おはようございます。
 週明け19日のNY株。
 ダウは144.71ドル高の2万1528.99ドル、ナスダックは87.25ポイント高の6239.01ポイントと強い動き。ダウは、2営業日連続で史上最高値を更新。ナスダックも連続安の後のハイテク株への買い戻しの動きで大きな反発となりました。NYSE出来高は8億92万株。
 NY連銀のダドリー総裁はこの日の講演で、最近の景気指標の低迷で高まっていた「年内は追加利上げ無し」の観測を打ち消す発言をした為、金融株も買われました。この後、FRB高官の講演が続きますので、その内容が注目されます。
 日本株。
 再び日経平均2万円奪回です。維持できるか正念場ですが、今回は海外株高、111円台半ばまで戻ったドル円を見ると、維持どころか、目先高値6月2日の引け値2万0177.28円、立会中の高値2万0239.81円を意識した上値トライの雰囲気です。カギを握るのは売買代金です。2万円奪回の昨日、東証1部売買代金は2兆円を超えていません。上値トライの為には少なくとも2兆5000億円程度が連続する必要があります。
 しっかり利益を出したつもりなのに、売った後高くてもう手が出ないと言う話を良く聞きます。強い銘柄が更に強く、弱い銘柄はなかなか反発しません。当然、高い銘柄は利確で手から離れ、手元には上がらない銘柄だけが残ります。多くの投資家が経験する事です。しかし、ここから勝者と敗者が別れます。どこまで我慢が出来るかです。
 今日、カジノに関する有識者会議があります。IRリゾート問題もだんだん煮詰まっています。3237イントランスのチャートも煮詰まった感じです。
 本日の日経平均予想レンジ 2万100円―2万200円。
予定は
閣議(時間、場所未定)
5月の白物家電出荷(午前10時、JEMA)
5月の粗鋼生産(午後2時、鉄連)
5月の民生用電子機器国内出荷(午後2時、JEITA)
5月の主要コンビニ売上高(午後4時、フランチャイズチェーン協)
株主総会=シャープ<6753>
上場=ディーエムソリューションズ<6549>がジャスダック
1~3月期の米経常収支(午後9時半、商務省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
クーレECB専任理事が講演(午後11時、フランクフルト)
API米週間原油在庫(21日午前5時半)