2017.08.22 5連続安?
おはようございます。
 週明け21日のNY株。
 ダウは29.24ドル高の2万1703.75ドル、ナスダックは3.40ポイント安の6213.13ポイントとマチマチの動きでした。NYSE出来高は7億1350万株と低調。
 経済指標や決算の発表がなく、週末のジャクソンホール金融シンポジウムを控えて様子見の1日でした。ダウには、直近2日間の350ドル安に対する押し目買いが入っていましたが、メリルリンチが18日公表した週間データによると、16日までの1週間で株式ファンドから10週ぶり高水準の13億ドルの資金が流出しています。逆にこの間債券ファンドは35億ドルの資金流入となってリスクオフのムードです。
 日本株。
 日経平均も今年に入り5連続安は無いものの、4連続安は連発しています。2/22、3/3、4/11、5/26、6/12、8/8からの4連続安で月1回ペースです。ところが昨日の下げで、8月としては2回目の4連続安が完成しました。もし今日マイナスなら、今年初めての5連続安になります。
 この弱い動きが続いた結果、25、75日移動平均はデッドクロスし、総合かい離(25、75、200日移動のかい離合計)はマイナスに陥り、最後の砦200日移動平均(19256円)に迫っています。為替の108円台も、円安トレンドが壊れるかも知れない重要なところに差し掛かりました。
 ただ、企業業績は安定し日経平均予想PERは既に13倍台に入りこんでいます。消費者物価指数は「デフレ脱却宣言」はまだ出していませんが、前年比マイナス状態からは上向き「デフレではない宣言」はしています。企業物価指数7月速報でも素材原料でプラス20.7%、中間財でプラス4.6%と川上の物価は動き始めました。主力株買いはまだ早いですが、めげずに中小型株、下げたら買いです。
 本日の日経平均予想レンジ 19300円―19400円。
 予定
20日現在の日銀営業毎旬報告(午前10時)
20年利付債(8月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
7月の全国スーパー売上高(午後2時、日本チェーンストア協)
8月の独ZEW景気期待指数(午後6時)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
API米週間原油在庫(23日午前5時半)