おはようございます。
2、3年前からESG(環境・社会・企業統治)銘柄が話題になっていましたが、複数のテーマ株の1つに過ぎませんでした。ところが先日、鯨ファンドGPIFがESG3指数の採用を発表し、俄然市場の中心テーマになりました。その3指数とは「FTSEブロッサムジャパンインデックス」「MSCIジャパンESGセレクトリーダーズ指数」「MSCI日本女性活躍指数」です。今後はGPIF以外のファンドも追随組み入れをしてくると思いますので、これら指数の需給関係が各段に良くなる事が想像できます。各企業にとっても、ESG関連指数に採用されることは、企業価値の大きなステータスですからすぐさまHPでリリースしています。3指数の採用数は614銘柄になりますが、3指数共に採用されている銘柄が66銘柄あります。このトリプル採用銘柄は、企業リリースを検索すると、丸井、住友林業、アシックス、TOTO、ライオン、島津、野村総研、三井化学、SCSK、ニコン、積水ハウス、NTN、日本郵船などが見えます。ESGは世界の主力株になると思いますので、重要な銘柄選定の条件です。関連中小型株の活躍も期待されます。
 週後半の予定
【27日(木)】
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
タカタ<7312>が上場廃止
決算=大和証券グループ本社<8601>
4~6月期の韓国GDP(午前8時)
6月のユーロ圏M3(午後5時、ECB)
6月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
決算=ドイツ銀行、フォルクスワーゲン、ロイヤル・ダッチ・シェル、ロイズ
【28日(金)】
6月の有効求人倍率・労働力調査(午前8時半、厚労・総務省)
6月の全国、7月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
6月の家計調査(午前8時半、総務省)
19・20日の金融政策決定会合の「主な意見」(午前8時50分、日銀)
6月の商業動態統計(午前8時50分、経産省)
7月上旬の貿易統計(午前8時50分、財務省)
決算=野村<8604>、新日鉄住<5401>、神戸鋼<5406>
4~6月期の米GDP(午後9時半、商務省)
7月の米ミシガン大消費者景況感指数確定値(午後11時)
7月のユーロ圏景況感指数(欧州委)
7月の独消費者物価(統計局)
決算=UBS、クレディスイス