おはようございます。
 14日のNY株。
 ダウは45.30ドル高の2万2203.48ドル、ナスダックは31.11ポイント安の6429.08ポイント、SP500も2.75ポイント安とマチマチの動きでしたが、ダウは史上最高値を連続で更新しています。NYSE出来高は8億5630万株。
 8月の消費者物価は前月比0.4%上昇し、市場予想を上回りました。新規失業保険申請件数も前週比1万4000件減の28万4000件と良好な内容でした。ボーイングが、最新鋭旅客機の増産やドイツ銀行の格上げを受けて1.4%高、1銘柄でダウを約23ドル押し上げ、その為3指数でダウだけ高くなっています。
 米国人投資家の本心は、北朝鮮より債務上限問題の方が重要で、それが(年末までですが)解決している為、基本的に安心して相場を見ているようです。
 日本株。
 昨日朝の財務省の外国人対内株式、6446億円の売り越りには驚きました。直前4週の売り越しは、3025億円、2996億円、2460億円、1581億円とだんだん小さくなっていたので、場合によっては買い越しもと思っていましたが、予想外でした。引け後発表された東証の外国人動向も2949億円の売り越しでした。こちらも、直前4週の2746億円、2057億円、1529億円、614億円の流れから言って買い越し転換かと期待していたのですが。ただ、日経平均はマイナスとはなりましたが、3連騰591円高の後の利確に耐え、19800円を維持したのは立派です。今日は3連休前で大きな動きは出来ませんが、為替が110円台をキープしていれば売られる事は無いと思います。75日移動平均(19860円台)を意識して動くと思います。
 4875メディシノバが突然動きました。出来高も32万株とかなりのものです。特にリリースは無いようですので、どこかでIRが開かれたのでしょうか。大岩川源太ちゃんのところでもセミナーを開くので、源太グループが参戦したのでしょうか。まさかレディーガガの線維症の連想?どちらにしても注目を集める事は良い事です。
 本日の日経平均予想レンジ 19750円―19900円。
 予定は (国内は目立った予定はありません)
ラウテンシュレーガーECB専任理事講演(午後5時15分、エストニア・タリン)
7月のユーロ圏対外貿易収支(午後6時、EU統計局)
ロシア中銀が金融政策発表(午後7時半)
8月の米小売売上高(午後9時半、商務省)
9月のNY州製造業景況指数(午後9時半)
8月の米鉱工業生産・設備稼働率(午後10時15分、FRB)
7月の米企業在庫(午後11時、商務省)
9月の米ミシガン大消費者景況感指数(午後11時)
EU財務相会合(16日まで、エストニア・タリン)
ユーロ圏財務相会合(エストニア・タリン)