おはようございます。
 25日のNY株。ダウは2.96ドル安の1万7814.94ドル、ナスダックは3.36ポイント高の4758.25。場中若干の上下があった為、NY証券取引所の出来高は8億株半ばとまずまずだった。11月の消費者信頼感指数の悪化と、第3四半期実質GDP上方修正の強弱材料が対立した為。
 日本株。日経平均神経質なら気楽に個別株と昨日書いたら、早速我らの7771日本精密が爆発した。瞬間288円は前日比38%高。多くの投資家に喜んでもらえたと思うと筆者もうれしい。ただ、総発行株数1542万株に対して昨日1日で1276万株の出来高はちょっと人気先行気味。皆さんの多くはもう売っていると思うが、この企業の成長性から見てこんなところで終わる相場ではない。ただし、しばらく調整完了を待とう。
 日経平均。円安連動が微妙。悪い円安の不安。OECDが日本の成長力予測を下方修正した。アベノミクス成長戦略が試される時だ。
 その選挙だが、日曜日に友人の市会議員の事務所開きに行った。来賓の国会議員の話では、かなり自民党の議席は減りそう。来週あたりからマスコミのトーンが大きく変わると言っていた。気を引き締める為だけの危機感ではなかった。
本日の予想レンジ 17300円―17450円。
スポンサーサイト