おはようございます。
 週明け9日のNY株。
 ダウは12.60ドル安の2万2761.07ドル、ナスダックも10.45ポイント安の6579.73ポイントと小動きの中若干の下げ。ナスダックは10日ぶりの下げでした。NYSE出来高は6億2016万株と低調でした。この日はコロンブスデーの祝日で、債券、外為市場が休場でしたので、株式市場への参加者も少なかったようです。薄商いの中、経済指標の発表もなく、個別銘柄の動きがあるのみでした。GEが3.9%も下げましたが、エヌビディアは2.3%高、マイクロン・テクノロジーは3.3%高と好調でした。週後半から金融機関大手の決算が出て、決算相場が本格化します。
 日本株。
 連休明けですが、大きな動きはなさそうです。しかし、引き続きドル円は112円台中盤で安定し、原油も50ドルは割れていますがしっかりの動きです。NY株は若干のマイナスですがCMEダウ先物はプラスでした。特に下げる要因もありません。最も北朝鮮の核実験やミサイルが飛んだらそれなりの反応はあるでしょうが。NY同様こちらも個別物色の1日になるでしょう。
 本日の日経平均予想レンジ 2万650円―2万750円。
 今日の予定
8月の国際収支(午前8時50分、財務省)
9月の対外対内証券売買契約(午前8時50分、財務省)
日銀支店長会議(午前9時、日銀)◇黒田日銀総裁あいさつ
さくらリポート(午後2時、日銀)
9月の景気ウオッチャー調査(内閣府)
決算=Jフロント<3086>、高島屋<8233>
日本版GPS衛星みちびき4号機打ち上げ(鹿児島・種子島宇宙センター)
8月の独貿易統計(午後3時、統計局)
8月の英貿易収支(午後5時半、国民統計局)
米レッドブック週間小売売上高(午後9時55分)
IMF世界経済見通し(午後10時)
米労働市場情勢指数(LMCI)(午後11時、FRB)
EU財務相理事会(ルクセンブルク)
北朝鮮の朝鮮労働党創建72年