おはようございます。
 今まで在職していた立花証券の研修で、英独仏のヨーロッパ主要国や東欧、南欧、ソ連(当時)を訪問する機会はありましたが、すべて移動は飛行機で、自分の足で国境を越えたのは今回が初めてでした。しかも、ベトナムとカンボジアの国境には幅600メートルほどの非武装地帯があります。今は両国の関係は良好なので、非武装地帯と言っても形骸化していますが、殺伐とした感じには少し緊張しました。面白い事にここを徒歩で越える為の必需品がカッパです。特に今は雨季なので、ここでスコールにあうと雨宿りするところがありませんので、カッパを着て黙々と歩くという事になります。
 両国の入国・出国の窓口は2か所しかなく、しかも片方には役人がいません。1つの窓口でしかも仕事がゆっくりですから行列が出来ます。最近は経済回廊として注目されていますから観光客もそれなりに多いので大変です。そこで訳の分からない地元の人が群がって来てチップを要求します。チップと一緒にパスポートを渡すとどんない長い行列でも最優先でチェックを受けて、使われていないもう一つの窓口からスルーです。軍服を着た窓口の役人とこのやくざみたいな男の関係は何だろうとか、こんな事がいつまで続くのだろうかとか、考えてしまいました。筆者はベトナム航空とJALが共同運航している直行便でホーチミンへ行きましたが、9月からカンボジア(プノンペン)直行便も出来るそうです。6時間ほどで行けますから人気が出ると思います。
 さて、非武装地帯を超えてカンボジアに入国するとすぐにあるのがカジノゾーンです。ホテルが何軒か建っていてちょっとケバケバしい感じですが、お客は主にベトナム人だそうです。どんな組織があるのかよく分かりません。
 カジノゾーンを超えると、最初のSEZ(経済特別区)、マンハッタンSEZです。ここは日系企業は入っていません。カンボジアにもたくさんの日本企業が進出していて、プノンペンに商工会議所まであります。プノンペンの日本商工会議所から見ると訳の分からない国境近くのSEZなど危険で選択の範囲外だったと思われます。日本精密がこのマンハッタンSEZから数十キロ近づいた(と言ってもまだプノンペンからまだ100キロの)ドラゴンキングSEZに入植する時も、「頑張ってください」とは言われたそうですが、あまり期待されていなかったようです。ところが今は、安定した労働力を確保できるSEZとして商工会議所内でも注目を浴びています。日本精密も重要な商工会議所のメンバーで、これからこのドラゴンキングSEZ(経済特別区)がカンボジアにおける日系企業の大生産基地に育つと思われます。その中心が日本精密です。
 因みに現在の労働者の最低賃金は、カンボジアが140ドル、ベトナムが160ドルと言ったところです。諸手当を含めるともう少し上になりますが、中国のように極端な数字(例えば1万元)を出さないと人が集まらないという事はありません。
2016.08.20 来週の相場。
おはようございます。
 週末19日のNY株。
 ダウは45.13ドル安の1万8552.57ドル、ナスダックは1.77ポイント安の5238.38と小反落です。
ウィリアムズサンフランシスコ連銀総裁が年内利上げを支持し、9月利上げもあり得るとの考えを示しました。このところ、NY連銀のダドリー総裁やアトランタ連銀のロックハート総裁も同様の見解を示している為、FF金利から計算される12月の利上げ確率は51%となり、1週間前の42%から高くなって来ていて利益確定売りが出やすい環境です。原油先物は7日続伸で48ドル50セントとなっていますが材料としては限定的でした。

 日本株。
 昨日のドルは、米年内利上げ確率が若干高った為強含みでしたが、ドル円は100円21銭と、まだ気の抜けない水準に留まっています。
 日銀のETF買いは、昨日も入りませんでした。これで6営業日不発で、先週は1週間動き無しとなりました。確かに日経平均16500円前後は、短期移動の25日線上にあり、中期移動の75日線を上回っていますので決して悪い水準ではありません。日銀筋はこの水準を容認するという事でしょうか。26日(金)のジャクソンホールでのイエレンFRB議長講演後にあるかも知れない波乱に備えているのでしょうか。
 結局今週は夏枯れ相場の中で、閑散に売り無しとは言え、火曜の273円安、木曜の259円安と売り方優位の展開でした。為替が原因ですので、来週も見通しは良くありませんが、イエレンFRB議長の講演内容次第で、良い意味での波乱も考えられます。
 個別株では、メガバンクが明らかに底入れの動きですが、不動産株は冴えない動きです。筆者カバーの3237イントランス、3277サンセイランディック、8938ロジコムのそれぞれ特徴のある3銘柄も同様の動きです。
 その中のサンセイランディックが18日(木)に決算説明会を開きました。一応野村幹事の東証1部銘柄なのでアナリスト参加者は多かったのですが、なぜか淡白な説明会で、30分ほどで終わりました。とても物足りなかったので、翌19日(昨日)単独会見を申し込み、1時間半ほど深掘り取材をしました。底地ビジネスと言う地味な不動産会社ですが、災害復興の最終段階で、複雑に絡まった土地の権利を確定して初めて復興が終了します。更に、これから考えられる危険地帯(木造密集地、地震リスクのある地区)への事前防災でも底地権利の糸を解きほぐさないと、実際問題として何も先に進めないのです。当社は土地相続問題を解決するだけの会社ではないのです。決算説明会資料に、「仙台支店の取り組み」と書いてあるのに、説明会の説明が淡白でした。理由は今すぐ大きな利益が出るわけでは無いので遠慮したとの事。「投資家は社会的使命を持ち、先行き業績も右肩上がりなら評価してくれますよ。貴社は日本にとって必要な会社なので、もっと自信を持って、野村証券さんにもしっかり相談してIR活動を活発に行ってください」と申し上げました。

 来週の日経平均予想レンジ 16200円―16900円。

週前半の予定
【22日(月)】
7月の粗鋼生産(午後2時)
7月の主要コンビニ売上高
【23日(火)】
フィンテックフォーラム(午後1時、日銀本店)
◇黒田日銀総裁がフィンテックフォーラムであいさつ
20日現在の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額(午後5時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
7月の米新築住宅販売(午後11時)
API週間原油在庫(24日午前5時半)
7月の北米半導体製造装置メーカーBBレシオ(24日午前7時、SEMI)
【24日(水)】
6月の景気動向指数改定値(午後2時)
気象庁3カ月予報
4~6月期の独GDP詳報(午後3時)
8月のユーロ圏PMI(午後5時)
7月の米中古住宅販売(午後11時)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
おはようございます。
 18日のNY株。
 ダウは23.76ドル高の1万8597.70ドルで、ナスダックは11.49ポイント高の5240.15ポイントと小幅続伸。NYSE出来高は7億5636万株と引き続き閑散。
 この日のダウは材料難で、一時40ドル安まで下げましたが、原油高・ドル安でプラスに転じました。利上げ材料も強弱織り込んで、後は26日のイエレン議長の講演を見ようと言う感じです。

 日本株。
 円高が止まりません。ドル円100円突破で、昨日の後場の株価はずるずると売りに押されました。頼みの日銀ETF買いもありませんでした。結果、日経平均は25日移動平均(16562円)を割り、総合かい離(25、75、200日移動のかい離合計)も再びマイナス圏に転落です。
 今は、この円高が最も大きなリスクですが、財務省、金融庁と日銀の3者が臨時会合を開いたものの、会合後のコメントでは「投機的な動きがあれば必要な対応をきっちりと打つ」としましたが、目新しい発言はありませんでした。逆にこの会合で、99円台は投機的ではない適正な水準と認める結果になっています。これではいけません。99円台を認めると、あっという間に90円台前半に行きかねません。ジャクソンホールでのイエレン議長の動きを見てとか、米大統領選の趨勢を見てとか言っていますが、為替介入は、90円台後半で絶対にやるべきです。日本の国益を第1に考えるのが政治です。日本単独では効かないと言う意見もありますが、やってからの事です。効かなかったら更なる緩和策とか、援護射撃をして日本の力を見せるべきです。
 今日の予定は6月の全産業活動指数(午後1時半)位で、政府要人の発言待ちです。 頑張れニッポン!

 本日の日経平均予想レンジ 16400円―16700円。
おはようございます。
 17日のNY株。
 ダウは21.92ドル高の1万8573.94ドル、ナスダックは1.55ポイント高の5228.66ポイントと小反発。NYSE出来高は7億8946万株。
 前日の弱い地合いを引き継いで売り先行で始まりましたが、午後に公表された7月のFOMC議事要旨で、売り材料となっていた早期利上げへの警戒感がやや後退し、小幅なプラスとなりました。全体としては大きな動きはありませんでしたが、個別株では決算を敏感に反映した売り買いが活発でした。

 日本株。
 一時薄れていた為替との関連性が、ドル100円接近で極端に復活しています。一昨日の100円接近(海外では99円台)で日経平均は273円の大幅安(最近では)となりましたが、昨日は米利上げ早まるで円安(101円)に動いた為149円高と為替次第の日経平均です。今日は、NY市場で利上げ観測が後退したので再び100円接近になっています。株は売り先行で始まりそうです。
 「今日下げるとまちがいなく日銀の買いは入ると思います」と昨日書きましたが、下がらなかったので買いは入りませんでした。まったく同じことが今日も言えます。8月10日に707億円買ってから4営業日買っていません。今日買う可能性は十分です。そう考えられますので下げにくい事になります。短期筋はわずかな値幅でレバETFのトレードをするか、任天堂やソフトバンクの様な個別株に群がるかです。なかなか中小型グロース株に人気が回ってこないのが歯痒いところですが・・。
 12日現在の裁定買い残が何と4734億円になっています。カラカラどころか干からびた状態です。この日は707億円のETF買いが入った翌日です。おそらくETF注文に玉を拠出したものと思われます。(日銀の注文はそのまま場に出さず証券会社が作ります)翌15日裁定買い残株数は8000万株増えています。日銀注文にそなえてすかさず玉を仕込んでいます。この様に、需給関係は圧倒的に買い方有利なのですが・・。本日も為替を見ながらの揉みあいでしょう。
予定は
7月の貿易統計(午前8時50分) 実質輸出入動向(午後2時)
7月の中国70都市住宅価格(午前10時半)
8月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(午後9時半)
7月の米景気先行指数(午後11時)

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16800円。
おはようございます。
 16日のNY株。
 ダウは84.03ドル安の1万8552.02ドル、ナスダックは34.91ポイント安の5227.11ポイントと反落。NYSE(ニューヨーク証券取引所)出来高は7億4947万株と閑散。
 NY連銀のダドリー総裁は、テレビインタビューで「追加利上げを実施できる時期に徐々に近づいている」と発言、9月の利上げも否定をしなかった事を材料に売りが先行しました。このところの株価史上最高値更新を支えていたのは、軟調な経済指標からの利上げ後ずれ観測でした。前日のロックハートアトランタ連銀総裁の同様の発言もあって、FF金利先物に基づく年内利上げの確率は上昇しています。来週26日にはジャクソンホールでのイエレン議長の講演もあり、FRB高官の発言に神経質になっています。明確に業績相場(景気回復相場)のスタートとなる2回目の利上げ実施まではこのような不安定な反応が続くでしょう。しかし、利上げ後は、景気回復相場が鮮明になり、行き過ぎる景気過熱を防ぐ為の量的引き締め開始まで相場は突っ走ると筆者は予想します。
 筆者は決して万年強気論者ではありません。本当は売り場を当てたいと思っています。万年強気のように見えるのは、今は売り場ではないと思っているからです。

 日本株。
 17000円は抜けそうで抜けないなかなか厚い壁ですね。それだけに抜けたら面白い相場になります。
昨日は為替の波乱が株の波乱に伝染してしまいました。このところ連動性が薄れていたのですが。但し、アメリカで利上げ気運が高まりはじめましたので、過度な円高は無いと思います。9月の日銀検証を控えて国内金利が強めに動いたのも原因です。エンドレスな異次元緩和に対する拒否反応か、そろそろ効きはじめる政策を予見した動きか、今後の動きに注目です。
 為替が今後の企業業績に悪影響を与える事は当然の予測です。昨日の日経新聞にあるように8/12現在の第1Q経常利益は前年同期比17%減になっています。岡三証券の1728社の集計では19%減、製造業に至っては25%減となっています。前年同期はドルは120円だったのですから、1年間で20円の円高の影響です。投資家にとっては気持ちの悪い環境ですが、相場的には既に織り込まれています。見ての通りリターンリバーサル(反転現象)が起きています。
 今は金融相場(QE相場)です。QEにどのような影響を与えるかで判断すべきです。悪材料は基本買いなのです。そうは言っても実際強気にはなれない方も多いと思いますが。
 本日の予定の中では材料はなさそうです。やはり為替を怖々見つめる事になるのでしょうか。ただ今日下げるとまちがいなく日銀の買いは入ると思います。
7月の訪日外国人数(午後4時)
7月の半導体製造装置BBレシオ(午後4時、SEAJ)
決算=ドンキホテHD<7532>
EIA週間原油在庫(午後11時半)

 本日の日経平均予想レンジ 16550円―16750円。
おはようございます。
 週明け15日のNY株.
 ダウは59.58ドル高の1万8636.05ドル、ナスダックは29.13ポイント高の5262.02ポイント。ダウは、2営業日ぶりに過去最高値を更新、ナスダックも3営業日連続で最高値更新と好調です。NYSE出来高は7億4117万株と低調ですが、逆に言うと天井を打つ時の過熱感はありません。
 ダウは、欧州株高と原油高で一時1万8668.44ドルまで上昇し、取引時間中の最高値も2営業日ぶりに更新しています。
 注目の8月のNY州製造業景況指数は市場予想を下回りましたが、影響はありませんでした。今のアメリカ株は景気回復相場(業績相場)に移れるかどうかのタイミングにあるので、材料への反応が一定ではありません。2回目の利上げが実施され、明確に景気回復相場に入ったら、悪い指標は即悪材料として反応しますが、今は利上げ後ズレ感で一部分相殺されます。

 日本株。
 日経平均は25日、75日移動平均を抜いてはいますが、明確な先高観も盛り上がらず微妙な動きが続いています。価格帯別売買高の厚い所に差し掛かっているので売りも出やすい所ですが、下がれば日銀の買いが控え(注目の昨日は買いが入りませんでした)下がる事も出来ません。しかし、世界的過剰流動性に押し上げられた海外株高の流れを考えると、ここを抜けるのは時間の問題と考えます。17000円、特に200日移動平均の17200円を超えると、売り屋ファンドの買戻しだけでなく、一般ファンドの持たざるリスクも発生します。今まで売られていた出遅れ株のリバーサル(反転)相場がイメージされます。買いにくい代表だった中国株にも底打ち感が出て来ました。上海総合指数は久しぶりに3100ポイント回復です。
予定
7月の首都圏マンション発売(午後1時)
上場=サツドラホールディングスが東証1部と札証
8月の独ZEW景気期待指数(午後6時)
7月の米住宅着工件数(午後9時半)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
7月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
API週間原油在庫(17日午前5時半)

 本日の日経平均予想レンジ 16800円―17000円。
おはようございます。
 今日8月15日終戦の日は株価的波乱がある日と言われます。1971年金ドル交換停止でのニクソンショックが今日でした。2007年にはリーマンショックの先行的事件だったパリバショックもありました。逆に1990年には日経平均1439円高が記録されています。お盆休みの板の薄さが値動きの波乱を呼ぶからでしょう。
 東証1部売買代金は、10日(水)にはかろうじて2兆円に乗せましたが、12日(金)はSQにもかかわらず2兆1000億円台で確かに閑散です。しかし、10日には2回目の日銀買入れ707億円が入り、下げない相場環境で静かに買い戻しが続いています。そうなると個別株の評価で、不安感多く買い対象とならなかった銘柄にも買いが入って来ます。中国不安で買えなかったコマツの年初来高値更新は代表的な例です。そして、忘れてはならないのが、バリュー割安株の買戻しの陰で調整していた中小型材料株の復活です。
 ベトナムは今雨季で、突然のスコールで名物のオートバイ通勤者はどうなるのかと思って見ていたら、全員が走りながらスピードを緩めることなく器用にカッパを来ます。環境にあったテクニックが自然に身につくようです。今の日本株の環境も、特殊だからと言って愚痴ったり否定するのではなく、こういう環境はしばらく続きますので、走りながらカッパを着るテクニックを研究しましょう。
今日の予定は
4~6月期のGDP(午前8時50分)が最も注目されます。
6月の鉱工業生産・出荷・在庫指数確報(午後1時半)も重要です。
今晩、8月のNY州製造業景況指数(午後9時半)もあります。
休場=韓国(解放記念日振替)、インド(独立記念日)、イタリア、ギリシャ、ポーランド(以上聖母昇天祭)

本日の日経平均予想レンジ 16750円―17000円。
こんにちは。
「私は、インドシナ半島を東から西にひたすら陸路で横断する旅に出ました。スタート地点は、ベトナム南部の大都市ホーチミン。そこから自動車に乗り、国境を越えて隣国のカンボジアに向かい、」で始まる池上彰氏の日経ビジネスの特集記事ASEAN南部経済回廊1200キロの旅から遅れる事1年、しかもスタート地点ホーチミンシティーからドラゴンキングSEZ(経済特別区)までのわずか90キロのミニコースですが、行ってまいりました。
 百聞は一見にしかずとは良く言ったもので、ドラゴンキングSEZは110ヘクタールの大きさですが、行ってみると真っ平らな土地が地平線近くまで続き、アフリカのサバンナに降り立ったような感じでした。その広大な特別区に今は、日本精密株式会社と関係会社1社と異業種の日系企業1社、合計3社しか進出していません。
 ここはカンボジアスバイリエン州の中にありますが、州の人口は70万人ほどですが、日本の昔にあった大家族制で、急激に人口は増えて若い子でいっぱいです。社員の99%がこのスバイリエン州の住民で、当社が近くのお寺で250人の予定で入社説明会を開いたら、3000人の応募があったそうです。日本精密のASEANプロジェクトは単に人件費の問題では無く、人を集められるところとしてカンボジア(しかも農業従事者の多い田舎)を選んだ岡林社長の先見の明です。
 しかし、ただ企業に有利だからと言う姿勢で対応すると、中国で起きている労働問題がいずれ起きます。カンボジア人の為になる事が、日本企業の為になります。工場の中に勉強する教室が有りました。主力のベトナムホーチミン工場は、工業高校や大学を出た教育水準の高い人たち中心で動いていますが、このカンボジア工場は農家の子供たち中心で、数人の日本人と、優秀なベトナム人幹部による教育の場でもあります。50年前、金の卵と称される地方出身者が、一から修行して優秀な金型工になって日本経済を発展に導きました。日本にはもうその土俵がありません。中小企業に入って技術を習得するなどという目的を持った人は極めて少ないでしょう。正に50年前の日本がこのカンボジア工場で誕生しつつあります。カンボジア工科大学から、スキルを身につけた工学系人材を育成する為実習させてくれないかと言う話まで来ているそうです。
 カンボジア人はベトナム人程技術的能力は高く無いかもしれませんが、とても素直なので問題なく吸収出来ると思います。何よりも礼儀正しくて笑顔にとても癒されました。日本精密スタッフによる教育の為もあるでしょうが、昼食時間に大食堂に移動する従業員1200人の様子を見ていたら、走る人、前の人を追い越す人はいませんでした。
 この工場には冷房がありません。暑い国で直射日光は肌を刺しますが、木陰はびっくりするほど涼しいです。工場の天井の高さは13メートルで窓からの風は心地よいです。その涼しい窓から見下ろした先に、国内時計製造会社からの6億円で建てる工場予定地が拡がっていました。今月末地鎮祭、9月から建設が始まります。報告する事はまだたくさんありますが、今日はこの辺で。

... 続きを読む
おはようございます。
 9日のNY株。
 ダウは3.76ドル高の1万8533.05ドル、ナスダックは12.34ポイント高の5225.48ポイント(史上最高値)。NYSE出来高は7億5095万株。
 NY株高を受けて欧州株高、それを受けて再びNY株買いのながれで始まりました。午前にナスダックが高値を更新し、ダウも堅調でしたが、午後はさすがに利益確定売りに押されました。原油価格の弱さも売り材料になりました。

 日本株。
 今週に入ってオプションSQがらみの買戻し相場で、いつの間にか日経平均は16700円台です。今日はSQ最終取引日で、どうやら16750円前後で決まりそうです。売り方はもう少し下を攻めたいところでしょうが、日銀ETF買いは先週木曜日の707兆円買い以降3日間入っていません(支援ETFは毎日12億円買っていますが)ので、下がればすかさず買って来るでしょう。
 7月のオプションSQ値が15331円34銭なので、1400円以上も上での決着となりそうです。1か月前には16000円台は無理と言うのが大勢でした。日銀買いによるいびつな相場との見方もありますが、これこそが相場と言うものです。しかし、上がったとは言え、まだ17000円にも届いていません。コア30中心の主力株の戻りですから、個人好みの動きでもありません。勝負はこれからです。外人中心に、日銀以外の援軍が湧いてくるか。期待を持って見守りましょう。
 予定は
6月の機械受注(午前8時50分、内閣府)
7月の企業物価(午前8時50分、日銀)
6月の第3次産業活動指数(午後1時半、経産省)
◆決算=ルネサス<6723>、損保JPNK<8630>、昭和シェル<5002>
EIA週間原油在庫(午後11時半)。

 本日の日経平均予想レンジ 16600円―16800円。

 今日から4日程、日本精密のカンボジア工場見学です。ベトナム(ホーチミン)から、車でカンボジアに入ります。この暑いときに更に熱い所に行くわけですが、頑張ってしっかり見て来ます。勿論復興するアジアの象徴でもある、ベトナムとカンボジアの情勢も、短い時間ですが感じて来ます。本ブログはその間休ませて頂きます。予定通りなら日曜日にまたお会いします。
おはようございます。
 週明け8日のNY株。
 ダウは14.24ドル安の1万8529.29ドル、ナスダックは7.98ポイント安の5213.14ポイントと小反落。NYSE出来高も7億9372万株と低調。(高値での出来高低調は悪い事ではありません) 夏季休暇シーズンに入っている市場は、閑散の中、薬品株などに売りが出て、高値圏での利益確定売りにも押され若干のマイナスとなりました。
 雇用統計の数字から、年内利上げ観測が再燃しています。FF金利先物で算出する年内利上げの確率は48%に上昇しています。ただ、年1回の利上げはマーケットは織り込んでいるようです。原油先物は、OPECの非公式会合が9月に開催される事を評価し43ドル台へと大幅反発です。

 日本株。
 昨日はオプションSQ週の月曜日ながら、木曜休みの変則週で、早くもSQがらみの緊張した攻防戦で、筆者がちょっと強気に予想したレンジ上限の16600円を上回りました。上がると買いが入ってくる踏み上げ型の相場です。前日のコールオプションの建玉はインザマネー(16500円―16625円)で1万7000枚ありました。今日もその攻防性が続きます。
 決算発表が佳境ですが、トヨタ型(予想より悪い結果が出ても株価は上がる)の動きが目立ちます。我々が考える以上に悪材料を織り込んでいた事になります。中国の貿易統計も悪い数字でしたが、上海総合指数は逆に3000ポイントを回復しました。
 今は日銀以外に大きな買い主体はいません。変則市場ではありますが、ジリ高になれば、買戻しと共に、「持たざるリスク」で買い主体はいつの間にか現れます。
今日の予定は
7月のマネーストック(午前8時50分、日銀)
決算=大和ハウス<1925>、第一生命<8750>、T&D HD<8795>、東京海上<8766>、資生堂<4911>、ブリヂストン<5108>
7月の中国消費者物価▽卸売物価(午前10時半、国家統計局)
4~6月期の米労働生産性・単位労働コスト(午後9時半)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
API週間原油在庫(27日午前5時半)

本日の日経平均予想レンジ 16500円―16750円。