おはようございます。
 30日のNY株。
 ダウは、69.17ドル高の2万0728.49ドル、ナスダックは16.79ポイント高の5914.34と反発。ナスダックは5連続高で終値ベースの史上最高値を更新しました。NYSE出来高は7億6134万株。
 注目されていた16年10~12月期実質GDP確定値は、前期比2.1%増で、改定値(1.9%増)から上方修正されました。特に、GDPの7割を占める個人消費が3.5%増(改定値は3.0%増)と強い数字を示しました。これを受けて、金利は上昇し昨日売られていた金融株が買い戻されました。前日はサンフランシスコ、ボストン連銀両総裁の、年内あと3回利上げのタカ派発言もありました。原油先物も3週間ぶりに50ドル台を回復しました。その割にダウの伸びが鈍いのは、トランプ政権への不安感が根強い為と思われます。

 日本株。
 昨日は、前日の権利落ちを考えると実質150円高を帳消しにする下げでしたが、2時過ぎに日銀買いを期待していた先物筋の投げによるものです。実際日銀ETF買いは入っていませんでした。
 今日は、為替111円台後半、原油50ドル乗せで買い戻しも入り、週末ですが年度末でもありますのでしっかり基調の1日になると思います。但し、日経平均は昨年3月(16758円)、今年9月(16449円)に比べかなり高い位置にありますので、来年度のスタートを低くするため逆ドレッシングが入るかも知れません。とにかくナスダックの史上最高値が示すように、グロース株中心の中小型個別物色です。
 本日の日経平均予想レンジ 19150円ー19250円。
予定
2月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半、厚労・総務省)
2月の全国▽3月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
2月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
2月の住宅着工▽建設受注(午後2時、国交省)
上場=ネットマーケティング<6175>がジャスダック
2回目のプレミアムフライデー
プロ野球開幕(各地)
3月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
3月の独雇用統計(午後5時、労働局)
3月のユーロ圏消費者物価(午後6時、EU統計局)
10~12月期の英GDP確定値(午後5時半)
クーレECB専任理事が講演(午後6時、ブリュッセル)
2月の米個人所得・消費(午後9時半、商務省)
3月のシカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
3月のミシガン大消費者景況感指数確報値(午後11時)
おはようございます。
 29日のNY株。
 ダウは42.18ドル安の2万0659.32ドル、ナスダックは22.41ポイント高の5897.55ポイントとまちまち。NYSE出来高は7億2774万株と低調。
 経済指標の発表はありませんでしたが、トランプ政策への不安感は続き、長期金利低下で金融株が売られています。反面、エネルギー情報局(EIA)発表の石油在庫が市場予想を下回った為、原油先物が49ドル台後半まで続伸し、エネルギー株が買われてダウの下値を支えました。
 日本株。
 日経平均は3月の配当落ちを1日で埋めると言う、不安が多い割には強い動きを示しました。4月は外国人買いが入る習性があります。岡三証券調べの昨年4月の外国人現物先物合計手口は1兆4218億円、一昨年は2兆24億円の買い越となっています。理由はいくつかあるようですが、税還付の影響が大きいと思います。ただ、今年はトランプ政権の混乱で少し遅れると言う情報もありますので要注意です。
 IPOラッシュは続きますが、今日はスシローです。どんな人気になるか注目です。幹事会社は新規顧客獲得につなげているようですので、市場の活性化につながるかどうか。
 東芝の臨時株主総会がありますが、半導体事業は今最も忙しいようで稼ぎ頭です。高く売れると思いますが、心臓を売って生き残れるのでしょうか。

 本日の日経平均予想レンジ 19100円ー19200円。 引き続き個別株です。ハイテク中心の米ナスダックもあと6ドルほどで史上最高値更新です。

 予定
3月上旬の貿易統計(午前8時50分、財務省)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
東芝<6502>の臨時株主総会(午前10時、幕張メッセ)
2年利付債(4月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分)
上場=スシローグローバルホールディングス<3563>が東証1部▽ユーザーローカル<3984>がマザーズ
日ロ戦略対話(都内)
メルシュECB専任理事が講演(午後3時、フランクフルト)
3月のユーロ圏景況感指数(午後6時、欧州委)
10~12月期の米GDP確定値(午後9時半、商務省)
10~12月期の米企業利益確定値(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)

おはようございます。
 28日のNY株。
ダウは150.52ドル高の2万0701.50ドル、ナスダックは34.77ポイント高の5875.14ポイントと反発。ダウは9日ぶりの反発。ナスダックは3日連続高。

 日本株。
 昨日の日経平均は、前日の買戻しもあり200円を超す反発となりましたが、機関投資家の分配金確保や再投資の買いが入って居た為参考にはなりません。本日からが春相場のスタートです。毎回の事ですが、今日1日で配当落ちを埋めるかが注目されます。埋めたら春相場は強いと判断されます。難しいところですが、NY株反発、111円台に戻った為替、原油もしっかりで、条件は悪くありません。期待します。
 それにしても毎日毎日IPOが続きますね。個別株が注目されるのは良い事で、個人投資家の資金も潤沢な為、他銘柄が売られる事もありません。

 本日の日経平均予想レンジ 19150円ー19250円。

 予定
2月の商業動態統計(午前8時50分、経産省)
2月の自動車大手8社生産・販売・輸出(午前11時=スズキ<7269>、富士重<7270>、ダイハツ、午前11時半=マツダ<7261>、午後1時半=トヨタ<7203>、日産自<7201>、三菱自<7211>、午後2時=ホンダ<7267>)
上場=オークネット<3964>が東証1部▽日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>が東証インフラファンド
EIA週間原油在庫(午後11時半)
プラートECB専任理事が講演(30日午前1時50分、フランクフルト)
メイ英首相がEU離脱を通告
サムスン電子が新型スマホ発表

おはようございます。
 週明け27日のNY株。
 ダウは45.74ドル安の2万0550.98ドル、ナスダックは11.63ポイント高の5840.37ポイントとまちまちの動きでしたが、ダウの下げは8連続で2011年8月以来の事。NYSE出来高は8億2396万株。
 トランプ政策が現実の壁に直面して、入国禁止令は法廷で敗北し、オバマケア代替法案可決見通し立たず撤回となれば、次に控えるトランプ期待のシンボルでもある大型減税とインフラ投資の実現性に疑問符が付くのは当然です。
 ただそれでもダウが2万ドルを維持しているのは、入国禁止令やオバマケア否定が必ずしも市場にとってマイナスではないからです。「現実の壁」でトランプ大統領の「困った部分」が中和され、かえって良好な政策になって行くのではないかと感じているのではないでしょうか。ダウは史上最高値から565ドル(2.67%)、ナスダックにおいてはまだ64ポイント(1%)しか下がっていません。
 日本株。
 こちらも、相場が終わった訳では無く、昨年末から続く高値揉み合いの中にいます。勿論1月18日や昨年12月8日と9日の窓うめ18750円前後を切るといったんロスカットです。国内の政局中枢への不透明感も出ていますが、海外次第の相場が続きます。
 本日権利付最終日で配当分は130円―140円と試算されます。機関投資家の分配金確保や再投資の買いと、米国の波乱無しで反発が予想されます。
 本日の日経平均予想レンジ 19050円ー19250円。

 予定 今日も海外が多いです。
上場=ズーム<6694>、No.1<3562>がジャスダック
決算=ニトリHD<9843>
クーレECB専任理事発言(午後4時、フランクフルト)
クーレECB専任理事討論(午後8時45分、ブリュッセル)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
1月の米S&Pケース・シラー住宅価格指数(午後10時)
3月の米消費者景気信頼感指数(午後11時、コンファレンス・ボード)
イエレンFRB議長講演(29日午前1時50分、ワシントン)
パウエルFRB理事講演(29日午前5時半)
API米週間原油在庫(29日午前5時半)

 筆者のセミナーが開かれます。
① 横浜セミナー  2017年4月8日(土)14:00~15:40(開場13:15)
② 名古屋セミナー 2017年4月15日(土)14:00~15:40(開場13:15)

トランプ相場の行方、ここでしか話せない銘柄裏話(そのために日々取材に歩いています)をします。人数限定ですが、入場無料です。タチバナストックハウスで検索してキャンペーン・ピックアップ情報の筆者のセミナーのところをポチットしてください。

2017.03.25 来週の予定。
おはようございます。
 週末24日のNY株。
 ダウは59.86ドル安の2万0596.72ドル、ナスダックは11.05ポイント高の5828.74ポイントとまちまちの動きでしたが、ダウは7連続安となりました。オバマケア見直し法案の採決が決着していません。
 日本株。
前日の日銀ETF買いが予想外と認識され、為替・株共に強い動きでした。微妙に交差する今の需給関係ではやはり日銀の買いは大きいですね。来週の日経平均予想レンジ 18800円ー19550円。

 いつも本ブログを見て頂いて有難うございます。
小旅行の為、日曜日と月曜日休ませて頂きます。
英気を養い、火曜日からまた元気いっぱいがんばります。

 来週の予定 引き続きIPOが多く、米国の景気指標も大量ですね。
【27日(月)】 2月の企業向けサービス価格(午前8時50分、日銀)
3月15・16日の金融政策決定会合の「主な意見」(午前8時50分、日銀)
上場=ティーケーピー<3479>がマザーズ
2月のユーロ圏M3(午後5時、ECB)
3月の独IFO景況感指数(午後5時)
【28日(火)】 上場=ズーム<6694>、No.1<3562>がジャスダック
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
1月の米S&Pケース・シラー住宅価格指数(午後10時)
3月の米消費者景気信頼感(午後11時、コンファレンス・ボード)
API米週間原油在庫(29日午前5時半)
【29日(水)】 上場=オークネット<3964>が東証(市場区分未定)▽日本再生可能エネルギーインフラ投資法人<9283>が東証インフラファンド
EIA週間原油在庫(午後11時半)
サムスン電子が新型スマホ発表
アラブ連盟首脳会議(アンマン)
【30日(木)】 週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
東芝<6502>の臨時株主総会(午前10時、幕張メッセ)
上場=スシローグローバルホールディングス<3563>が東証(市場区分未定)に上場▽ユーザーローカル<3984>がマザーズ
3月のユーロ圏景況感指数(午後6時、欧州委)
10~12月期の米GDP確定値(午後9時半、商務省)
10~12月期の米企業利益確定値(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
日ロ戦略対話(都内)
【31日(金)】 2月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半、厚労・総務省)
2月の全国▽3月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
2月の家計調査(午前8時半、総務省)
2月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
2月の住宅着工▽建設受注(午後2時、国交省)
3月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
3月のシカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
3月のミシガン大消費者景況感指数確報
おはようございます。
 23日のNY株。
 ダウは4.72ドル安の2万0656.58ドル、ナスダックは3.95ポイント安の5817.69ポイントと小幅ながら続落。NYSE出来高は8億0527万株。
 下院でのオバマケア見直し案の採決問題に振り回される1日でした。法案通過の予想が高まり株価は反発しましたが、結局共和党内での調整が難航して採決延期となり、ダウはマイナスに戻ってしまいました。
 ただ、最終的には可決されるだろうとの見方で大きな下げにはなりませんでした。しかし、トランプ大統領の現実的政策の最初の関門を通過できなければ、政策期待相場が終わりますので、注目は更に高まっています。
 また、新規失業保険申請件数が予想を超えていた為、ドル安円高で110円台になっています。
 イエレン議長の講演は利上げスピードに影響を及ぼす内容ではありませんでした。

 日本株。
 採決は1日伸び、日本株にとってもう1つ重要な米金利も、10年債利回り2.42%と動きがありませんでした。しかし為替は110円台に入っています。
 政権不安は日本でも起こっていますので、日経平均は引き続き弱含みとなりそうです。日銀ETF買いはこの下げ2日とも下値を支えています。

 本日の日経平均予想レンジ 19000円ー19150円。

 予定  それにしてもIPOが続きます。
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
1月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
上場=オロ<3983>、ソレイジア・ファーマ<4597>がマザーズ
中外薬<4519>が軟こう薬の製法で特許権を侵害されたとして、後発医薬品メーカーなど4社に販売差し止めなどを求めた訴訟の上告審判決(午後3時)
3月のユーロ圏PMI(午後6時、英マークイット)
2月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)
ローマ法王がEU各国首脳と会談(バチカン)

おはようございます。
 22日のNY株。
 ダウは6.71ドル安の2万0661.30ドルと小幅続落ですが、ナスダックは27.81ポイント高の5821.64ポイントと早くも反発。NYSE出来高は8億9907万株。
 前日は医療保険制度改革(オバマケア)の代替法案で共和党内の調整が難航し、今後の経済政策への懸念で大幅下げとなりましたが、この日もダウは売りから始まりました。ただ、下げ一服後は買い戻しが入りました。
 しかし、オバマケア代替法案の採決はこれからで、トランプ政策への期待と不安はまだまだ続きそうです。個別銘柄では、ナイキが7.1%安とダウの足を引っ張っていました。とにかく、トランプラリーは1ラウンド終了した感が市場には出ています。

 日本株。
 NY株の調整の下値と日柄がまだ見えませんので(オバマケア代替案は今晩下院で採決される予定)、日本が動けないのはやむを得ません。
 日本株にとってもう一つ重要なのは為替です。米利上げスピードが緩やかになるとして111円台前半まで進んでいる円高に影響を及ぼすイエレンFRB議長の講演が今晩です。今日も動きにくい中で日経平均は19000円の攻防になりそうです。 
 ただ、こんなリスクを織り込んで、1段1段上がって行くのが今年の相場と思っています。本日彼岸明けです。彼岸底を期待します。

 本日の日経平均予想レンジ 18950円ー19200円。

 予定
月例経済報告関係閣僚会議(時間未定)▽3月の月例経済報告(関係閣僚会議終了後、内閣府)
上場=グリーンズ<6547>が東証2部と名証2部
学校法人「森友学園」の籠池泰典氏の証人喚問(午前10時=参院予算委、午後2時50分=衆院予算委)
ECB年報(午後5時)◇ヌイSSM議長がECB年報発表にあたり冒頭発言(午後5時、ブリュッセル)
ECB拡大理事会(午後5時、フランクフルト)
ECB経済報告(午後6時)
2月の英小売売上高(午後6時半、国民統計局)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
イエレンFRB議長講演(午後9時45分、ワシントン)
2月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
米10年債入札(24日午前2時、財務省)
独10年債追加発行入札(連銀)

おはようございます。
 21日のNY株。
 ダウは237.85ドル安の2万0668.01ドル、ナスダックも107.70ポイント安の5793.83ポイントと、昨年9月13日以来半年ぶりの大幅下落となりました。NYSE出来高は10億0451万株。
 この日のNY株は高寄りして始まりましたが、トランプ政策への懸念が突然拡がり一気の気崩れとなりました。特に、ゴールドマン・サックス(3.8%安)、JPモルガン・チェース(2.9%安)、ウェルズ・ファーゴ(3.1%安)、バンク・オブ・アメリカ(5.8%安)等、トランプ銘柄の中心であった金融株が大きく下げています。リスク回避で債券が買われ、ドル安円高(111円台)にもなっています。

 日本株。
 イベントが終わってから、一気に主力株中心に日経平均2万円と言う見方もあり、日経ジャスダック21連騰終了で、新興市場からいったん逃げた資金が、思わぬ円高で主力株高のシナリオが狂い、あわててマザーズやジャスダックに戻ったと言った感じの昨日の動きでした。 NY株の気崩れを予想したわけでもないでしょうが、日米の主力株のもたつきに危険を感じた資金の退避行動だったかもしれません。
 さて今日の日本株、米株安・円高では大幅下げを余儀なくされそうです。CME日経平均先物が18995円で帰って来ましたので、140円ほどの配当分を足すと、今日の基準は19135円となります。昨日の引け値に対して320円ほどの下げです。下値支持線だった25日移動平均(19380円前後)を一気に下回る事になりますが18750円までなら揉み合いの範囲です。
 今日の下値ポイントは最近の揉み合いゾーンの直近下値、3月8日の19198円や2月27日の18995円となります。75日移動平均19200円も重要です。
 この程度の波乱は今後何度も有り得ると思いますが、「下げたら買い」は変わらないと思います。まだ大きな変化には早すぎます。個別物色で対応です。

 本日の日経平均予想レンジ 19100円―19250円。
 
 予定
2月の貿易統計(午前8時50分、財務省)
1月30・31日の金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分、日銀)
20日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
1月の全産業活動指数(午前1時半、経産省)
2月の民生用電子機器国内出荷(午後2時、JEITA)
上場=マクロミル<3978>が東証▽エスキュービズム<3982>がマザーズ▽フルテック<6546>が東証2部
ECB定例理事会(金融政策発表・記者会見なし)
2月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
EIA週間原油在庫(午後11時半)

おはようございます。
 週明け20日のNY株。
 ダウは8.76ドル安の2万0905.86ドル、ナスダックは0.53ポイント高の5901.53ポイント。ダウは3連続安、ナスダックは4日続伸とまちまちの動きが続いています。NYSE出来高は7億5213万株と低調。
 長期金利の低下で金融株が売られた分ダウがマイナスになりました。今週のイエレン議長の講演で、市場は利上げペースを探る事になります。
 材料で上下する銘柄が目立ち、方向感の定まらない中で米国でも個別株物色となっています。

 日本株。
 イベント通過で投資家が動くと期待されましたが、ドル円が逆に112円台に入り出鼻をくじかれた感じで、すぐには動けないようです。
 先週発表された3月第2週までの投資主体別売買動向では、個人投資家の現物売りが続く中で、信用では9週連続買い越しになっている事は17日の本欄で書いた通りですが、外国人も同じような感じです。外国人現物は4週連続合計3,275億円の売り越しですが、この間の先物は1392億円の買い越しになっています。
 これをどう見るかは難しいところですが、証券会社の現物先物自己トータルで、昨年12月に1兆3000億円の買い越しになったのはご承知でしょう。これはトランプラリーの結果と思いますが、今年に入り1月6620億円、2月5958億円、3月第2週まで3523億円の高水準の買い越しが続いています。新会計年度の機関投資家からの注文に備えて玉集めをしている感じもあります。春相場に期待します。

 本日の日経平均予想レンジ 19300円ー19500円。

 予定は
2月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
2月の半導体製造装置BBレシオ(午後4時、SEAJ)
2月の主要コンビニ売上高(フランチャイズチェーン協)
上場=インターネットインフィニティー<6545>、力の源ホールディングス<3561>がマザーズ
公示地価公表(国交省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
API米週間原油在庫(22日午前5時半)
EU財務相理事会(ブリュッセル)

おはようございます。
 今日は墓参りです。
 昨日の関東は穏やかな春でした。暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったものです。夏の暑さは秋彼岸で、冬の寒さはこの春彼岸で峠を越すのが日本の美しい気候です。これから桜咲く良い季節になります。
 相場も「節分天井彼岸底」と言われていますが、このお彼岸で底入れ反転して欲しいものです。

 本日の予定は
日ロ外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)(都内)
2月の独生産者物価(午後4時、統計局)
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
決算=BMW    
 となっています。

 地下鉄サリン事件から今日で22年です。もうそんなに経ってしまったのかと言う感じです。あの日筆者はなにやら騒がしくなった地下鉄茅場町駅にのこのこ降りて行きました。一つ置いた両側の小伝馬町と築地が大変な事になっている事を知らずに。
今、北朝鮮とオウムがダブって見えてしょうがありません。悪い事が起きませんようにご先祖様にお願いしてきます。