おはようございます。
 週明け22日のNY株。
 ダウは89.99ドル高の2万0894.83ドル、ナスダックは49.92ポイント高の6133.62と続伸。ダウは17日の372ドル安を取り返してはいませんが、18日より3営業日続伸です。NYSE出来高は7億9217万株。
 外遊中のサウジアラビアでトランプ米大統領は、対イラン政策の一環として日本円で約12兆円規模の軍用品をサウジに売却すると発表。軍需関連銘柄が買われました。ただ、NYSE出来高7億株台が示す通り、FOMC議事要旨の発表を今週に控えて商いは閑散でした。
 
 日本株。
 昨日の日経平均EPSは1398.6円と、東芝の収益見通し変更の影響を受けたとは言え1400円時代が迫っています。空売り比率も昨日までで18営業日連続40%割れと、このところの市場は、強気の筆者の予想より強い感じで動いています。何か少しずつ変わってきているような気がします。
 先日、筆者が東京兜町事務所としてお借りしている月刊投資手帖の郵便受けに、ご近隣の皆様へ「日本橋兜町7地区開発計画」中央区まちづくり基本条例に係る説明会のお知らせ、と言うビラが入っていました。6月3日と5日に行われますが、いよいよ平和不動産・三菱地所の兜町再開発が本格化します。
 筆者銘柄の中で、休んでいるものは買い場だと思います。3237イントランス、4875メディシノバ、7771日本精密その他です。(休みが多くて済みません)。
 本日の日経平均予想レンジ 19650円―19750円。
 予定は
16年度の毎月勤労統計(午前9時、厚労省)
ソニー<6758>経営方針説明会(午前9時半)
4月の白物家電国内出荷(午前10時、JEMA)
20日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
3月の全産業活動指数(午後1時半、経産省)
4月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
4月の全国スーパー売上高(午後2時)4月の全国百貨店売上高(午後3時)
3月の工作機械受注確報値(午後3時、日工会)
20日現在の日銀保有国債銘柄別残高(午後5時)
18会計年度の米予算教書
1~3月期の独GDP詳報(午後3時、統計局)
5月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
5月の独IFO景況感指数(午後5時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
4月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
API米週間原油在庫(24日午前5時半)
EU財務相理事会(ブリュッセル)
スポンサーサイト