おはようございます。
 29日のNY株。
 ダウは167.58ドル安の2万1287.03ドル、ナスダックは90.06ポイント安の6144.35ポイントと大幅反落。NYSE出来高は9億4768万株。
 ダウは、日本で金融株が買われた材料になっていたFRBストレステストで大手銀行が全て合格したことで買いから始まりましたが、欧州金融当局者の利上げ発言を警戒し、途中から売り転換となりました。欧州中央銀行(ECB)やイングランド銀行(BOE)、カナダ中銀(BOC)の金融引き締めムードが1日遅れで材料になったようです。PERの高いハイテク株は売られ、金利上昇を受けて金融株はしっかりでした。
 上下の動きが激しくなってきたNY株、これは「天井圏」の特徴です。FRBは事前に手を打って「成熟圏」にしようとしていますが。
 日本株。
 昨日のブログにも書き、出演したテレビ東京のMプラスでも、警戒的な意味で紹介したイングランド銀行、カナダ中銀の動きは、遅れて警戒材料になったようです。相場とはこういうものです。
 今日は、週末であり月末であり12月決算の前期末で有りますので、色々なドレッシングが入りますから、一筋縄にはいきませんが、ひとまず2万円の攻防となりそうです。ここは25日移動平均線と重なるところですので重要なところです。しかし、3日新甫で荒れる7月相場になった場合でも、PER13倍台に入る19600円、75日線の19500円は相当強いサポートラインになると思いますので、ここで調整安が入る事は良い事だ位の考えで良いと思います。買えなかった有望な個別株が買えます。
 本日の日経平均予想レンジ 19950円―20050円。
 予定
5月の全国▽6月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
5月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半、厚労・総務省)
5月の家計調査(午前8時半、総務省)
5月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
5月の住宅着工▽建設受注(午後2時、国交省)
上場=ツナグ・ソリューションズ<6551>、GameWith<6552>がマザーズ、SYSホールディングス<3988>がジャスダック、トリプルワン<6695>が東京プロマーケット
6月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
6月の独雇用統計(午後5時、労働局)
1~3月期の英GDP確定値(午後5時半、国民統計局)
6月のユーロ圏消費者物価(午後6時、EU統計局)
ラウテンシュレンガーECB専任理事講演(午後7時半、ベルリン)
クーレECB専任理事講演(午後9時、ブリュッセル)
5月の米個人所得・消費(午後9時半、商務省)
6月の米シカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
6月の米ミシガン大消費者景況感指数確報値(午後11時)
スポンサーサイト