おはようございます。
 13日のNY株。
 ダウは20.95ドル高の2万1553.09ドル、ナスダックは13.27ポイント高の6274.44ポイントと続伸。ダウは2日連続で終値ベースの史上最高値更新。NYSE出来高は7億6836万株と若干低調。
 イエレン議長の上院での証言内容は、前日の下院と変わりなく、相場への影響は限定的でしたが、ハト派的な政策への安心感は継続していました。朝方発表された経済指標では、新規失業保険申請件数が前週比3000件減の24万7000件、6月の卸売物価指数は前月比0.1%上昇、横ばいとの市場予想を上回りましたが、これも限定的な反応でした。
 日本株。
 引き続き揉み合いが続いています。昨日は為替が一時112円台を付ける場面でも、日銀ETF買いを期待したのか2万円を割れませんでした。結局日銀買いは入りませんでしたが、下値硬直感を見せています。
 株価が下げれば直接日銀が買う、それ以上の下げ要因(急激な円高・金利上昇)が出れば強力な買いオペ(国債の無制限買い)が入るとなれば、確かに下げにくい相場が続きそうです。こうなると、有名な格言「株の事は株価に聞け」と、先行きは株価に聞くしかない感じです。そこで、揉み合い相場をもっと細かく見て見ますと、時々ある小幅下げの日経平均下値が、5/18(19449円)、5/30(19570円)、6/15(19755円)、7/7(19856円)と少しずつ切り上がっている事が分かります。このトレンドが続くと自然体で上値を取って行く事になりますが・・。とにかく目先は7/7の19856円が重要なポイントです。
 ジャスダックが26年ぶりの水準に上がって来ています。中小型個別株物色も続いています。
 本日の日経平均予想レンジ 2万100円―2万200円。
 
 予定 (日本の鉱工業生産と、米国の小売売上高、消費者物価、鉱工業生産、ミシガン大消費者景況感指数が材料。米国の指標が多いですね。)
SQ算出日
5月の鉱工業生産・出荷・在庫確報(午後1時半、経産省)
TPP首席交渉官会合最終日
6月の欧州新車販売(午後3時、欧州自工会)
5月のユーロ圏対外貿易収支(午後6時、EU統計局)
6月の米小売売上高(午後9時半、商務省)
6月の米消費者物価(午後9時半、労働省)
6月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
5月の米企業在庫(午後11時、商務省)
7月の米ミシガン大消費者景況感指数(午後11時)
WDが東芝<6502>の半導体事業売却差し止めを求めた訴訟の審問(15日午前1時半、米カリフォルニア州)
トランプ大統領が仏革命記念日のパレード出席(パリ)
スポンサーサイト