おはようございます。
  NY株は戻りに入った感じですが引き続きボラティリティは高い。ボラが高いのはエボラのせいなどと言うと不謹慎に聞こえるが、エボラ出血熱の不安と、解決した時への期待で、マーケットはかなり神経質になっている。ただ経済的影響度はまだ誰にもわからない。わかるのは、7-9月期主要企業決算は、24日まで発表分では75%が予想を上回り、第3四半期の利益成長見通しも良いという事。 今週も28、29日のFOMCを筆頭に、7-9月期GDP等重要指標が目白押しで、NY株は引き続き忙しく上下する可能性がありますが、大崩れはもう無いと感じます。 
 26日にユーロ圏民間銀行のストレステストを発表していますが、25銀行が不合格。言われていたことなのでサプライズではないけれど、今晩の欧州株は若干注目です。
 日本株も劇的に底入れた後、はっきりしない動きでしたが、どうやら底値もみあいは脱出しそうです。材料株主導は変わらないと思いますが。
 厚労省が、エボラが日本上陸した時には、富山化学(4901富士フィルムHD)アビガン錠の使用を容認すると発表しました。今日の動きが楽しみです。楽しみと言えば平野銘柄の7771日本精密が金曜日引け後に上方修正を発表しています。本日の楽しみです。
今日の予想レンジ 15300円-15500円。