おはようございます。
 18日(金)に4674クレスコの証券アナリスト向け決算説明会が開かれました。アナリストが書きやすいIR資料だった事もありますが、質問は1件だけ、資料説明時間を合わせてもわずかで25分で終了しました。筆者が今まで出席した説明会の時間としては最短時間でした。出席者の数はそれなりのもので、関心が薄いと言うより、第1四半期の増収(前期比9.2%増)増益(同34.5%)だけでなく、今後の当社の出世の姿がはっきり見えたからだと思いました。最近それを予想して強い動きだったので先週末は135円安の3955円となっていますが、25日移動平均や75日移動平均の3600円あたりを意識して、押したらすかさず買いに出るべきだと思いました。
 もう1つは4875メディシノバです。昨日の日経新聞土曜版の1面トップは「米労働市場に異変」という記事でした。米国の25-54歳の働き盛りの市場参加率が主要国で最低だと言うことで、その理由がオピオイドの安易な使用だと言うことです。オピオイドとは鎮痛剤として使われる医療用麻薬の事で、3面のきょうのことばで解説されている様に、米国の人口は世界の5%なのに、オピオイド使用量は世界の80%と言う驚くべき数字が出ています。歯の痛み止めにも使っているそうで、これを安易に使いすぎると病気が治ってもその後薬物中毒患者になって仕事をしなくなると言うわけです。これには米国も大変な危機感を持っていて、この依存症に対する薬の開発に補助金を出して書類申請にも優先権を与えています。その対象の1つがメディシノバのMN166イブジラストです。この薬が国立薬物乱用研究所(NIDA)の資金援助を受けているのは、依存症に対する効果だけでなく、オピオイドの鎮痛効果を増強すると言う力を持っているので、併用するとオピオイド使用量を根本から減らす事が考えられます。治験はフェーズIIであるUCLA-Meth-Ph2試験(n=140)を実施中で、その結果は2018年第1四半期中に発表できるとのメディシノバ岩城社長の見立てです。株価は昨年12/7の890円から先週5/14の480円まで調整していました。
 週後半の予定
【24日(木)】
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
6月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
カンザスシティー連銀主催のジャクソンホール会合(26日まで)
8月のユーロ圏PMI(午後5時、英マークイット)
4~6月期の英GDP改定値(午後5時半、国民統計局)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
7月の米中古住宅販売(午後11時、NAR)
【25日(金)】
7月の全国▽8月の東京都区部消費者物価(午前8時半、総務省)
7月の企業向けサービス価格(午後8時50分、日銀)
4~6月期の独GDP詳報(午後3時、統計局)
17年上半期の独財政収支(午後3時、統計局)
8月の独IFO景況感指数(午後5時)
7月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)