おはようございます。
 20日のNY株。
 ダウは174.22ドル高の2万0578.71ドル、ナスダックは53.75ポイント高の5916.78ポイントと反発。ダウは前日の118ドル安を上回る反発、ナスダックは14営業日ぶりに史上最高値を更新しました。NYSE出来高は8億6609万株。
 このところ不調だったダウ構成銘柄の決算でしたが、前日引け後に発表されたアメリカン・エキスプレスの1~3月期決算は、1株当たり利益が市場予想を上回り、先行き期待感で6%の上げとなってダウを牽引しました。本格化している主要企業の1~3月期決算ですが、コンセンサスでは10%を超す増益が見込まれています。更にこの日は、ムニューシン財務長官の税制改革についての積極発言があり、幅広く買いが入りました。フランス大統領選第1回投票に関しても中道系独立候補のマクロン氏のリードが報じられています。

 日本株。
 このところ日本株に与えられた条件にしては、株価が何か強い感じがすると申し上げて来ました。最終的には想定したレンジに収まるのですが、一時強い動きが見られていました。今日の日経新聞がその答えを出しています。19面にある通り、日銀だけでなく「公的年金の買い」としています。
 そうは言っても、4月11日からの4連続安の後、日経平均はわずか95円の反発でしかありませんでした。さて本日はその鬱憤を晴らすことが出来るでしょうか。注目の安川電機の決算はポジティブ(前期純利益180億円から200億円に上方修正していましたが、結果は更に伸びて205億円ほど。今期決算期変更ですが実質270億円予想)で、NY株高、ナスダック史上最高値更新、109円台に戻った為替、期待出来ます! 但し、週末で、開けて見なければ分からないフランス選挙を控え、買われた後は伸び悩みも。
 本日の日経平均予想レンジ 18500円―18650円。
 予定は
2月の第3次産業活動指数(午後1時半、経産省)
東京未来ビジョン懇談会(午後4時半、都庁)
G20財務相・中央銀行総裁会議最終日(ワシントン)
4月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
3月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
決算=GE、ハネウエル・インターナショナル
IMF・世銀春季会合(23日まで、ワシントン)