おはようございます。
 1日のNY株。ダウは51.44ドル安の17776.80ドル、ナスダックは64.28ポイント安の4727.35と下落。感謝祭の週末の小売売上高が、前年比11%のマイナスとなった事が嫌気された。原油は若干反発したが米国にとってはシェールガス政策にマイナスに影響する。注意は必要。
 日本株。ムーディーズによる日本国債の格下げの影響は今のところ限定的だが、黒田総裁が一番恐れていたこと。軽視は禁物。
 いよいよ公示、選挙態勢に入る。アベノミクスの先行きが試される。大きく議席が減ることが間違いない自民党。どう考えてもポジションは傾けにくい。しかし、大きなファンドや個人投資家は下げを待っている。下げにくい上げにくい相場が続きそうだ。
 ここで取り上げた個別株は、私がしっかり調査して割安だと心から思っている銘柄。下げたら余計に推奨したくなる銘柄。毎日はありません。過去のブログをチェックして、紹介した銘柄が安いタイミングなら少し買ってみたらいかがでしょうか。
 本日の予想レンジ 17400円-17550円。
スポンサーサイト