おはようございます。
 週明け17日のNY株。
 ダウは8.02ドル安の2万1629.72ドル、ナスダックは1.96ポイント高の6314.43ポイントとまちまちの揉み合い。NYSE出来高は6億9030万株と低調。
 注目の7月NY連銀製造業景気指数は9.8と、予想の15.0を下回り、6月の19.8から大きく低下しました。これを受けてドルは一時軟化しました。
 今週は主要企業の4~6月期決算発表が本格化します。特に翌18日に金融株やIBMなど重要な決算発表がありますので、これを見極めるまで動きづらく、全体株価は小動きに終始しました。
 ただ、これまで売り込まれていた小売り株には買い戻しが入っていました。

 日本株。
 昨日国内は休場でしたが、もう一つ注目の中国4〜6月期のGDPは、実質ベースで前年同期比6.9%増と、前期と同じ伸び率となりました。秋の共産党大会に向けて、低下は許されないと言った感じです。
 CME日経平均先物は20045円で帰って来ています。ドル円も112円半ばのままで、今日の株価は若干弱含みの感じです。引き続き揉み合いが続きそうですが、個別株の動きは良いです。特に大宮セミナー銘柄だった3237イントランス、8061西華産業の動きが良くなっているので楽しみです。
 アメリカの決算発表は明日から本格化しますが、日本は今週の安川電機位で、本格化は来週からです。ますます個別株の展開になって来ます。
 本日の日経平均予想レンジ 2万円―2万100円。
 予定
6月の首都圏マンション販売(午後1時、不動産経済研)
6月の英消費者物価(午後5時半、国民統計局)
7月の独ZEW景気期待指数(午後6時)
6月の米輸出入物価(午後9時半、労働省)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分、労働省)
API米週間原油統計(19日午前5時半)