おはようございます。
 14日のNY市場は聖金曜日で休場です。と言うより世界で開かれていた主要市場は日本と中国本土だけでした。こういう時中国との仲間意識を覚えますね。もっと仲良くしないとと思う時です。
 NY外為市場は開かれていました。「北朝鮮やシリアなどの地政学リスクが高まる中、安全資産とされる円が買われ108円65銭と円買い・ドル売りがさらに進みました」と言うのが解説ですが、何か納得できませんね。日本が北朝鮮の隣にある地政学を世界の投資家は知らないのでしょうか。この日発表された3月の小売売上高とCPIが市場予想を下回った為のドル安要因もありましたが。
 さて本日その緊迫の故金日成主席生誕105年という記念日を迎えました。何が起きるか分かりません。本日は名古屋での筆者のセミナーがあってこれから出かけますが、強風の中朝の散歩に行って神社にセミナー成功を願って来ました。ここは菅原道真公の呪いで失脚した左大臣 藤原時平の姫が都落ちして生すんだ庵のところに建てられた姫神社で、関東大震災の時の流言飛語で犠牲になった朝鮮人の大きな慰霊堂や、入り口に観音様の像がある曹洞宗の墓地も隣接している身の引き締まる空間です。
 話をマーケットに戻します。使いやすい市場を目指して来た東京市場ですが、皮肉な事に今アジア株のペアトレードの売りの市場に使われています。ある海外ファンドに聞いたのですが、アジアの市場は空売りする時、株がなかなか集まらない(借りられない)との事です。ヘッジファンドの主な手法はペアトレードです。上がると思う株を買ってそうでない株を空売りするのですが、株が借りにくいのでは話になりません。そこでアジアの将来性を評価して資金を配分し始めたファンドがやむを得ず簡単に株を調達できる日本を売り市場にしているそうです。残念!
 来週の日経平均予想レンジ 18000円―18700円。
 週前半の予定
【17日(月)】
3月と16年度の首都圏マンション発売(午後1時、不動産経済研)
黒田日銀総裁が信託大会であいさつ(午後3時15分、経団連会館)
1~3月期の中国GDP(午前11時、国家統計局)
3月の中国鉱工業生産▽小売売上高▽1~3月の都市部固定資産投資(午前11時、国家統計局)
4月の米NY州製造業景況指数(午後9時半、NY連銀)
休場=英、独、仏、スイス、スペイン、伊、オランダ、ベルギー、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー、香港、豪、NZ、南ア(以上イースター月曜日)
【18日(火)】
上場=旅工房<6548>がマザーズ
3月の米住宅着工(午後9時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
3月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
API米週間原油在庫(18日午前5時半)
IMF世界経済見通し