい経済状況にネガティブに反応するか、政策発動への期待が高まるか。為替水準と相まって来週最大の注目点です。
 また来週は他にも、17日(火)の3月鉱工業生産、19日(木)には3月の機械受注、20日(金)G7財務相・中央銀行総裁会議(21日まで、仙台市)と、重要なイベントもあります。アメリカでは、16日(月)5月のNY州製造業景況指数と、17日(火)4月の住宅着工を筆頭に、米国住宅指数・消費関連指数が連日出ます。為替、原油価格を見ながらの、これら指数に一喜一憂の週が予想されます。
 テクニカル的には、超えたのは1日だけで、また日経平均は75日移動平均線にはね返された形です。25日移動も割れています。3番底形成のタイミングですが、政策期待に支えられながらも、上値を買えない不安感も大きく、こちらも昨日の234円安で、微妙な感じになってしまいました。

 来週の日経平均予想レンジ 16000円―17000円。 
予想にならない大幅レンジ設定ですが、政策期待が膨らむか萎むかで天地の差があるのでお許しください。

 またいつもの結論です。個別銘柄で行きましょう。
 三菱系機械商社8061西華産業が好決算を発表しました。今期見通しが大幅増収増益です。前期大幅減益予想だったので株価は低迷していましたが、ここも平野銘柄です。これから上昇トレンドが生まれるか、しっかり取材して報告します。大好きな薦田社長に会うのが楽しみです。

おはようございます。
 12日のNY株.
 ダウは9.38ドル高の1万7720.50ドル、ナスダックは23.36ポイント安の4737.33ポイント。NYSE出来高は9億4873万株。
 この日は目立った指標発表もなく、原油価格を見ながらの小幅もみあいでした。業績見通しの良くないアップルが、2.4%安になった事も相場の上値を押さえました。注目の小売売上高やミシガン大消費者景況感指数の発表は明日の週末です。

 日本株。
 日経平均は、6連続安の後、4連続高です。このまま反発できるか微妙なところです。2月の15000円割れで1番底、4月の15700円どころで2番底、今回連休中の16000円で3番底と底値が切り上がり、昨日の16646円34銭では、7日ぶりに再び75日移動平均16617円73銭をわずかですが上回りました。10日には既に25日移動平均線も上回っています。このチャートの形から見ると、明らかに日経平均は上値トライの体勢ですが、イマイチ勢いがないのは、政策待ちの今の相場の性格からでしょうか。政策が出るのか出ないのか。市場は固唾を飲んで見守っています。
 そして、昨日500銘柄、本日900銘柄に及ぶ決算発表です。投資家の皆さんは大変忙しい事になっているでしょう。また、アナリストやマーケット関係者も、これからの決算説明会ラッシュに息つく暇もないでしょう。全体観どころでなく、目先の個別株決算に対するそれぞれの反応の集合で、前述のチャートの形がこれから書き加えられていきます。こういう場合は様子を見て、放れに付くのが賢明です。どっちにしても強いものは更に強く、ダメなものは見向きもされない個別株物色相場が続かざるを得ないと思っています。4304Eストアーは何とか25日線で止まりました。トレンドが崩れなくてやれやれです。

 本日の日経平均予想レンジ 16550円―16750円。オプションSQは波乱無しです。
おはようございます。
 11日のNY株。
 ダウは217.23ドル安の1万7711.12ドル、ナスダックは49.19ポイント安の4760.69ポイントと反落。NYSE出来高は9億4676万株。
 昨日の、材料なしで薄商いの自律反発に対する利益確定の1日になりました。特に、ウォルト・ディズニー(4%安)やメーシーズ(15.2%安)が決算発表を嫌気されて売られた為、ダウは200ドルを越す下げとなりました。
週末に注目の4月小売売上高の発表を控えて、消費関連に不透明感が出ています。

 日本株。
 為替敏感度は変わらないようです。昨日はドル円109円台では、200円を超す強さを見せた日経平均も、108円台に戻ると一気に失速してしまいました。ただ、上値トライのネックであった日経平均予想PERは、前日の15.08倍から昨日14.36倍へと急低下しています。これは、前期に減損処理を終えて、利益予想の数字が正常に戻った商社の影響で、予想EPSが、5月6日の最低値1091円24銭から昨日現在1154円53銭に上がった為です。また、オプションSQを前にして、裁定買い残が1兆7989億円と3年7カ月ぶりの低水準になって売り圧迫要因が小さい事もあり、ここから大きく売られる事も考えにくい状態です。原油も46ドル前後に上がって来ています。
今日は、為替の行方を見ながら神経質な展開を予想します。

 本日の日経平均予想レンジ 16450円―16600円。

 当然、個別株物色が続きます。昨日の4304Eストアーと2352エイジアは、決算内容を受けて株価も明暗を分けました。
 Eストアーは、このところ買われすぎていた感じはありましたが、いくら長期出世株投資の平野銘柄と言えども、市場は厳しい判定を下します。ただ、長期出世株の基本が崩れたわけではありません。テクニカル的・ファンダメンタルズ的には若干の調整に入ると思いますが、これから次の波動の基礎固めになります。またしっかり取材してご報告します。
 エイジアはすごい動きですね。ぜひこのトレンドについていきましょう。強い投資家は、「吹き値買い、押し目買わず(余裕の見送り)」です。