おはようございます。
 28日のNY株。ダウ187.81ドル高の1万7005.75ドル、ナスダック78.36ポイント高の4564.29。高値波乱の忙しい相場の印象だったNY株、いつの間にか4連騰で17000ドルに戻りました。企業業績の好調さに支えられて、アメリカ経済の安定感を見せて来ました。FOMC声明を控えていますが、今回はFRB議長会見がないため、波乱無しの市場センチメントに落ち着きつつあります。
 日本も週末に日銀政策決定会合を控えていますが、消費税増税決定か延期かの議論の中で、投資家のセンチメントはクリアにはなっていません。
 日経平均は今日、25日移動平均線と75日移動平均線が15500円近くでデッドクロスをします。欧州・NY株高を受けての買い戻しが予想より強く出た場合、今日にもこの地点での攻防戦に突入します。25・75日ともに下向きの為、上値を抑える力はかなり強いと思われますが・・。
 ただ、裁定買い残が18億株台で所謂カラカラ状態なので、売り仕掛けによる失速的な下げも無いと思われ、実態材料を素直に反映した攻防戦になると思います。勝敗を決めるのは、企業業績か?黒田発言か?それともGPIFか?NISAか?気が引き締まるところです。
 本日の予想レンジ 15350円-15500円。