おはようございます。
 7月も今日で終わりです。株式に関わっていると本当に時間の立つのが早いですね。
 先週土曜日の日経新聞「ウォール街ラウンドアップ」で米株は野球で言えば8回、NYSEとナスダックの時価総額は29兆ドルでGDPの1.5倍に膨らんでいると書いています。筆者は既に9回だと思います。ただ早めのテーパリングでこの9回が出来るだけ長く続くように当局は手を打っています。
 日本の平成バブルは総量規制と言う最悪の手法で一気に崩壊させられ、1997年の失敗と合わせ、失われた30年を作ってしましました。このバブルの時の名目GDPは460兆円で日本の上場企業の時価総額が610兆円でしたから、その比率は約1.3倍でした。米株の1.5倍は、確かに警戒水位です。(株価の基準はGDPだけではありませんが)
 さあ、8月相場はどうなるのか?日経平均VI(ボラティリティインデックス・日本版恐怖指数)は7月5日に17.45と高まりま見せましたが、七夕買いオペで一気に静まり、7月26日には11.98まで低下しました。先週末現在14.03と微妙に動きつつあります。
 主力株サイドでは「新コア66」以外は力が入りません。そうなると「新コア66」と中小型新興市場との2本立てで8月相場が展開する事になります。その辺は、東洋経済オンラインの筆者の隔週連載マーケットコラムで詳しく解説しています。先ほどアップされたばかりです。マーケットのところをクリックしたらすぐ見れます。
 また、日経バイオテク7/28に4875メディシノバの解説が載っています。非常によくまとめていると思います。さらに、本日決算説明会の動画がHPにアップされますので、そちらも是非見て下さい。
 本日の日経平均予想レンジ 19950円―2万円。
 予定は
6月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
07年1~6月開催の金融政策決定会合議事録公表(午前8時50分、日銀)
6月の住宅着工▽建設受注(午後2時、国交省)
決算=日本航空<9201>、ヤマトHD<9064>
7月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
7月のユーロ圏消費者物価(午後6時、EU統計局)
7月の米シカゴ景況指数(午後10時45分)
2017.07.30 新コア66。
おはようございます。
 投資家の運用スタイルは、それぞれで、100人いれば100通りのスタイルがあると言えます。しかし、大きく分けると2通りです。ローリスクローリターン運用とハイリスクハイリターン運用です。当然高率の良い投資を目指してローリスクミドルリターンを狙う投資家も多いと思います。その方法が最近主流のESG投資です。
 予定表を見ますと今週末に4-6月期のGPIF運用実績が発表になりますが、今後のGPIFの運用スタイルの主流をなすと思われます。ESG投資とは、E環境への配慮、S社会的責任、G企業統治の3つの基準に適合した企業に投資しようと言うものです。「持続可能企業基準」とも言えますが、考えたら当たり前の事で、社会に害をなす悪徳企業が存続できるわけはありません。筆者の紹介銘柄の基準である「3年後、5年後の姿」とまったく一緒で、ファンド運用に理路整然とした(屁)理屈を付けたに過ぎません。
 しかし、多くのファンドがこの基準で投資するわけですから、ESGランク上位の銘柄が中心になる事は間違いありません。特に、今回GPIFが採用した3指数共通に組み入れられている66銘柄を当欄で「新コア66」と勝手に名付けます。これら66人の侍の押し目を狙えば、ローリスクミドルリターン投資が出来るかもしれません。
 その侍の一人6645オムロンが先週末飛んでいます。労働力不足を補う省力化ビジネスは3年後、5年後も盤石です。
 さてこのようなコア銘柄とは別に、4875メディシノバの決算説明会が先週開かれましたが、今後のスケジュールを岩城社長から丁寧な説明があって、出席者の反応はかなり良かったようです。ある出席者は今までで1番良かったと言っていました。バイオベンチャーへの投資はハイリスクハイリターンの典型的投資スタイルですが。
 週後半の予定
【2日(水)】
7月の消費動向調査(午後2時、内閣府)
布野日銀審議委員会見(午後2時、札幌グランドホテル)
7月のADP全米雇用報告(午後9時15分)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
決算=ルフトハンザ、コメルツバンク
ASEAN閣僚会議(8日まで、マニラ)
東アジアサミット外相会議(8日まで、マニラ)
【3日(木)】
7月の景気動向調査(午後1時半、帝国データ)
6月のユーロ圏小売売上高(午後6時、EU統計局)
7月の米企業人員削減数(午後8時半、チャレンジャー・グレー&クリスマス)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
6月の米製造業出荷・在庫・受注(午後11時、商務省)
7月の米ISM非製造業景況指数(午後11時)
決算=シーメンス
【4日(金)】
6月の毎月勤労統計(午前9時、厚労省)
7月の車名別新車販売(午前11時、自販連)
4~6月期のGPIF運用実績
6月の独製造業受注(午後3時、経済省)
7月の米雇用統計(午後9時半、労働省)
6月の米貿易収支(午後9時半、商務省)
決算=RBS、アリアンツ
2017.07.29 下限の攻防。
おはようございます。
 週末28日のNY株。
 ダウは33.76ドル高の2万1830.31ドル、ナスダックは7.51ポイント安の6374.68ポイントとマチマチ。ダウは史上最高値へ続伸し、ナスダックは続落と若干チグハグな動きでした。NYSE出来高は7億7213万株。
 注目の4~6月期実質GDP速報値は、季節調整済み年率換算で前期比2.6%増と、前期(1.2%増)から増加しました。予想通りの数字でしたが、個人消費や設備投資が堅調で、買い材料となりました。引き続き好決算銘柄には買いが入りダウの下値を支えていましたが、スターバックスが9.2%安と売られ、ハイテク株も弱く、ナスダックはマイナスとなりました。
 日本株。
 前日まで、任天堂や日本電産など決算好調組に支えられて2万円を維持していた日経平均ですが、この日は簡単に割れてしまいました。米指標堅調にもかかわらず、ムニューシン財務長官が為替操作国に厳しい措置を取ると発言してからドル安となり、ドル円で110円台になった事が原因です。
 決算の前半のピークを迎えましたが、その決算数字に影響を与える為替に、円高不安が出ています。しかし、為替と企業収益の関係は、今やかなりフラットになっていて、日本企業の稼ぐ力は、110円前後ではまったく問題ありません。大半の社内レートが110円以下になっている事もありますが、ここ数年では、100円でも利益を積み上げています。
 来週の日経平均予想レンジ 19750円―2万300円。 
 引き続き揉み合い予想ですが、下限の19750円が出ると、七夕買いオペで維持された(7/7当日の安値19856円)ミニ上昇トレンドが崩れる事になります。25日移動平均線を5日間割れたままもあって、チャートの形はかなり悪くなります。しかし逆に、中小型新興市場株に資金が更に回ってくる事になると思います。
 週前半の予定
【31日(月)】
6月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
07年1~6月開催の金融政策決定会合議事録公表(午前8時50分、日銀)
6月の住宅着工▽建設受注(午後2時、国交省)
決算=日本航空<9201>、ヤマトHD<9064>
7月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
7月のユーロ圏消費者物価(午後6時、EU統計局)
7月の米シカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
【1日(火)】
7月の新車販売(午後2時、自販連)
東芝<6502>が東証1部から2部に指定替え
7月の財新・中国製造業PMI(午前10時45分、英マークイット)
7月の独雇用統計(午後5時、労働局)
4~6月期のユーロ圏GDP(午後6時、EU統計局)
6月の米個人所得・消費(午後9時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
7月の米ISM製造業景況指数(午後11時)
6月の米建設支出(午後11時、商務省)
API米週間原油在庫(2日午前5時半)
7月の米新車販売(2日朝、オートデータ)
決算=BP
2017.07.28 すみません。
私の手違いで、今日の分がアップされていません。
今日はお休みとさせてください。
おはようございます。
 26日のNY株。
 ダウは97.58ドル高の2万1711.01ドル、ナスダックも10.58ポイント高の6422.75ポイントと続伸し、S&P500指数を含む3指数とも史上最高値を更新しました。NYSE出来高は8億2665万株。
 決算では、ボーイングが好調で10%以上も上げ、ダウを140ドル押し上げました。コカ・コーラやAT&Tも順調で株価を上げました。ロイター集計では、主要企業の4~6月期の純利益は前年同期比9.9%増と堅調な業績が見込まれています。
 しかし、注目のFOMCでは、予想通り政策金利の据え置きを決めましたが、年内としていた保有資産の縮小を始める時期を「比較的早期」に修正し、9月にも開始が発表されるとの観測が高まり、終盤にかけて上値が抑えられました。
 日本株。
 昨日の日経平均は25日移動平均(2万83円)を回復できませんでしたが、終日2万円は維持して4連続安は避けられました。今年に入って4日連続安は5回もあります。強いのか弱いのか・・。まずは、好決算の任天堂がどれくらい買われるのか、減益のアドバンテストがどれ位売られるのか。
 とにかく中小型個別株です。筆者カバー銘柄では、連続大幅増収増益の中期経営計画を発表している2352エイジアが休養十分の後再び上昇を開始しました。中期経営計画をステップに10年ビジョンを発表している8061西華産業が水準訂正をはじめています。短期的な人気化には乗らずに押し目を狙ってください。
 講演会や日証新聞で発表している他の筆者銘柄も問題ありません。休んで、ちょっと忘れられているタイミングを狙うと効率的です。調査結果は順次このブログでご報告します。
 本日の日経平均予想レンジ 1万9950円―2万50円。
 予定
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
2年利付債(8月債)入札(結果は午後0時45分、財務省)
決算=日産自<7201>、NTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、花王<4452>
4~6月期の韓国GDP(午前8時)
6月のユーロ圏M3(午後5時、ECB)
6月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
決算=ドイツ銀、VW、ロイヤル・ダッチ・シェル、ロイズ、アマゾン・ドット・コム
2017.07.26 3日で慣れる?
おはようございます。
 25日のNY株。
 ダウは100.26ドル高の2万1613.43ドル、ナスダックは1.36ポイント高の6412.17ポイント。ダウは19日の史上最高値まであと27ドルほどに迫り、ナスダックは小幅ながら2日連続で史上最高値を更新。NYSE出来高は11億1671万株と活況。
 キャタピラーやマクドナルドなどの4~6月期決算が好調で、それぞれ5.9%高、4.8%高と買われ、ダウを押し上げました。 また、サウジアラビアの輸出量抑制を材料に昨日に引き続き原油先物が上昇(48ドル台)しています。
 コンファレンスボード発表の7月消費者信頼感指数は121.1と、市場予想116.5を上回り3月以来で最高、7月リッチモンド連銀製造業指数も14で、予想の7を上回っています。FOMCにどんな影響を与えるでしょうか。
 日本株。
 日経平均は揉み合いが続いていますが、その中でも細かく見ると下値が切り上がるミニ上昇トレンドが発生しています。下値は5/18(19449円)、5/30(19570円)、6/15(19755円)、7/7(19856円)です。「揉み合いながらも上放れを狙える」相場つきです。
 その相場に今黄色信号が灯っています。最近テレ東のMプラスで使わせて頂いていますが、「2日は良いが3日はダメ」が出そうです。25日移動平均線は強気弱気を分ける重要な指標です。日経平均が25日移動平均を下回ったのは7月6日と7日、18日と19日、そして今回24日と25日。前2回は3日目には回復していますが、今日20080円を上回らないと今回は3日間25日線の下にいる事になります。何とかは3日で慣れると言います。弱気相場に慣れてしまうと、「揉み合いながらも下放れのリスクのある」相場となります。 最も下がれば日銀が買いますのでセオリー通りにならないかもしれませんが。
 関係のない中小型株の流れは変わりません。微妙な日経平均のチャートに比べ、TOPIX小型株、2部株、ジャスダック等のチャートは別世界の形になってそれを証明しています。この傾向はまだまだ続くと思います。
 本日の日経平均予想レンジ 2万円―2万100円。
 予定
6月の企業向けサービス価格指数(午前8時50分、日銀)
中曽日銀副総裁会見(午後2時、ANAクラウンプラザホテル広島)
決算=日本電産、任天堂
FOMC最終日(声明発表は27日午前3時)
4~6月期の英GDP(午後5時半、国民統計局)
6月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
決算=ダイムラー
おはようございます。
 週明け24日のNY株。
 ダウは66.90ドル安の2万1513.17ドルと3日続落。一方、ナスダックは23.06ポイント高の6410.81ポイントと史上最高値を更新し明暗を分けました。NYSE出来高は8億2124万株。
 ダウが下げたのは、構成銘柄が個々の材料で売られたからです。J&Jは収益源のリウマチ関節炎薬の競合薬の販売開始に伴う収益悪化懸念で、GEは大幅減益決算に対する失望売りで、大幅下落となりました。反面、今週4~6月期決算が佳境を迎えますが、アルファベットやフェイスブック、アマゾン・ドット・コムへの好業績期待でナスダックはプラスとなりました。
 EUの反トラスト当局が自動車大手によるカルテル行為の調査をしているとしたことで欧州自動車株が売られ、連れてフォードが2.2%安等自動車株が弱い動きでした。 サウジアラビアが原油輸出の大幅削減を発表した為原油先物は反発しました。
 いよいよFOMCが開催されます。政策金利は据え置かれると思いますが、年内の利上げ予定に変化のある発言があるかどうか、資産圧縮の開始時期について踏み込んだメッセージが発せられるかに注目が集まっています。利上げ予定は、結果に対する株価の反応は分かれます。利上げが景気の良さを表すと見ればポジティブに、景気を腰折れさせると考えればネガティブに反応するからです。しかし、資産圧縮は事実上の量的引き締めですので、ポジティブに考える余地はありません。9月会合での開始決定観測が強まっています。
 日本株。
 決算発表が、今日の信越化学、明日の日本電産、任天堂と続く本命ラインで本格化します。下にも上にも行けない日本株の揉み合いを破るのは決算発表だと、市場の見方が高まっています。ひとまずは個別株の問題ですが、それが集まる事によって方向感が出て来ると思います。ただ、前期決算発表から3月しか経過していない第1四半期の決算発表ですから、大きな期待は出来ません。 引き続き、業績変化にスピード感のある中小型株です。
 本日の日経平均予想レンジ 1万9900円―2万50円。
 予定は
6月15・16日の金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分、日銀)
FOMC(26日まで)
7月の独IFO景況感(午後5時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
5月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
7月の米消費者景気信頼感(午後11時、コンファレンスボード)
API米週間原油統計(26日午前5時半)
おはようございます。
 与野党対決の構図になっていた仙台市長選は、都議選敗北の流れを止められず与党側の候補が敗けました。都議選の時は、与党敗北のショックより経済専念への政策期待の方が上回る形で、株価は下がりませんでしたが、今度はどうでしょうか。
 日経・テレ東世論調査では、内閣支持率は39%(NHKでは35%)に下がっています。一連の世論調査で国民の平均的考え方は既にはっきりしています。「今の日本経済を立て直す政権を支持する」です。思想的には中心から少し右で、右に行きすぎる事は望んでいません(もちろん左へも)。これは合理性が確立している先進国の流れです。大波乱になった様に見えても、イギリス、フランスは落ち着くところに落ち着いており、株価もそれを評価しています。おそらく9月のドイツもそうなると思います。日本の憲法論議や政策の右傾化は、経済が立ち直ってから議論すべきことで、世論調査はそれをはっきり表しています。幸い景気の趨勢は上向いています。口先だけでは無いしっかりとした積極経済対策を実行してもらいたいものです。
 いよいよ今週から4-9月期決算発表が本格化します。まず目先は個別の決算数字です。最近は金融庁の指導で、決算発表直前の事前調査が禁止されていますので機関投資家も事前に動く事が出来ません。従って出た数字の反応が素直に現れます(安川電機の様に)。
 本日の日経平均予想レンジ 1万9950円―2万50円。
予定
5月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
民生用電子機器国内出荷(午後2時、JEITA)
6月の白物家電国内出荷(JEMA)
東京五輪・パラリンピック開幕まで3年
7月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
6月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
EU財務相理事会(ブリュッセル)
おはようございます。
2、3年前からESG(環境・社会・企業統治)銘柄が話題になっていましたが、複数のテーマ株の1つに過ぎませんでした。ところが先日、鯨ファンドGPIFがESG3指数の採用を発表し、俄然市場の中心テーマになりました。その3指数とは「FTSEブロッサムジャパンインデックス」「MSCIジャパンESGセレクトリーダーズ指数」「MSCI日本女性活躍指数」です。今後はGPIF以外のファンドも追随組み入れをしてくると思いますので、これら指数の需給関係が各段に良くなる事が想像できます。各企業にとっても、ESG関連指数に採用されることは、企業価値の大きなステータスですからすぐさまHPでリリースしています。3指数の採用数は614銘柄になりますが、3指数共に採用されている銘柄が66銘柄あります。このトリプル採用銘柄は、企業リリースを検索すると、丸井、住友林業、アシックス、TOTO、ライオン、島津、野村総研、三井化学、SCSK、ニコン、積水ハウス、NTN、日本郵船などが見えます。ESGは世界の主力株になると思いますので、重要な銘柄選定の条件です。関連中小型株の活躍も期待されます。
 週後半の予定
【27日(木)】
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
タカタ<7312>が上場廃止
決算=大和証券グループ本社<8601>
4~6月期の韓国GDP(午前8時)
6月のユーロ圏M3(午後5時、ECB)
6月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
決算=ドイツ銀行、フォルクスワーゲン、ロイヤル・ダッチ・シェル、ロイズ
【28日(金)】
6月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半、厚労・総務省)
6月の全国、7月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
6月の家計調査(午前8時半、総務省)
19・20日の金融政策決定会合の「主な意見」(午前8時50分、日銀)
6月の商業動態統計(午前8時50分、経産省)
7月上旬の貿易統計(午前8時50分、財務省)
決算=野村<8604>、新日鉄住<5401>、神戸鋼<5406>
4~6月期の米GDP(午後9時半、商務省)
7月の米ミシガン大消費者景況感指数確定値(午後11時)
7月のユーロ圏景況感指数(欧州委)
7月の独消費者物価(統計局)
決算=UBS、クレディスイス
2017.07.22 決算とFOMC。
おはようございます。 
 週末21日のNY株。
 ダウは31.71ドル安の2万1580.07ドル、ナスダックは2.25ポイント安の6387.75ポイントと反落。NYSE出来高は8億3697万株。
 ダウ構成銘柄のGEの決算が純利益で前年同期比57%の大幅減益となった為売られ(3%安)、ダウの下げを誘導しましたが、同じダウ銘柄のビザが大幅増益決算で買いが入り、下げを限定的にしました。決算次第の相場になって来ましたので、来週のフェイスブック、アルファベット、アマゾン・ドット・コム等の決算に注目が集まっています。勿論FOMCを無視するわけには行きませんが。
 日本株。
 揉み合いを抜け出せない日本株も米国同様決算次第になって来ました。安川電機の決算は予想以上に良かったとは言え、短期資金の買いも集め超サプライズな反応を示しました。来週の信越化学、日本電産、任天堂、アドバンテストの数字とその反応が注目されます。揉み合いを抜け出せるかどうかはここにかかっていると思います。
 来週の日経平均予想レンジ 1万9800円―2万500円。
 週前半の予定
【24日(月)】
5月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
民生用電子機器国内出荷(午後2時、JEITA)
6月の白物家電国内出荷(JEMA)
東京五輪・パラリンピック開幕まで3年
7月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
6月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
EU財務相理事会(ブリュッセル)
【25日(火)】
6月15・16日の金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分、日銀)
FOMC(26日まで)
7月の独IFO景況感(午後5時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
5月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
7月の米消費者景気信頼感(午後11時、コンファレンスボード)
API米週間原油統計(26日午前5時半)
【26日(水)】
6月の企業向けサービス価格指数(午前8時50分、日銀)
中曽日銀副総裁会見(午後2時、ANAクラウンプラザホテル広島)
FOMC最終日(声明発表は27日午前3時)
4~6月期の英GDP(午後5時半、国民統計局)
6月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
決算=ダイムラー