おはようございます。
 週明けのNYは先週末の大幅高を受けての買い戻しで、ダウ19.26ドル高の1万6399.67ドル、ナスダック57.63ポイント高の4316.07と続伸。ただ、出来高は7億4208万株と比較的落ち着いている感じ。ナスダックに比べダウの上げが小さいのは決算不調IBM7.1%安の為。他の銘柄の決算は順調。アップルは引け2.1%高の後、引け後決算好調で時間外取引でさらに1%高など。
 日本株も昨日の今年1番の上げは、先週末の投げ売りの反動高の色彩もあり、目先の買戻しが済めば、戻り相場の道標200日移動平均線(15100円)上でちょっと一休みと言ったところか。しかし、年末相場は非常に良い形でスタートを切った。日米ともに好決算銘柄中心に買われていく事が予想される。引け後の安川電機の決算は上方修正と増配だった。安川効果が表れれば、続伸幅が大きくなるかも。
 本日の予想レンジはおとなしく 15000円-15200円。