おはようございます。
 週末22日のNY株。
 ダウは9.64ドル安の2万2349.59ドル、ナスダックは4.23ポイント高の6426.92ポイントと揉み合いでした。NYSE出来高は7億2212万株。北朝鮮による太平洋上での水爆実験の可能性が出て、市場は朝方から軟調で、積極的な買いを手控える動きでした。
 またこの日もアップルは1%安と売られ、相場のムードを悪くしています。
 日本株。
 市場の耐性は出来ていますが、今度は太平洋での水爆実験ですか、うんざりしますね。2015年高値を前に一休みの感じですが、健全な現象ではないでしょうか。この高値を抜くと言う事は、アベノミクス高値になる事ですから、解散を控え静かに様子を見る事は良い事です。
 9月第2週(4-8日)の外国人動向が発表されましたが、岡三証券資料によるとこの週の先物は1兆231億円の買い越しになっています。この週はSQの週ですので、裁定解消に絡む可能性がありますが、裁定残は9/4に前日比7400万株減の7億7819万株と確かに減ってはいますが、9/8には8億2122万株に戻っています。トータルでこれだけの買い越しと言う事は、純投資の買いが入った事を意味します。翌営業日から日経平均1000円高の予想外の暴騰劇となりますので、大きな意味があった事になります。また、日経平均はドルでは180ドルで昨年初めから明確な上昇トレンドを描き、海外ファンド筋に持たざるリスクが出ています。売り方はゆっくり締め上がって行きますので、我々もゆっくりしましょう。
 20日の本欄で予告しました通り4875メディシノバの相場つきが変わって来ました。来週28日には岡島副社長出席の個人投資家説明会が源太塾で開かれます。源太氏とは気の合う仲間としての付き合いはありますが、源太グループには関係していません。しかし、テンバガーを目指す銘柄に新しい勢力が参加する事は大歓迎です。
 来週の日経平均予想レンジ 2万円―2万500円。
 週前半の予定
【25日(月)】
7月の景気動向指数改定値(午後2時、内閣府)
黒田日銀総裁が大阪経済4団体と懇談◇黒田日銀総裁会見(午後4時45分)
9月の独IFO景況感(午後5時)
【26日(火)】
7月19・20日の日銀金融政策決定会合議事要旨(午前8時50分)
8月の企業向けサービス価格(午前8時50分、日銀)
上場=寿屋<7809>がジャスダック
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
7月の米S&Pケース・シラー住宅価格(午後10時)
9月の米消費者景気信頼感(午後11時、コンファレンス・ボード)
8月の米新築住宅販売(午後11時、商務省)
イエレンFRB議長講演(27日午前0時50分、米クリーブランド)
API米週間原油在庫(27日午前5時半)
【27日(水)】
8月の工作機械受注確報値(午後3時、日工会)
8月のユーロ圏M3(午後5時、ECB)
8月の米耐久財受注(午後9時半、商務省)
EIA週間原油在庫(午後11時半)
NAFTA再交渉会合最終日(カナダ・オタワ)