おはようございます。
 3日のNY株。
 ダウは8.01ドル高の2万0957.90ドル、ナスダックは22.82ポイント安の6095.37ポイントとまちまちの動きでした。
 注目のFOMCは予想通り政策金利据え置きでしたが、声明文に「1~3月期の成長鈍化は一時的とみられる」との文言が盛り込まれた為、6月利上げ観測が高まって、金利上昇・ドル高(112円台後半)となりました。
 また週末の雇用統計を予測するADP4月の雇用報告は、非農業部門の民間就業者数(季節調整済み)が前月比17万7000人増となって、市場予想をわずかながら上回りました。更にISM4月の非製造業景況指数も57.5で、市場予想55.8を大きく上回りました。
 日本にとっては良好な結果となり、CME日経平均先物は19585円と2日の日経平均終値より140円ほど上昇しています。「連休明け一気に2万円も」の日経新聞の強気記事も、それほど無理では無くなってきた感じです。何より為替が円安方向に反転した事が大きいと思います。
 昨日は浅草に行って来ました。たまに途中下車をして梅園のあんみつを食べるのがひそかな楽しみとしている筆者ですが、筆者が行った今までの浅草で1番混んでいると感じました。外国人で溢れ返っていました。GINZA SIXもすごい人出だそうですね。今朝の散歩でお会いしたご夫婦が言っていました。 日本がだんだん元気になっている感じがします。

 今日の予定(時事通信)
ADB年次総会(7日まで、横浜市)◇中尾ADB総裁記者会見(午前11時半)
こどもの推計人口公表(総務省)
ラウテンシュレーガーECB専任理事が冒頭発言(午後7時半、ECB)
プラートECB専任理事が講演(午後8時、ブリュッセル)
4月の米企業人員削減数(午後8時半、チャレンジャー・グレー&クリスマス)
3月の米貿易収支(午後9時半、商務省)
1~3月期の米労働生産性・単位労働コスト(午後9時半、労働省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
ドラギECB総裁が講演(5日午前0時半、スイス・ローザンヌ)
決算=シーメンス、ロイヤル・ダッチ・シェル
韓国大統領選の期日前投票開始 英地方選
米・東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会合(ワシントン)
米豪首脳会談(ニューヨーク)