2014.07.09 正念場
日経平均の動きはいまいちだが、決算発表は月末からですし為替は101円台から動けずでは当然のことかもしれない。ここまで利益確定を我慢してきた強気派にも不安感が出始めました。しかし、ヘッジファンド中心の売り方から見るともっと深刻な正念場です。本日荒れる日と言われるオプションSQの週の水曜日、重要なサポートライン25日移動平均は目の前、欧米株の下落、円高と圧倒的に売り方有利。当然売り方はここで(ここでしかない)25日線(15200円)を切って買い方の動揺を誘い、200日(14860円)、75日(14700円)と攻めるところ。買い方はどうすべきか?ここは逆に余裕をもって売り方の力を眺めていれば良いと思う。25日線を切っても買い方が動揺しなければ売り方の独り芝居に終わる。まして25日線さえ切れなかったら・・・。相場は冷静な目でしか見えない!