おはようございます。
 19日のNY株。
 ダウは118.79ドル安の2万0404.49ドル、ナスダックは13.56ポイント高の5863.03と対照的な動きでした。NYSE出来高は8億2124万株。
 昨日に続きダウ構成銘柄の決算が悪材料になりました。前日引け後に発表されたIBMの1~3月期決算は20四半期連続の減収でした。また、エネルギー情報局(EIA)の石油在庫が予想より多く、ガソリン在庫も増加して居た為、原油先物が4%近く下げ、ダウを押し下げました。 引き続き企業決算が注目されますが、地政学的リスクや週末23日のフランス大統領選の第1回投票もあり、上値の重い展開が続きそうです。
 そのフランス大統領選挙ですが、4候補が支持率で拮抗し、予測不能な状態になって来ました。ルペン候補が若干リードしているようですが、ここへ来て急進左派のメラション候補が猛追、中道・右派フィヨン候補も盛り返し、中道系独立候補のマクロン前経済相もルペン氏に並ぶ勢いです。正に予測不能です。

 日本株。
 目の前の地政学的リスクや、欧州政治不安、予想外の米国金利、ドル安円高、連日40%を越える空売り攻撃と日本株を取り巻く環境は最悪です。しかし、前日も感じたのですが、昨日も何かその割には市場に底堅さを感じます。こんな感じは筆者だけの感じなのでしょうか。
 今、日本株は200日移動平均(日経平均17900円台、TOPIX1428ポイント)を意識した戦いになっています。原油先物やドル円は既に200日線上の戦いになっていますが、日本株には日銀ETFの買いと言う介入が入っていますので、原油や為替が200日線から大きく下方かい離しない限り、簡単にはタッチしないと思われます。日経平均の200日線との現在のかい離率はプラス2.7%程ですが、200日線自体が上昇している為、今後急速に接近します。これから正念場に入ります。
 今日の安川電機の決算が注目です。最近前期利益が180億円から200億円に上方修正されましたが、それでも10%程の減益です。今期の見通し、株価の反応が注目です。それとは別に中小型株の動きが良くなりましたね。
 本日の日経平均予想レンジ 18300円―18450円。
 予定(かなり多いですね)
3月と16年度の貿易統計(午前8時50分、財務省)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
3月と16年度の白物家電国内出荷(午前10時、JEMA)
20年利付債(4月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
3月と16年度の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
3月の全国百貨店売上高(午後2時半、百貨店協)
3月の主要コンビニ売上高(午後4時、フランチャイズチェーン協)
4月の月例経済報告(関係閣僚会議終了後、内閣府)
G20財務相・中央銀行総裁会議(21日まで、ワシントン)
3月の独生産者物価(午後3時、統計局)
パウエルFRB理事が金融フォーラムでパネル討議参加(午後9時、ワシントン)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
4月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(午後9時半)
ラガルドIMF専務理事会見(午後10時半)
3月の米景気先行指数(午後11時、コンファレンス・ボード)
決算=トラベラーズ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ビザ
おはようございます。
 18日のNY株。
 ダウは113.64ドル安の2万0523.28ドル、ナスダックは7.32ポイント安の5849.47ポイントと反落。NYSE出来高は7億6244万株。
 欧州の政局不安が消えない中で突然の英国のメイ首相の6月8日総選挙宣言でした。先行き不透明感が一段と強まったとして、欧州株は軒並み下落しました。
 注目の決算では、ゴールドマン・サックスの1株当たり利益が市場予想を下回り、ジョンソン・エンド・ジョンソンも売上高が市場予想に届かなかったことから、金融株、ヘルスケア株が売られ、ダウは一時174ドル安までありました。
 FRBのフィッシャー副議長は17日のコロンビア大学での講演で、FRBのバランスシート縮小は「実質的に」金融政策の引き締めだが、FRBの政策への影響はほとんどないと述べましたが、「実質的引き締め」がFRB金融政策へ影響しないわけは無く、この辺もNY株に影を落としています。

 日本株。
 昨日の日経平均18500円台の寄り付きは意外に強い感じで、早くも筆者の予想レンジ(18400円―18500円)は外れましたが、新規買いの動きは乏しく、買戻しだけでは高値を維持する事は出来ませんでした。
 今日は、NY株安の理由がそのまま日本株の不安材料になります。ただ、英国の総選挙はポンドが買われたように、ブレグジットを良い意味で不透明にする可能性もあります。2017年はリスク・不透明のオンパレードですが、1つ1つ克服して行く年でもあると思っています。
 本日の日経平均予想レンジ 18250円―18400円。

 予定
広瀬東電力HD<9501>社長が米山新潟知事と会談(午前10時、新潟県庁)
金融システムリポート(午後4時、日銀)
3月の半導体製造装置BBレシオ(午後4時、SEAJ)
3月の訪日外国人数(午後4時、政府観光局)
3月のユーロ圏消費者物価改定値(午後6時、EU統計局)
クーレECB専任理事講演(午後9時、NY)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
プラートECB専任理事講演(午後11時半、NY)
ベージュブック(20日午前3時、FRB)
独30年債追加発行入札(連銀)
決算=アメリカン・エキスプレス、クアルコム、モルガン・スタンレー
上海モーターショー(報道向け公開は20日まで、一般公開は21~28日)
おはようございます。
 連休明け17日のNY株。
 ダウは183.67ドル高の2万0636.92ドル、ナスダックは51.64ポイント高の5856.79と4日ぶりの大幅反発となりましたが、NYSE出来高は7億0387万株と低調でした。
 連休中に何も起きなかった地政学的リスクへの買戻しと、1~3月期決算発表の本格化への期待で終日買いが入っていました。金融株やアマゾンなど値ごろ感で幅広く買われました。主要企業の純利益は前年同期比10.4%増と2ケタ増益予想(ロイター)です。
 日本株。
 地政学的リスクは依然継続していますが、(昨日示した)移動平均かい離率や騰落レシオなどを考えると短期的には反発のタイミングに有ると言えます。
 NY株が買われ、債券売りで金利上昇し、ムニューシン財務長官が「長期でみると、準備通貨であるドルの強さは良いことだ」と述べたと報じられた為、ドル円は109円になっています。今日の市場は、日米経済対話・安倍首相ペンス副大統領の会談の模様を見ながらの展開になると思います。個別株の反撃に期待します。
 国会を可決して4か月がたつ、カジノを含む統合リゾート(IR)の地区選定がそろそろ喧しくなって来そうです。所有地が候補に上がっている3237イントランスの株価も下値で煮詰まった感じです。
 本日の日経平均予想レンジ 18400円―18500円。

予定
日米経済対話の初会合(都内)
安倍首相とペンス米副大統領が会談
5年利付債(4月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
上場=旅工房<6548>がマザーズ
3月の米住宅着工(午後9時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
IMF世界経済見通し(午後10時)
3月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
API米週間原油在庫(19日午前5時半)
決算=ヤフー、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、ハーレー・ダビッドソン、ユナイテッドヘルス・グループ、IBM
おはようございます。
 昨日午前、北朝鮮が弾道ミサイル一発を発射し、失敗したそうです。「一線」を越えたら行動に出ると言っているアメリカ軍にアクションはありませんでした。少なくとも発射しただけでは、しかも一発では「一線」を越えていない事が分かりました。筆者の推測ですが、その「一線」を探る為に北朝鮮が、一発だけ発射させて直後に爆破させたとしたら、なんと言う無駄な挑発的駆け引きでしょうか。今度は(米国が認めない)衛星の打ち上げと称してやるかも知れませんね。緊張は続きます。
 そうは言っても先週末の日経平均の移動平均かい離率は、25日がマイナス3.81%、75日がマイナス4.35%、合計でマイナス8.16%になりました。昨年11月9日のトランプ当選のショック安で919円下げた時が、25日マイナス4.71%、75日マイナス3.17%で合計マイナス7.88%でしたから、それ以上のかい離になりました。そろそろ反発しても良いタイミングです。今朝の散歩で観音像のある墓地を歩いていたら、足元からキジの雌(前日のNHKテレビで見た)が飛び立ってびっくりしましたが、相場も飛び立って欲しいものです。
 4674クレスコはBtoBを中心にITビジネス領域のほぼすべてをカバーする独立系情報・通信関連企業です。東証1部銘柄ですが知名度はいまいちでしたが最近の企業側の積極姿勢を評価します。4月8日東洋経済オンラインの特別広告企画・時代の一歩先を読み解く知っておきたい6つのキーワードで「最善の答えを提供する信頼のブランド・クレスコ」と紹介しています。また、4月4日の岡三証券投資戦略部のレポート「2017年はビッグデータ元年に!」で選ばれた注目5銘柄にも入っています。筆者も取材しましたが、これから出世する銘柄だと感じます。
 本日の日経平均予想レンジ 18300円―18400円。
 予定は
3月と16年度の首都圏マンション発売(午後1時、不動産経済研)
黒田日銀総裁が信託大会であいさつ(午後3時15分、経団連会館)
1~3月期の中国GDP(午前11時、国家統計局)
3月の中国鉱工業生産▽小売売上高▽1~3月の都市部固定資産投資(午前11時、国家統計局)
4月の米NY州製造業景況指数(午後9時半、NY連銀)
休場=英、独、仏、スイス、スペイン、伊、オランダ、ベルギー、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー、香港、豪、NZ、南ア(以上イースター月曜日)
おはようございます。
 注目の15日は、軍事パレードで新型ミサイルを誇示したりはしましたが、とりあえずは何も起きませんでした。勿論、緊張感は続きます。更に、米金利、為替を見ながらの展開も。
 木曜日の安川電機からいよいよ決算シーズンが始まります。日経平均予想EPS(日経平均を一企業と見立てた一株当たり利益、日経平均を日経新聞が発表する予想PERで割ったもの)は、4月7日には1226.32円でしたが、日経新聞が東芝の今期赤字予想を1兆円として計算した結果、12日には1189.27円にすとんと落ちてしまいました。週末14日に1192.17円と盛り返す勢いですが、予想が今期予想に切り替わるこれからが勝負所です。1300円は超えるのではないかと言うのが大勢ですが。決算発表は日本ではこれから始まりですが、米国では佳境に入ります。特にまだまだたくさんの金融機関の決算が予定されていますので、日米とも決算相場です。
 昨日の名古屋での筆者セミナーでは、小雨降る中多くの投資家の皆様が参加して下さいました。心から感謝いたします。お話しした事が少しでもお役に立てれば幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。

 週後半の予定
【19日(水)】
金融システムリポート(午後4時、日銀)
3月の半導体製造装置BBレシオ(午後4時、SEAJ)
3月の訪日外国人数(午後4時、政府観光局)
EIA週間原油在庫(午後11時半、FRB)
ベージュブック(20日午前3時、FRB)
上海モーターショー(報道向け公開は20日まで、一般公開は21~28日)
【20日(木)】
3月と16年度の貿易統計(午前8時50分、財務省)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
3月の実質輸出入動向(午後2時、日銀)
3月と16年度の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
3月の主要コンビニ売上高(午後4時、フランチャイズチェーン協)
3月の白物家電国内出荷(JEMA)
3月の独生産者物価(午後3時、統計局)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
4月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(午後9時半)
3月の米景気先行指数(午後11時、コンファレンスボード)
G20財務相・中央銀行総裁会議(21日まで、ワシントン)
【21日(金)】
2月の第3次産業活動指数(午後1時半、経産省)
4月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
3月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
IMF・世銀春季会合(23日まで、ワシントン)
G20財務相・中央銀行総裁会議最終日(ワシントン)

おはようございます。
 14日のNY市場は聖金曜日で休場です。と言うより世界で開かれていた主要市場は日本と中国本土だけでした。こういう時中国との仲間意識を覚えますね。もっと仲良くしないとと思う時です。
 NY外為市場は開かれていました。「北朝鮮やシリアなどの地政学リスクが高まる中、安全資産とされる円が買われ108円65銭と円買い・ドル売りがさらに進みました」と言うのが解説ですが、何か納得できませんね。日本が北朝鮮の隣にある地政学を世界の投資家は知らないのでしょうか。この日発表された3月の小売売上高とCPIが市場予想を下回った為のドル安要因もありましたが。
 さて本日その緊迫の故金日成主席生誕105年という記念日を迎えました。何が起きるか分かりません。本日は名古屋での筆者のセミナーがあってこれから出かけますが、強風の中朝の散歩に行って神社にセミナー成功を願って来ました。ここは菅原道真公の呪いで失脚した左大臣 藤原時平の姫が都落ちして生すんだ庵のところに建てられた姫神社で、関東大震災の時の流言飛語で犠牲になった朝鮮人の大きな慰霊堂や、入り口に観音様の像がある曹洞宗の墓地も隣接している身の引き締まる空間です。
 話をマーケットに戻します。使いやすい市場を目指して来た東京市場ですが、皮肉な事に今アジア株のペアトレードの売りの市場に使われています。ある海外ファンドに聞いたのですが、アジアの市場は空売りする時、株がなかなか集まらない(借りられない)との事です。ヘッジファンドの主な手法はペアトレードです。上がると思う株を買ってそうでない株を空売りするのですが、株が借りにくいのでは話になりません。そこでアジアの将来性を評価して資金を配分し始めたファンドがやむを得ず簡単に株を調達できる日本を売り市場にしているそうです。残念!
 来週の日経平均予想レンジ 18000円―18700円。
 週前半の予定
【17日(月)】
3月と16年度の首都圏マンション発売(午後1時、不動産経済研)
黒田日銀総裁が信託大会であいさつ(午後3時15分、経団連会館)
1~3月期の中国GDP(午前11時、国家統計局)
3月の中国鉱工業生産▽小売売上高▽1~3月の都市部固定資産投資(午前11時、国家統計局)
4月の米NY州製造業景況指数(午後9時半、NY連銀)
休場=英、独、仏、スイス、スペイン、伊、オランダ、ベルギー、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー、香港、豪、NZ、南ア(以上イースター月曜日)
【18日(火)】
上場=旅工房<6548>がマザーズ
3月の米住宅着工(午後9時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
3月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
API米週間原油在庫(18日午前5時半)
IMF世界経済見通し
おはようございます。
 13日のNY株。
 ダウは138.61ドル安の2万0453.25ドル、ナスダックは31.01ポイント安の5805.15ポイントと続落。NYSE出来高は7億7871万株。 3連休前で、地政学的リスクも継続しているものの、4月のミシガン大消費者景況感指数(暫定値)が好感され、ダウは買い戻しも入りプラス圏で小幅な動きに推移していましたが、午後に入り、米軍がアフガニスタンに突然超大型爆弾を投下したと伝わると、一気に売られ安値引けとなりました。
 注目の銀行株の決算は材料に乏しく、ウェルズ・ファーゴ3.3%安、Pモルガン・チェース1.2%安、シティグループ0.8%安と売られています。

 日本株。
 今度はアフガンに超大型爆弾です。北朝鮮にも打ち込むのでしょうか。内政が思うようにいかずイライラするトランプ大統領の気持ちは分かりますが、それを外に向けるのはやめてもらいたいものです。
 4月第1週の投資主体者別売買動向では、外国人現物が8週間ぶりに908億円の買い越しになりました。先物が2753億円(岡三証券調べ)の売り越しで、実質は売り越しのままとも取れますが、投資道場で検証したように、意外に先物手口との合算よりも現物だけの方が日経平均との連動性がはっきりしています。「日本株売り」は終わったのか注目です。ただ、外国人の現物売りをほぼ表す空売り比率がまだ連日40%を超えています。本日のオプションSQを通過した後の空売り比率の趨勢を注目しましょう。
 ドル円が200日移動平均にタッチしました。日経平均の200日移動平均は約17850円です。ドル円に介入はありませんが、株には日銀の介入があります。昨日も725億円の買いで3日連続です。計算では200日移動にタッチする前で底を打つのではないかと思うのですが。
 本日の日経平均予想レンジ 18300円―18400円。

 予定
2月の鉱工業生産・出荷・在庫確報(午後1時半、経産省)
17年度の業績見通しに関する企業の意識調査(午後1時半、帝国データ)
決算=東宝<9602>
3月の米小売売上高(午後9時半、商務省)
3月の米消費者物価(午後9時半、労働省)
休場=米(外為は通常取引、債券・株式・商品は休場)、英、カナダ、独、仏、スイス、伊、オランダ、ベルギー、スペイン、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー、ブラジル、香港、フィリピン、シンガポール、インドネシア、マレーシア(ゴム休場、株式・銀行通常取引)、豪、NZ、メキシコ、コロンビア、南ア(以上聖金曜日)、タイ(旧正月)
おはようございます。
 12日のNY株。
 ダウは59.44ドル安の2万0591.86ドル、ナスダックは30.61ポイント安の5836.16ポイントと続落。NYSE出来高は7億6616万株。
 シリア・北朝鮮に対する地政学リスクの高まりから、債券買い、金利低下、ドル安、株安となっています。ただこれから、好調と言われる2017年1~3月期の決算発表が本格化するので積極的に売り込む動きもありませんでした。

 日本株。
 厳しい展開です。頼みの中小型個別株にロスカットの売りが出てセリングクライマックスの感じになっています。為替が200日移動平均の108円台後半になって来ました。原油先物が200日移動平均を割れてから反発しましたが、ここが為替の下値になるか正念場です。日経平均の方では200日移動平均は17850円どころに有りますが、しっかりとした上昇基調にあります。最悪、この200日移動平均を意識した押し目買いになると思われます。
 今回の地政学リスクは今までと違う不気味さがあります。外務省は11日に韓国への滞在・渡航を予定している邦人に対して海外安全情報(スポット情報)を出しています。スポット情報は短期的に危険が高まった地域への注意を促すもので、最近では、韓国の朴槿恵前大統領弾劾に伴うデモやロシア・サンクトペテルブルクでのテロに際して出していますが、今回の核・ミサイルを理由とした注意喚起は異例です。朝鮮半島に向っている米空母「カールビンソン」と海上自衛隊が共同訓練をすると1部報道に有りますが、これも日本が緊張の当事者になる事で、嫌な感じですね。なのに円が買われるのは、こんな心配をしているのは日本の投資家だけだからです。世界から見たら北朝鮮リスクはどこにでもある地政学リスクで、だから有事の円買いになるようです。また、投機筋は株と円をリンクさせているので、「日本売り円買い」という困った結果になっています。
 厳しい、嫌なところが買い場になるのが相場の常道です。流動性相場から業績相場にステージを変える相場循環の基本はまったく変わらないと思います。
 本日の日経平均予想レンジ 18400円―18600円。

 予定は、
3月のマネーストック(午前8時50分、日銀)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
30年利付債(4月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
3月の投信概況(午後2時、投信協)
OECD対日経済審査報告書発表=グリア事務総長会見(午後4時半、都内)
決算=ファーストリテ<9983>
3月の中国貿易統計(税関総署)
3月の米卸売物価(午後9時半、労働省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
4月の米ミシガン大消費者景況感指数(午後11時)
韓国中銀が金融政策発表
おはようございます。
 11日のNY株。
 ダウは6.72ドル安の2万0651.30ドル、ナスダックも14.16ポイント安の5866.77ポイントと小反落。NYSE出来高は7億8071万株。
 トランプ大統領は、北朝鮮に対し強気の姿勢を誇示する為、朝鮮半島近海に空母を展開し、シリアに対しても追加攻撃を辞さない構えを見せています。この地政学的リスクの高まりで安全資産の債券が買われ株は売られました。しかし国内的には企業経営者と会談し、規制緩和などの政策を改めて強調した為、ダウは下げ幅を縮めています。ただ、金利低下から金融株が売られ、ドルも売られています。

 日本株。
 地政学的リスクの高まりは原油高を呼んでいますが、米金利低下でドル安円高になり、先週の突然のシリア空爆でも割れなかったドル円110円台を切って来ました。
 日経平均の嫌な株価チャートは、売り方に余裕が出来、空売り比率40%以上が続いています。ここに円高が加わると、残念ながらしばらく(決算発表が本格化するまで)様子を見ざるを得ません。ただ、結果的には今まで、厳しい下げのタイミングが買い場となって来ました。玉石混交で下げたところは、狙っている個別株を仕込むところです。
 本日の日経平均予想レンジ 18550円―18700円。

 予定は、
2月の機械受注(午前8時50分、内閣府)
3月の企業物価(午前8時50分、日銀)
10日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
10日現在の日銀保有国債銘柄別残高▽国庫短期証券銘柄別買い入れ額(午後5時)
上場=LIXILビバ<3564>が東証 決算=ローソン<2651>、イオン<8267>
3月の中国消費者物価▽卸売物価(午前10時半、国家統計局)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
米30年債入札(13日午前2時、財務省)
OPEC月報
NY国際自動車ショー(報道向け公開は13日まで、一般公開は14日~23日)
NATO事務総長と米大統領が会談(ホワイトハウス)
ティラーソン米国務長官ロシア訪問最終日

おはようございます。
 週明け10日のNY株。
 ダウは1.92ドル高の2万0658.02ドル、ナスダックは3.12ポイント高の5880.93ポイントと方向感のない1日でしたが、原油高が下値を支えました。今週から始まる1-3月期決算待ちの状態です。

 日本株。
 日経平均は3月30日から昨日までの8日間の前日比は4勝4敗ですが、すべての日足が陰線となっています。少しでも戻るとすかさず空売りが入る為と思われます。空売り比率が高水準で推移し5日連続で40%を超えています。揉み合いゾーンを下抜けてチャートの形を悪くした先週6日(木)のそれは45.2%と言う最高値を記録しています。その中で、6208石川製作中心の軍需関連の物色は活発です。何をしでかすか分からない隣国北朝鮮の不安は、全体相場に影を落としていますが、短期筋はそれを逆手にとって活発に動いています。これが相場です。
 村上系のファンドエフィッシモが、東芝の保有比率を9.84%に上げています。日本連合の官民ファンドで東芝の先端技術を守ろうと言う動きが最近出ていますが、経産省あたりがしっかり主導しないと実現は難しいと思います。経産省出身の村上さんがどう言う考えでこの勝負にゴーサインを出したのか興味のあるところです。おりしも本日決算再延期の期限です。
 こんな時に、カジノを含む統合リゾート関連などと言うと不謹慎の様ですが、こういう時こそ注目です。3237イントランスが良い押し目を作っていると思います。

 本日の日経平均予想レンジ 18700円―18800円。

 予定 外の動きが気になります。
東芝<6502>の16年4~12月期決算報告の再延期期限
閣議=25年万博の大阪誘致を了解
10年物価連動債(4月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分)
3月の工作機械受注(午後3時、日工会)
決算=ユニー・ファミマ<8028>
3月の中国新車販売(午後3時、中国自工会)
2月のユーロ圏鉱工業生産(午後6時、EU統計局)
4月の独ZEW景気期待指数(午後6時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
米10年債入札(12日午前2時、財務省)
API米週間原油在庫(12日午前5時半)
ティラーソン米国務長官がロシア訪問(12日まで)
G7外相会合最終日(伊ルッカ)
北朝鮮最高人民会議(平壌)