おはようございます。
 30日のNY株。
 ダウは27.06ドル高の2万1892.43ドル、ナスダックも66.42ポイント高の6368.31ポイントと続伸。NYSE出来高は6億4634万株と引き続き閑散ですが。
 北朝鮮情勢や、大型ハリケーン被害の拡大を織り込んでいるものの、発表された4―6月の実質GDP改定値が、前期比3.0%増と、速報値(2.6%増)から上方修正され、注目のADP8月の雇用報告も、非農業部門の民間就業者数が前月比23万7000人増と、市場予想(18万3000人増)を大きく上回った為、プラス圏での展開となりました。
 日本株。
 108円31銭(日銀短観での事業計画前提レート)、19330円(日経平均200日移動平均)の、為替、株価の重要ラインは、北朝鮮ミサイルが頭上を通過する中でも防衛出来ました。ひとまず安心です。
 今日は月末ですが、最近は月末の株価は冴えません。機関投資家のポジション調整が原因と言われていますが、7月まで5か月連続安となっています。但し、月の最初(つまり明日)の営業日はこの8月まで14か月連続で上昇しています。
 7時現在110円台の円安で、条件は悪くないと思われますが、どうなるか注目です。どちらにしろ方向感が出るほどの動きは期待できません。引き続き個別株です。
 4875メディシノバにリリースが出ています。
「 MN-166の進行型多発性硬化症を適応とするフェーズ2b臨床治験に関して トップラインデータ発表アブストラクトの第7回ECTRIMS-ACTRIMS合同学術集会 レイトブレイキングセッションでの発表採択のお知らせ」です。 ECTRIMSとは(European Committee for Treatment & Research in Multiple Sclerosis 多発性硬化症に関する治療、研究、ヨーロッパ委員会の略称)
ACTRIMSとは(Americas Committee for Treatment & Research in Multiple Sclerosis 多発性硬化症に関する治療、研究、アメリカ委員会の略称) 発表は10月28日(土曜日)です。権威ある学会での発表予告ですが、順調に治験が進んでいると言う事です。
 本日の日経平均予想レンジ 19500円―19600円。
 予定
18年度予算概算要求の提出期限
7月の鉱工業生産・出荷・在庫(午前8時50分、経産省)
週間対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
ホンダ<7267>新型「N―BOX」発表会(午前10時、Honda青山ビル)
政井日銀審議委員会見(午後2時半、松山全日空ホテル)
2年利付債(9月債)入札(午前10時半、結果は午後0時45分、財務省)
7月の住宅着工、建設受注(午後2時、国交省)
日英首脳会談
8月の中国製造業PMI(午前10時、国家統計局)
8月の独雇用統計(午後5時、労働局)
7月のユーロ圏失業率(午後6時、EU統計局)
8月のユーロ圏消費者物価(午後6時、EU統計局)
4~6月期のインドGDP(午後9時)
7月の米個人所得・消費(午後9時半、商務省)
米週間新規失業保険申請件数(午後9時半、労働省)
8月のシカゴ景況指数(午後10時45分、MNIインディケーターズ)
韓国中銀が金融政策発表
米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」最終日