おはようございます。
 30日のNY株。
 ダウは48.69ドル安の1万8454.30ドル、ナスダックは9.34ポイント安の5222.99と反落。NYSE出来高は7億5453万株。
 このところフィッシャーFRB副議長の発言に注目が集まる中でこの日は、ブルームバーグテレビのインタビューで、「労働市場は完全雇用に近づいている」と発言し、早期利上げムードが高まり、株価の上値を押さえました。
 経済指標として注目されていたコンファレンス・ボード8月の消費者景気信頼感指数は101.1と、前月の96.7から大幅に改善され、S&Pケース・シラー住宅価格指数の低調な数字を相殺しました。
 事件としては、前日元気だったアップルに最大130億ユーロ(約1兆4900億円)の追徴課税問題が発生し一転して売られダウを押し下げました。金融株は引き続き買われています。

 日本株。
 昨日は予想通り雇用統計待ちの超閑散相場となりました。引けに3000億円のクロス的な出来高が加わりましたが、これが無いと東証1部売買代金は1兆3千億円台の記録的な数字になるところでした。
 しかし、やはり何かが変わってきた感じはします。ドル円が底入れシグナルとも言える8月8日の102円66銭を抜いてきました(6時半現在103円ちょうど)。総合かい離が再びプラスとなり、定着する感じです。昨日40%台に戻りましたが、空売り比率が29日に36.1%と突如下がりました。これは6月16日に44.8%の最高値を記録して以来の低い数字です。
 さてそろそろ中小型個別株の反撃です。為替差損や高級時計のインバウンド爆買い終了で元気がなかった7771日本精密ですが、反撃体勢が整った模様です。先日の工場見学でベトナム、カンボジアの生産ラインの余裕はこの目で見てまいりましたが、その生産ラインを生かす商談が着々と進んでいるようです。停滞していた高級時計も昨日の日経新聞13面で紹介されている様に、カシオのオシアナスの売れ行きがペアルック戦略で盛り返しつつあります。セイコーのアストロンも若干低調だった売れ行きが盛り返しています。ウエアラブル端末に代表される異業種からの商談も複数寄せられているようで、精密金属部品加工技術は時計業界だけでなく他業種から大きく注目されています。当社の得意とする金属表面処理は、技術的優位性もさることながら、環境規制や技術者・後継者不足で中国での増産が無理になり、日本企業は喫緊の対応に迫られています。自動車やIT関連企業や更に予想もしない業界からの商談の可能性もあります。仕手筋その他の株式需給面での雑音はすべてクリアになりました。これから純粋に日本精密の将来性に投資するタイミングが再び到来したと思います。

本日の日経平均予想レンジ 16800円―16900円。
スポンサーサイト
おはようございます。
 29日のNY株。
 ダウは107.59ドル高の1万8502.99ドル、ナスダックは13.41ポイント高の5232.33ポイントと反発。イエレンFRB議長やフィッシャー副議長の発言を受けて金融株が買われました。しかし、NYSE出来高は6億5987万株と超閑散です。
 イエレン・フィッシャー発言の当日である26日の相場は神経質な値動きで、利上げに対して半信半疑の見方もあって、材料の織り込みは週明けの動きを見ようとの投資家も多かったようです。その結果が、利ザヤ拡大を材料に金融株は買われましたが全体としては超閑散でした。
 市場の9月利上げについては、CMEの金利先物に基づいた利上げ確率は21%になって、26日の33%から逆に鎮静化しています。やはり週末の雇用統計を見てからという事でしょうか。雇用統計の市場予想は、非農業部門就業者数前月比18万人増となっています。

 日本株。
 イエレン・フィッシャー発言を受けて102円台に動いたドル円は、更なる円安が期待されましたが、9月利上げ気運の鎮静化と共に、6時半現在101円91銭と勢いを失っています。
 確かに、11月8日の大統領選と日程を絡めて見ると、9月21日実施は相当数字が大きくないと出来ない感じです。勿論次の11月2日は選挙直前で論外で、やはり新大統領が決まって1か月後の12月14日が妥当なところです。この時景気指標が良ければ、景気回復を宣言して新大統領のスタートに文字通り景気をつけると言うシナリオです。なにかが変わったと思ったのですが、あまり変わっていないようです。
そうなると今日の日本市場も雇用統計待ちの閑散相場という事になります。
予定は、
7月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半)
7月の家計調査(午前8時半)
7月の民生用電子機器国内出荷(午後2時)
8月のユーロ圏景況感指数(欧州委)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
6月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
8月のコンファレンス・ボード消費者景気信頼感(午後11時)
API週間原油在庫(31日午前5時半) となっています。

本日の日経平均予想レンジ 16600円―16750円。
おはようございます。
 ジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演内容の結果ドル円は101円80銭で先週を終えていますが、マーケットに無視されたような感じですが日銀の黒田総裁も同会合に出席し、重要な発言をしています。今までの政策の効果を述べ、マイナス金利も深掘りする可能性を示唆しています。おそらく「9月の政策検証」は、政策の方向を変えるものでは無く、今回ジャクソンホールでの発言内容と同様なものになる事が考えられます。
 マスコミ等ではマイナス金利の弊害のみが強調されていますが、政策としてプラスマイナスしたら必ずしも、金融緩和政策に対して弊害になっているわけではありません。日銀はそのへんを「検証」で数字に表すことが考えられます。
 日銀のETF買いによって市場原理が歪められていると言われていますが、市場原理とはなんでしょうか。すべての条件が織り込まれていれば、それが市場原理ではないでしょうか(効率的市場仮説)。2013年の外国人投資家の年間買い越し額は15兆円を超えていました。この時誰か市場原理が歪められていると批判しましたでしょうか。
 今日の市場は経済指標発表等の材料はありません。先週の円安傾向が持続できるかで、上値をどこまで伸ばせるかという一日になると思います。
 本日の日経平均予想レンジ 1万6500円―1万6750円。
おはようございます。
 ジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演はドル高円安となって、日本株にとっては良い結果となりました。後は、今週末の雇用統計ですが、その他の予定を拾って見たら、重要なものがこんなにあります。

本日は予定表のみとなってしまいましたが、詳しい相場観は、本日アップの東洋経済オンラインのマーケットの筆者コラムをお読みください。

【29日(月)】
7月の米個人所得・消費(午後9時半)
休場=英(サマー・バンクホリデー)、フィリピン(英雄記念日)
【30日(火)】
7月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半)
7月の家計調査(午前8時半)
7月の民生用電子機器国内出荷(午後2時)
8月のユーロ圏景況感指数(欧州委)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
6月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
8月のコンファレンス・ボード消費者景気信頼感(午後11時)
API週間原油在庫(31日午前5時半)
【31日(水)】
7月の鉱工業生産・出荷・在庫指数(午前8時50分)
布野日銀審議委員会見(午後2時、ホテルオークラ新潟)
7月の自動車生産・輸出実績(午後1時)
7月の住宅着工(午後2時)
8月の日銀当座預金増減要因と金融調節(午後7時半)
8月の独雇用統計(午後5時)
7月のユーロ圏失業率(午後6時)
8月のユーロ圏消費者物価(午後6時)
4~6月期のインドGDP(午後9時)
8月のADP全米雇用報告(午後9時15分)
8月のシカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
4~6月期のブラジルGDP(地理統計院)
■9月■
【1日(木)】
4~6月期の法人企業統計(午前8時50分)
8月の新車販売(午後2時)
8月の中国製造業PMI(午前10時)
8月の財新・マークイット中国製造業PMI(午前10時45分)
8月の企業人員削減数(午後8時半、チャレンジャー・グレー&クリスマス)
4~6月期の米労働生産性・単位労働コスト改定値(午後9時半)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半)
8月の米ISM製造業景況指数(午後11時)
7月の米建設支出(午後11時、商務省)
8月の米新車販売(2日朝)
【2日(金)】
8月のマネタリーベース(午前8時50分、日銀)
8月の消費動向調査(午後2時)
8月31日時点の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額▽受け入れ担保残高(午後5時
8月の米雇用統計(午後9時半)
7月の米貿易収支(午後9時半)
7月の米製造業出荷・在庫・受注(午後11時)
【4日(日)】
G20首脳会議(5日まで、中国・杭州市)
2016.08.27 来週の相場。
おはようございます。
 週末26日のNY株。
 ダウは53.01ドル安の1万8395.40ドル、ナスダックは6.72ポイント高の5218.92。NYSE出来高は8億2191万株。
 注目されていたジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演内容は、予想通りで、フィッシャーFRB副議長やアトランタ連銀のロックハート総裁のタカ派発言よりは穏やかなものでしたが、追加利上げの条件が高まっていることを指摘し、年内利上げの可能性が更に高まりました。9月利上げ説も浮上してダウはマイナスになりました。
 この9月利上げの鍵を握るのが、来週末9月2日の雇用統計です。現在のところ、短期金利先物から計算される利上げ確率は、9月が36%、年内62.9%となっています。
 なぜこの2回目の利上げがこれほど注目されるかと言うと、この利上げで、リーマンショック以降8年間続いたアメリカ株の上昇相場がようやく終焉を迎えると言う相場観があるからです。景気サイクルから言ってもこの連続上昇はイレギュラーで有ると言う説です。
 過去のNYダウの上昇期間を見て見ると、1942年6月のミッドウェー海戦勝利から国際連合、IMF発足と言う、国際秩序再構築相場でも5年、その後朝鮮戦争で始まりスエズ動乱(1956年10月)で終わる相場も上昇は7年でした。黄金の60年代と称される1958年―1965年の相場も8年上昇ですが、間のキューバ危機の短期下げで分断されています。
 しかし、1987年10月のブラックマンデーの底値を出発点とする相場は、ベルリンの壁崩壊で一人勝ちになったアメリカの力で、日本のバブル崩壊後も上昇を続け、ユーロ導入までの12年の上昇相場でした。現在のアメリカは、当時の「一人勝ちのアメリカ」ほどの優位性はありませんが、世界が景気減速の混乱の中に居るのに、いち早く抜け出して正常化の道を歩もうとしています。
 今回の2回目の利上げを、8年相場の終焉と決めつけるのはどうでしょうか。株式相場循環論から言うと、世界は異次元緩和に支えられた金融相場ですが、アメリカは業績(景気回復)相場に入るところです。景気回復相場では利上げが2回、3回、4回と続きますが、並行して株価も上昇します。その意味ではこれから来る2回目の利上げは、景気回復相場の始まりとも言えます。
相場の終焉か、新しい相場の始まりか。この180度違う議論はこれから佳境に入ります。

 日本株。
 方向感のない閑散相場が続いています。昨日は日銀ETF買いが入ったにもかかわらず200円近い下げは少しショックだったのではないでしょうか。昨日の前引けは0.65%のマイナスで、有る無しクイズは当然有りですので、後場寄りから高いと思っていたら逆でしたから。やはりイエレン議長の講演が最も重要と考えたのでしょうか。
 そのイエレン議長の講演内容は上述の通りですが、前週の高官タカ派発言にもかかわらず100円台を抜け出せなかったドル円が何と101円80銭です。来週は買い先行で始まるでしょう。週末の雇用統計を材料に、神経質な流れは簡単には変わらないと思いますが。
 来週の日経平均予想レンジ 16300円―17300円。
 
おはようございます。
 25日のNY株.
ダウは33.07ドル安の1万8448.41ドル、ナスダックは5.50ポイント安の5212.20と小幅続落です。引き続きジャクソンホールでのイエレン議長の講演待ちです。

 日本株。
 23日(火)に日銀のETF買いが入ったかなと思われる場面がありましたが、買いは入っていませんでした。昨日も同じような感じがありましたが、その後の動きや売買代金1兆7千億円を考えると、23日と同じように買いが入っていないと判断されました。しかし、今回は買っていました。23日は買わず昨日買った違いは何だったのでしょうか。
 良く言われるのが前引けのマイナス度です。23日の前引けは16561円02銭で前日(16598円19銭)比マイナス0.23%でした。昨日のそれはマイナス0.26%です。結果、マイナス0.23では無しでマイナス0.26では有りという事になります。
 もう一つ言われるのが前場安値からの戻り度も考えられていると言う説です。この辺になると都市伝説的になりますが、前場安値を付けた後、23日は前日比マイナス0.13%まで戻りましたが、昨日はマイナス0.18%までしか戻りませんでした。戻り度合いを考えると、マイナス0.13では無し(戻り過ぎ?)でマイナス0.18では有り。どこかのテレビで見た有り無しクイズですね。
 今日はETFの話題だけになってしまいましたが、もう一つ重要なことを申し上げておきたいと思います。この日銀の買いはPKO(株価維持・買い支え)ではないという事です。結果的に下値支えになっていますが、異次元緩和の重要なツールで株式市場を通して世の中に流動性(おカネ)を供給しているだけです。株を買う事によって日銀に値下がりによる損失が出るから買うのをやめろとか、バランスシート上買えなくなるとかと言う意見は的外れです。この辺はまたの機会にお話ししたいと思います。

 本日の日経平均予想レンジ 16500円―16700円。
今日の予定は
7月の全国▽8月の東京都区部消費者物価(午前8時半)
基調的なインフレ率を捕捉するための指標(午後2時、日銀)
GPIFが16年度第1四半期運用実績を公表
7月のユーロ圏M3(午後5時)
4~6月期の英GDP改定値(午後5時半)
4~6月期の米GDP改定値(午後9時半)
4~6月期の米企業利益(午後9時半)
7月の米・財の貿易収支(午後9時半)
8月の米ミシガン大消費者景況感指数確定値(午後11時)
米カンザスシティー連銀主催のジャクソンホール会合開催中(27日まで)
◇イエレンFRB議長講演
明日27日(土)
ジャクソンホール会合最終日
日韓財務対話(ソウル)、アフリカ開発会議首脳会議(28日まで、ナイロビ)
おはようございます。
 24日のNY株.
 ダウは65.82ドル安の1万8481.48ドル、ナスダックは42.38ポイント安の5217.70と反落。NYSE出来高7億5628万株。
 昨日の注目予定に上げていたEIA週間原油在庫が予想に反して増加していた為原油が売られ、7月の中古住宅販売件数も前月比3.2%減と予想を大きく下回り、株式市場は売り先行となりました。ただ、イエレンFRB議長の講演を控えて様子見ムードもあって、大きく売り込まれることはありませんでした。
 イエレン議長の講演では、インフレ目標などフォワードガイダンスの方法に関する発言があるのではないかと注目するむきもあります。

 日本株。
 引き続き方向感のない展開が続いています。為替は100円台から動かず再び90円台突入の不安を抱えながら、下がれば入るだろう日銀ETF買いを考えると、買えず売れずの状態です。では個別株という事になりますが、対象が継続せず、流れに付く事も出来ません。半導体関連、バイオ関連と、動意は見られるものの、投資家は半信半疑で資金が集まりません。期待したバイオ関連の続伸も不発です。ただ、指標の4565そーせいグループや4587ペプチドリームの動きは下げるわけでは無く煮詰まって来た感じはあります。昨日のNYでバイオ関連が弱いので、今日持ちこたえられれば面白いのですが。
 ただ、今日も基本はジャクソンホール待ちでしょう。特にNY株解説にあるようにイエレン議長の講演で新しいテーマを発表するのではないかと言う期待が出て来ました。日銀の「9月検証」と符合します。中身は違いますが、日米とも金融政策の曲がり角に差し掛かっているような気がします。9月20-21日同時開催されるFOMCと日銀政策決定会合が、相場の趨勢を決めそうです。そうなるとこの閑散揉みあい相場が9月20日まで続くのかという事になりますが、9月初めに変化はありそうです。
 日銀のETF買いの実行ルールは月ごとに微調整されているようですが、日銀の月初め第2営業日9月2日にどう動くか?金額・買いタイミングのルール変更で動きがありそうです。当然ポジティブ材料として。
 そして、今週末のジャクソンホールから来週末の雇用統計を反映したNY株の動きも重要な日本株決定ファクターです。
今日の予定
7月の企業向けサービス価格指数(午前8時50分)
8月の独IFO景況感(午後5時)
米カンザスシティー連銀主催のジャクソンホール会合(27日まで)
7月の米耐久財受注(午後9時半)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半)

本日の日経平均予想レンジ 16500円―16700円。
おはようございます。
 23日のNY株。
 ダウは17.88ドル高の1万8547.30ドル、ナスダックは15.48ポイント高の5260.08と小反発。NYSE出来高は7億3439万株。
 7月の新築住宅販売件数が前月比12.4%増の65万4000戸と発表され、予想の58万戸を上回りました。しかし、景気の先行きへの安心感と早期利上げへの警戒感が交差し、いったん上昇するものの上値の重い展開でした。結局26日のジャクソンホールのイエレンFRB議長の講演を控えた様子見の1日となりました。
 景気指標と利上げとの力関係は、今の時期は6(景気)対4(金利)位だと筆者は思います。この日はそんな感じでした。これが、2回目の利上げがあった暁には、景気が過熱して量的引き締めがあるまで、8(景気)対2(金利)位になると思っています。つまりほとんど景気指標に反応するという事です。 因みに日本ではこの関係は4対6です。金融相場ですから。

 日本株。
 昨日は一瞬ETF買いが入ったかと思われる動きがありましたが、その後の動きが示す通り、買いが入った形跡はありませんでした。これで8営業日買っていない事になります。6兆円の追加緩和策を発表してからまだ2回しか買っていませんが、年間で90回近く買わなければ6兆円は消化できませんので予定通り買えるのかと言う疑問が生じます。下げない日でも買う方針にするのか、買えなかったら未消化分はどうなるのかなどと考える事になります。買いの基準ははっきりしませんが、日銀内では決まっていると思います。ただそれは随時変更になっている様です。但し毎月第2営業日からの1か月間は変更しないようです。次の変更日は9月2日です。これで9月相場の色が決まります。
 昨日の市場の動きは、おそらくそれに備えた一部証券会社の手当て買いではなかったかと思われます。日銀の買いは、前にもこのブログでご説明いたしましたが、信託銀行からのバスケット買いは直接市場に出るわけでは無く約定は証券会社が作ります。その為には手持ちがないといけませんので、事前に仕込んでおく必要があります。相場観で買った在庫ではありませんで先物ヘッジがついています。注文に応じて信託銀行に現物を渡す時ヘッジを解かなければなりません。結局は、先物買いや在庫の少なくなったトヨタの様な主力株を買わなければなりませんので、市場に直接注文が出たと同じことになります。
 今日もドル円やETF買いの思惑をはらみながらの揉みあいを予想します。引き続き個別株で対処ですが、昨日動いたバイオ関連株が続伸するか注目です。ここが復活して来ると個人投資家は元気が出るのですが。
 SBI証券の岩田シニアアナリストに聞いたら、上場バイオベンチャー企業は42社ありその時価総額は1兆5千億円だとの事です。ファイザーのメディベーション買収額は1兆4000億円ですから、買収案件が発生したら途轍もない変身をする可能性のある企業が今の日本に42社あるわけですから(もちろん実現するのはわずかでしょうが)、バイオ株人気には夢があります。4875メディシノバもその1つです。
 本日の日経平均予想レンジ 16450円―16700円。
予定は
6月の景気動向指数改定値(午後2時)
8月の月例経済報告(関係閣僚会議終了後)
4~6月期の独GDP詳報(午後3時)
8月のユーロ圏PMI(午後5時)
7月の米中古住宅販売(午後11時)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
おはようございます。
 週明け22日のNY株。
 ダウは23.15ドル安の1万8529.42ドル、ナスダックは6.22ポイント高の5244.60ポイントとまちまちの動きでした。NYSE出来高は7億0341万株と閑散。
 こののところ強かった原油相場が反落しエネルギー関連中心に売られましたが、人気の無かったバイオ関連株が、ファイザーのメディベーション140億ドル(約1兆4000億円)買収を材料に買われました。日曜日のフィッシャーFRB副議長の講演内容も悪材料と評価されていました。ただ、年内利上げの評価は一定では無く、利上げは米経済の堅調さを示すものとしてポジティブに評価する向きもあります。

 日本株。
 18日の259円安で25日移動平均を切ってしまった日経平均は、50円づつですが2日間の上げで再び回復して、25日、75日移動平均の上になりましたが、先週あれだけ金融当局要人のタカ派発言があったにもかかわらず100円台を抜け出せなかったドル円は本日また100円方向に動いており、閑散且つ不安定な株式市場が続きそうです。
 個別株をピンポイント的に当てなければ良い成績が出せない状態です。逆にネガティブ情報には余りに過敏に反応する今の市場です。今回サイバーダインに対するシトロン・リサーチのレポートで株価が大きく下がっていますが、サイバーダイン側の丁寧な反論にもかかわらず下げ止まりません。レポートにはかなりの事実誤認があると思われますが、風説の流布と決定ずけることは難しいと思われます。日本ではこのようなレポートに慣れていませんので、売りが売りを呼ぶ結果になっていますが、サイバーダインの将来性を評価してエントリーした投資家なら、反論レポートをしっかり吟味して冷静な判断が必要ではないでしょうか。この様なパターンが定着しますと失望した投資家が市場から益々はなれる事になります。市場を守るのは投資家自身です。

 本日の日経平均予想レンジ 16500円―16650円。
予定は
フィンテックフォーラム(午後1時、日銀本店)
◇黒田日銀総裁がフィンテックフォーラムであいさつ
20日現在の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額(午後5時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
7月の米新築住宅販売(午後11時)
API週間原油在庫(24日午前5時半)
7月の北米半導体製造装置メーカーBBレシオ(24日午前7時I)
おはようございます。
 昨日行われたコロラドでの講演会で、FRBのフィッシャー副議長が、米経済がすでにFRBの目標達成に近く、経済成長は今後勢いを増すだろうと述べました。既にウィリアムズサンフランシスコ連銀総裁、NY連銀のダドリー総裁、アトランタ連銀のロックハート総裁がタカ派的意見を述べていて、年内利上げの警戒感が急速に高まっています。
 NY株はダウ、SP500、ナスダック共高値圏でのもみ合いになっていますので、「利上げ早まる」の材料で急落を予想する方も多いと思いますが、筆者は、以前から言って居ますように、この2回目の利上げで完全に業績相場(景気回復)相場に入ると思っています。短期的に波乱はあってもその後は高いと思っています。フィッシャー副議長が講演で述べたように、利上げは米経済の成長が今後勢いを増すという事の宣言でもあるからです。
 利上げによって新興国が打撃を受け世界経済が失速すると言う意見もありますが、昨年12月に1回目の利上げをして8か月が過ぎ、その1回目の利上げまで1年近くの議論が交わされ、今の世界の投機資金は、既にすべてを飲み込んでいると考えられます。新興国から離れた資金も戻りつつあります。
 と、思っていますが、現実の日本株はなかなか方向感が出ません。投資主体別売買動向を見ても、17000円近くまで戻った8月第2週は個人、外国人ともしっかり売り越しです。上値を突き抜けるまで我慢のところです。
 当然下値波乱もあります。日銀の買いに支えられているとは言え大きな外圧には抗しきれません。もし、2回目の利上げがNY株の終わりだったら、ドル高円安なのに日本株が下がる事もあります。最後のより所は個別企業への信頼です。頑張りましょう。
今日は、ドル高円安気味ですから波乱は無いと思います。
 
 本日の日経平均予想レンジ 16450円―16700円。
予定は、7月の粗鋼生産(午後2時)、7月の主要コンビニ売上高くらいです。