おはようございます。
 3日のNY株。
 ダウは9.86ドル高の2万2026.10ドル、ナスダックは22.31ポイント安の6340.34ポイントと、ダウは小幅ながら7営業日連続で史上最高値を更新し、ナスダックは続落。引き続きマチマチな動きです。NYSE出来高は8億3614万株。好決算に下支えられた市場です、雇用統計を控えて様子見ムードの一日でした。
 注目の指標では、ISM7月非製造業景況指数は53.9(予想56.9)と1年ぶりの低水準で、金利は低下し、ドルは下げました。週間新規失業保険申請件数は前週比5000件減の24万件とほぼ予想通りでした。
 日本株。
 昨日は、円高傾向に押され、輸出・ハイテク系が弱く、日経平均は25日移動平均を再び割れました。今日もドル円は110円前後の揉み合い(6時40分現在)で、円高ムードが続いています。
 第3次安倍改造内閣がスタートしましたが、「仕事人内閣」でまずまずの人選だったと思います。後は経済優先で年内早めの予算成立を目指してほしいと思います。アベノミクスの1丁目1番地は成長戦略です。そして1丁目1番地1号が規制改革ですが、今のところまったく進んでいません。働き方改革も規制強化なのか緩和なのかさっぱり分かりません。低下している支持率も、投資家に限ると50%を大きく超えているそうです。文句は言いながらも、それだけ期待しているわけで、はっきりプラスになる成長戦略を出してほしいと言うのが市場の願望です。
 個人投資家の意見が集まるところで、市場の願望を聞いてきました。その①消費増税凍結宣言(2%物価見通しが立たない中で、どうせ増税など出来ないのだから、凍結宣言を出した方が分かり易い)、その②株式相続時の評価替え(金融庁は7掛け、自民税調は9掛け要請が出ているので、真ん中の8掛けにしたら、株式市場の景色が変わる。その為に森金融庁長官を続投させたのではないか。)、その③救国大型予算(先の骨太の方針でその準備は出来ていますよ)
 とにかく、市場が失速しない内に、口先だけでは無く早く動いて欲しいと思います。
 本日の日経平均予想レンジ 1万9900円―2万円。 (雇用統計待ち、個別物色)
4304 Eストアーが北洋銀行とのビジネスマッチング提携を発表しています。北海道でのECプロデュースを行って行きます。面白い材料です。
 予定 
7月の車名別新車販売(午前11時、自販連)
4~6月期のGPIF運用実績
決算=トヨタ<7203>、いすゞ<7202>、菱地所<8802>、伊藤忠<8001>、三越伊勢丹<3099>、NTT<9432>
第99回全国高校野球選手権大会組み合わせ抽選会(午後4時、大阪・フェスティバルホール)
7月の米雇用統計(午後9時半、労働省)
6月の米貿易収支(午後9時半、商務省)
決算=RBS、アリアンツ