おはようございます。
 昨日のNYとロンドンは休場でした。
ようやく日経平均は17000円台に戻って来ました。伊勢志摩サミットが終わり明日6月1日で通常国会も期末を迎え、いよいよ政策・政局相場が始まります。まず、焦点の消費税増税の2年半の先送りがはっきりします。この政策に連動して信を問う衆議院解散説もはっきりするでしょう。両者とも「無し」の様ですが、不透明を嫌うマーケットは、事態がはっきりしたら、好悪あっても動き出すものです。
 昨日の日経平均引け値17068円2銭で、25日移動平均とのかい離が1.84%、75日とのかい離が3.13%で、総合かい離(25日、75日、200日移動平均の合計)は4月27日以来19営業日ぶりにプラス転換となりました。上放れの形がはっきりしてきました。テクニカル的にはひとまず予想PER15倍の17800円台あたりまで動きそうです。その前に目先の高値17613円56銭を抜く必要がありますが。ここを抜くと一気の踏み上げもあります。
 総合かい離陽転についても少し申し上げますと、投資行動の時間軸で投資家は3つのタイプに分かれます。1か月以内で考える短期投資家、3か月サイクルで考える中期投資家、半年や年単位の長期投資家です。その代表的移動平均が25日、75日、200日です。そして、それぞれの投資家の持ち分(売り玉でも買い玉でも)の平均コストが移動平均です。買いコストを下回っていると投資家の気持ちが弱いのは当然で、買いコストが近づくと売り圧力が高まります。200日移動平均とのかい離はまだマイナス4.57%です。これから株価上昇と共に、長期投資家の売り圧力が高まりますが、差し引いて、短中期の投資家の強気エネルギーが強くなった事を示す総合かい離の陽転は意味のある事です。

 本日の日経平均予想レンジ 16950円―17150円。

 しかし、昨日1番上がったのはマザーズ指数で、続いている中小型株の個別物色相場は変わっていません。筆者の銘柄群は依然注目です。それにしても、名証2部の1413桧家HDは動きませんね。業績好調もうすぐ1000億企業で高配当利回りで、東証にでも来たらぶっ飛ぶんですが。

 ペンネーム「ハジメちゃん」さん、いつもこのブログを見て下さっているとの事、有難うございます。とても励みになります。また、「投資手帖」の定期購読を申し込んで頂いて、心から感謝いたします。投資手帖にはお世話になっているので、恩返しが出来る事はとても嬉しい事です。この月刊誌は、経験豊かな執筆陣をかかえ、マーケット全般を勉強する上で役に立つ、優れた雑誌だと思っています。表紙を飾る美人画も高いレベルの芸術性を持っています。毎月違う美人に会えるのも楽しみですよ。

スポンサーサイト
おはようございます。
 昨日のダービーはマカヒキの圧勝を予想しましたが、NHKテレビでパドックを見ていたら、サトノダイヤモンドの馬体があまりにも良いので、ちょっと心配でしたが、ハナ差でも勝ちは勝ち。長い間、馬に乗っていたので、馬体を見る目はあるのですよ。この2頭が凱旋門賞でまた1,2着になったら楽しいですね。
 競馬の世界は夢が広がっていますが、相場の世界はますます混とんとしてきました。消費税増税2年半延期の方向の様ですが、これで増税分(1年で4兆円、2年半でちょうど10兆円)が実質的経済対策だとされたら、市場はどう反応するでしょうか。金額は不明ですが、プラスで補正予算と言うのがコンセンサスですので、実質10兆円の増税延期で、後は無しとならない限り、本日の市場は好評価するでしょう。運良く、先週末のNYはしっかりのうえ、今日はメモリアルデーで休みなので少なくとも波乱材料は出ませんので、(英国もバンクホリデーで休場)明日も日本市場独自の動きとなります。為替が110円台、原油が50ドル前後(それにしても20ドルを割れる不安があった年初とはえらい違いです)という事で、売り方も仕掛けが難しそうです。
 そうなると、引き続き不透明な中でも、チャートの示す通り、次第に上放れの形を強めて行くことになります。勿論今週は、米雇用統計の週で、ISMやベージュブック等多数の経済指標に、国内では衆院解散を含めて、サミット後材料のクライマックスを迎えますので、一筋縄ではいきません。
 やはり、個別株となります。今週は、エイジアと日本精密を取材します。

 本日の日経平均予想レンジ 16800円―17000円。

おはようございます。
 本日は日本ダービーです。そして筆者の69回目の誕生日です。
 昔は馬にのめり込みました。社会人になってから20年間障害馬術の練習に明け暮れました。今は無くなりましたが、宇都宮競馬の馬主にもなりました。勿論土日は中山競馬場か浅草か錦糸町の場外馬券場です。足利、宇都宮、高崎、浦和、船橋、川崎、大井競馬場もすべて行きました。新橋遊吉の小説を読み、競馬必勝法を研究したりしました。一生競馬からは抜けられないと思っていましたが、不思議なことにある時から一瞬でやめました。今は株式相場研究の方が面白いので、全く馬券は買っていません。今日もマカヒキの圧勝を見るテレビ観戦だけです。
 相場の面白さを教えてもらったのは、師である立花証券創業者で、最後の相場師石井久氏です。4月22日になくなりました。92歳ですが、亡くなる直前まで勉強していました。口癖が「君勉強しろ。勉強すれば株は8割は分かる」でした。
 師には貴重な色々な事を教わりましたが、一つだけ選べと言われれば「針の落ちる音を聞け」です。チャンスや危険は音もなく忍び寄って来ます。しかし、全く音がしないかと言うと、必ずかすかな音(兆候)があります。その音を聞けといつも言われました。その為にはいつも周囲に気を配っていなければなりません。時々、帝国ホテルの碁会所に行く師と、内外情勢調査会(時事通信の情報組織、帝国ホテルでよく開かれた)に行く筆者と、地下鉄日比谷駅でお会いする事がありました。帝国ホテルに1番近い出口はA13番ですが、その階段を一緒に上がっている時突然、この階段は何段あるか?と聞かれました。駅の階段を数えるなど普通はありません。そんな日常の注意力の積み重ねが、針の落ちる音をを聞く訓練だと言う教えでした。先週末、帝国ホテル富士の間で盛大にお別れの会が開かれました。会場へ向かうた為A13番出口から地上へ歩き始めた時、突然思い出して、また下まで戻り、1段1段数えて見たら、踊り場を含めて61段ありました。
 「君勉強だよ」と言う師の声がいつも聞こえて来ます。69歳の誕生日を迎えましたが、針の落ちる音を聞けるように、益々精進して行きたいと気持ちを新たにしております。

2016.05.28 来週の相場。
おはようございます。
 週末27日のNY株。
 ダウは44.93ドル高の1万7873.22ドル、ナスダックは31.74ポイント高の4933.51ポイントと反発しました。NYSE出来高は8億3586万株。ここでお気づきと思いますが、出来高が連日10億株を下回っています。通常は10億株台ですので、薄商いは日本だけでは無く、アメリカも同じ現象を呈しています。なぜか?後日改めて考察してみたいと思います。
 さて、この日発表された1~3月期実質GDP改定値は、季節調整済み年換算で前期比0.8%増でした。速報値は0.5%増。予想の0.9%増は下回りましたが、米経済の強さを示しました。
 注目のイエレンFRB議長のハーバード大での講演も、経済に対する強気の内容だった為、6月利上げの可能性が高まったとして、ダウはマイナス圏なっていましたが、午後からプラスに転じました。

 日本株。
 いよいよ、サミット後の展開となります。まず、政策発表のタイムテーブルが示されると思います。大きく見ると、国内では、31日(火)に「1億総活躍プラン」が閣議決定され、翌6月1日(水)に通常国会が終わりますので、ここで消費税増税延期か実施かの発表タイミングがはっきりするでしょう。この日は1-3月法人企業統計が発表されますので、数字次第ではここで発表されると言う見方もありますが、それは無いでしょう。中旬にFOMCと日銀政策決定会合を控えていますので、その後の可能性が高いと思います。場合によってははっきりしないまま選挙突入と言う見方もありますが、それもないでしょう。以上により筆者予想のタイミングは「選挙直前」です。
 来週は、アメリカがメモリアルデー(休場)で始まる雇用統計の週です。5月のISM製造業景況指数もあって、株価の水準が変化しますので、アメリカ株には注意です。
 国内は、口先政策が出ますので、それに一喜一憂するという事になりますが、これだけ弱気・失望が先行する模様眺め相場ですから、決定したらどんな内容でも買い材料になると思っています。チャートも次第に上放れの色が濃くなってきました。日々線と75日移動平均線との上方かい離率は1.73%と、だましではない本物感が出て来ました。25日移動平均線と75日移動平均線とのかい離率も、水曜日の1.07%から金曜日の1.23%へジワリ広がり(放れ)を見せています。

 来週の日経平均予想レンジ 16700円―17400円。

 価格帯別抵抗抵抗帯と言われる17000円をいよいよ抜いて来ると予想します。基本の個別物色相場は変わらないと思いますが。

 日本精密がようやく元に戻って来ました。コマンドNや、最近のイレギュラーな動きに対して強気コメントをずっと控えて来ました。特に先日403円の高値を付ける段階での、仕手的な動きに対しては、数回警告を発したつもりです。理解して頂いた方々は高値で1度売ったようですが、その後、高値の日を含めると、陰線日は10日間になります。信用残がまだ少しありますが、ほぼ元の上昇トレンドに戻ったと思います。来週の金曜日に決算説明会があります。またしっかり調査して書き始めたいと思っています。いつも言う様に企業の時間軸と投資家の時間軸は違います。日本精密は将来性のある会社です。応援するつもりで投資しましょう。

おはようございます。
 26日のNY株.
 ダウは23.22ドル安の1万7828.29ドル、ナスダックは6.88ポイント高の4901.77ポイントとまちまちの動きでした。NYSE出来高は7億9258万株と低調です。
 ダウはこのところの上昇に対する利益確定の売りも出て、高値揉みあいの形です。
 発表された指標もまちまちで、週間新規失業保険申請件数は市場予想を上回る減少となりましたが、4月の耐久財受注額では、前月比0.8%減と市場予想(0.4%増)を大幅に下回りました。ただ、注目の6月のFOMCでの追加利上げの確率は、要人発言で利上げに対する耐性を作っているようですが、FF金利先物から計算される数字では、前日の34%から26%に低下しました。
 
 日本株。
 昨日の日経平均は、16900円台で始まり、17000円に迫るタイミングでは、75日移動平均かい離率が2%を超え、明らかに「放れた」と感じたのですが、その後為替の円高(売り方の仕掛けか?)を見て失速してしまいました。しかし、まだ日々線は25日、75日線の上にあり、上値をうかがう事は出来る位置です。
 とにかく、サミット待ちの相場から、サミット後の相場に変わります。
 放れるのは下か上か?それを待っている今の閑散相場です。

 本日の日経平均予想レンジ 16700円―16950円。

 8061西華産業は予想通りの動きになりました。まだまだこの位置は、利益の70%を株主に還元しているバリュー株そのものです。これからセパレーターフィルム関連銘柄として、人気が高まって行くと思っています。
 次の相場の主役の一つであるリニア関連も動意を示しました。個別物色相場も、再びテーマ別にまとめられて、流れが更に太くなるでしょう。
 バイオ・創薬関連も4565そーせいはチャートを見て分かる通り、トレンドは崩れていません。しかし、夢が現実になりつつあり現実的な評価で、3000億円を超えた大型株ではもう今までの様な動きは期待できません。そうなると、第2のそーせいはどこかとなります。4589アキュセラではだめです。パイプラインが1本しかありません。1本こけたらお終いです。
 そーせいを上回るパイプラインを持つもの、そうです4875メディシノバです。ではなぜメディシノバが1000円以下という安値に低迷しているかと言うと、米ナスダック銘柄だからです。今アメリカではバイオ株の人気がありません。皮肉な事ですが、1000円付けた時、アメリカ市場のバイオ・創薬関連銘柄群で今年に入ってのパフォーマンス№ワンになりました。数少ない日米ダブル上場銘柄ですので、アメリカのバイオ人気が復活して来ると面白い展開になると思っています。

おはようございます。
 25日のNY株。
 ダウは145.46ドル高の1万7851.51ドル、ナスダックは33.83ポイント高の4894.89ポイントと続伸です。NYSE出来高は9億1312万株。
 前日の上昇は、欧州金融株の動きから、「本物感」が出ていましたが、この日も、目立った材料の無い中、買いが継続しました。在庫減で原油価格も一時50ドルタッチとなって、金融、エネルギー株中心の強い展開となっています。

 日本株。
 引き続き出来高の少ない模様眺め相場が続いていますが、チャートは明らかに上放れの気配を見せています。昨日の日々線は、25日、75日移動平均線を上回り、75日線に対するかい離率はプラス1.22%です。1%を超えると、超えたと言う実感が出ます。本日16900円なら2%を超え、方向感が更にはっきりします。チャートが正しいのか、またダマシなのか。結論はもうすぐ出ます。
 リニア新幹線の大阪延伸前倒しの記事が本日の日経新聞に出ています。オリンピック後の日本の中心話題は、このリニア新幹線です。8年もの前倒しという事ですが、当然、現在工事進行中の名古屋新幹線も、ピッチが速まるでしょう。ライト工やその他リニア関連株が本日賑わうと思います。
 伊勢志摩サミットがいよいよ始まります。色々言われていますが、今回のサミットは経済サミットです。自由主義先進国の足並みが揃っている事をアピールするサミットです。悪い材料が出るはずはありません。

 本日の日経平均予想レンジ 16800円―17000円。

 8061西華産業に対する筆者の考え方に賛同いただきましてありがとうございます。でも昨日の21円高になっても、予想 PER 9.19倍、PBR 0.7倍、予想配当利回り3.68%です。しかも、この配当の他に、今期200万株(7億円)の自社株買いを既に発表しています。予想純利益20億円に対して35%の還元率です。こんなバリュー株が中国の電気自動車と共にすごい成長を始めたら、どんなことになるのでしょうか。東証1部の名門企業ですが、浮動株時価総額は127億円と言う、筆者大好きな中小型株です。
 昨日、東鉄工業(1835)の16年3月期決算説明会がありましたが、取材メモを見ますと、「総還元性向引き上げ余地あり、まずは30%を目指す」とありました。この総還元性向(配当と自社株買いの合計)は、買い銘柄選定の重要な指標ですが、西華産業の前期実績は70%近いものです。配当政策も、安定配当政策から配当性向35%を目途とする積極策に変えました。今期増益見通しですから、自動的に増配となります。今期も自社株買いの35%と合わせると前年同様70%前後の還元率となります。

おはようございます。
 24日のNY株。
 ダウは213.12ドル高の1万7706.05ドル、ナスダックは95.28ポイント高の4861.06ポイントと大幅反発となりました。NYSE出来高は8億8901万株。
 最近までほぼゼロだった6月利上げ予想確率が、FF金利先物から計算される直近のそれは38%となっています。しかし、連続する要人発言で、マーケットのムードは利上げ確立5分5分の感じで、このところ株式は弱含みの展開でした。
 この日は、4月の新築一戸建て住宅販売件数が年換算で前期比16.6%増の61万9000戸と発表され、それが8年3カ月ぶりの高水準だった為、アメリカ経済は利上げに耐えられると感じた投資家の買いが入りました。利ざや拡大への期待感から大手金融株が上昇した為、この流れは本物だと言うムードも出ました。
また、原油在庫の減少予想を背景に、原油価格が49ドル台に反発し、石油・ガス株が買われたことも支援材料となりました。

 日本株。
 極端な模様眺めから、東証1部売買代金は2日に1度2兆円に届かない閑散相場が続いていましたが、昨日はとうとう1兆6658億円と連続で今年最低記録となりました。移動平均が収斂し、出来高も「陰の極」状態になり、何か「放れる」気配です。CME先物が16755円で帰って来ていますし、ドル円は110円前後で、波乱予想の原油は逆に49ドル台と上昇して、今日は、上値が期待出来そうです。昨日は日々線が、25日、75日を割れて、下放れかもと言うムードも出ましたが、その反作用もありそうです。
 解散も消費税増税延期もないと言う情報が出ていて、一見不安が増しているように見えますが、逆に不透明なものがはっきりする事は、マーケットにとって良い事です。アメリカの投資家が、自国が利上げに耐えられると感じたら、利上げ確率が高まっても不透明感が薄れたとして買いと判断した事と同じことが言えます。「増税に耐えられる日本経済」です。

 本日の日経平均予想レンジ 16650円―16850円。

 個別株物色の流れは変わらないと思いますが、筆者の唱える3年後5年後の見える成長株を探す方法の他に、バリューから選ぶ方法があります。一般的にはこちらが主流です。安定的に高配当や自社株買いで、株主に利益の還元があれば、、安心して長期保有が出来ます。これをバリュー投資と言いそれらの銘柄をバリュー株と言いますが、悪く見れば、成長を捨てた銘柄群とも言えます。
 しかし、もしバリュー株の中で、若葉の様な成長を始めた銘柄があれば、和戦両様で買ってみたくなりませんか。その可能性を感じる銘柄が、8061西華産業です。本日の日本証券新聞でその理由を6つ上げました。ここでは、2つだけ紹介します。
 配当と自社株買いを合わせた総還元性向のこれまでの実績は60%-80%を誇る名門企業で、正にバリュー株です。この会社が、電力自由化やリチウムイオン電池関連として成長を始めました。大気汚染に悩む中国の国策は、自動車の電気化です。日本よりはるかに進むと思います。電気自動車の命がリチウムイオン電池ですが、中国の方針は内製化です。その製造装置の大量受注に成功しました。既にセパレーターフィルム製造装置の搬入は始まっています。今後、正極、負極製造装置、関連機器の受注は膨大なものになると思われます。当社の出世に期待します。

おはようございます。
 週明け23日のNY株.
 ダウは8.01ドル安の1万7492.93ドル、ナスダック3.78ポイント安の4765.78ポイントと小反落。NYSE出来高も8億1937万株と低調でした。
 先週のFOMC議事要旨発表で高まった早期利上げ観測ですが、この日もサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁がそれを肯定するような見方を示した為、利上げへの警戒感が続きました。また、イランが原油輸出量を凍結はしないと発表した為、原油価格が弱含みで、さらに、マークイットの5月の米国PMIが市場予想を下回る等の悪材料がありました。
 小反落で済んだのは、発売予定の新モデルについて、予想を上回る強気の見通しを持っていると伝わったアップルが買われた為です。

 日本株。
 昨日の瞬間300円を超す下げは何だったのか。一部の投機筋に為替と原油の波乱(下げ)の話が出ているようです。品薄の中、高速売買HFTのシステムが走った為と思われます。
今日も、現在はドル円109円台前半、原油48ドル台維持となっていますが、この動きに、再び翻弄されるかもしれません。

 本日の日経平均予想レンジ 16500円―16600円。(この100円を中心にぶれるという事で)

 伊勢志摩サミット期待と言うより、ただただ過ぎるのを待っているような相場になってしまいましたね。そうなると我が軍団銘柄を含む、中小型個別株物色とやはりなってしまいます。
 昨日のヤマシンフィルタ山崎社長のお話では、まだ中国は厳しいが底には届いたとの事です。回復の形がL字型と言う認識が大半ですが、1部にレ(カタカナのレです)型の意見も出ているとの事でした。当社は今期も減収減益予想なので勧めずらいですが、今期が底でこれから回復するので、わが社の株は今が買い時だとはっきり宣言し、社長は強気でした。

おはようございます。
 いよいよ待ちに待った伊勢志摩サミットの週です。政策期待相場と言うより、日々の薄商いが示す通り、「政策待ち」の模様眺めが続いています。今日も、ドル円110円で、原油48ドル台半ばと、外部要因での材料は特になさそうです。
 消費増税延期か実施か。どちらにしても市場は強力な財政出動を期待しています。実施は日本経済の健康体を示しますので、ここまで来たら実施の方が良い感じがします。ぶれない政権の評価も高まると思います。
 ただしその場合、実施で増税される4兆円を補う10兆円規模の政策が出ないと、今のこう着市場の上放れは無いでしょう。差引6兆円の財政出動という事になります。延期で、追加の2兆円でも合計6兆円になりますが、これでは微妙です。とにかく数字の遊びをしていてもしょうがありません。待つしか有りませんね。
 今日の予定は、4月の貿易統計(午前8時50分、財務省)、5月の月例経済報告(内閣府)が注目でしょうか。3月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)もありますが。

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16800円。

 上海総合指数が3000ポイントを前に低迷しています。中国に進出いている日本企業を取材して強く感じるのは、中国経済の厳しさです。いつ復活して来るかは、企業取材と、この上海総合指数で推測できます。今日、中でも健闘している建機フィルターの6240ヤマシンフィルタの決算説明会があります。よく聞いてきたいと思います。

おはようございます。
取材をしているとまったく関係ないところで、注目していた材料が出る事があります。

 某日、9366サンリツ(東証1部、倉庫・梱包輸送)の三浦社長に取材しました。興味のあるお話をたくさん聞くことが出来ましたが、筆者が1番印象に残ったのは、医療機器関連の強みを強調していた事でした。特に当社の倉庫は、医療倉庫のライセンスを持ち、CT、MR、カテーテル機器の取り扱いが活発のようでした。倉庫・運送会社と言う他業種の取材で、医療用機器関連が非常に好調であると言う情報を得た事になります。
 その後、8061西華産業(東証1部、三菱系機械商社)の薦田社長にお会いしました。子会社群の様子をお聞きしている時、突然医療用機器の話が出たので驚きました。中国の子会社は中国経済低迷でさすがに厳しく、今後立て直しに力を入れて行くとの事でしたが、医療用機器や食料品関連機器に注力して体質改善を図るとの事でした。中国でも医療用機器が伸びそうです。医療用機器関連!筆者は忙しくてすぐに取材できませんが、皆様研究して見たらどうでしょうか。
 さて、もう1つ西華産業で注目されたのがリチウムイオン電池です。最近リチウムイオン電池セパレーター専業の6619ダブル・スコープが大出世していますが、販売先の中国では、大気汚染の危機感から、国策として電気自動車化を進めています。おそらく日本より普及が進むと思われます。この中国から西華産業は、セパレーター製造装置を大量受注し、既に搬入が始まっています。セパレーターだけでなく、正極財、負極財の製造装置や関連機械の受注も増える様です。リチウムイオン電池は、先日の番組で、高城剛氏(ハイパーメディアクリエイター)から、電気自動車だけでなくドローンの将来もリチウムイオン電池が握ると聞いていたので、興味津々です。
今日は、取材中の興味の起きた話をして見ました。
ヒントになったら幸甚です。