2014.12.06 来週の相場。
おはようございます。
 週末5日のNY株。ダウは58.69ドル高の1万7958.79ドル、ナスダックは11.32ポイント高の4780.76ポイント。11月の雇用統計、非農業部門の就業者数が前月比32万1000人増と、市場予想の23万人を大幅に上回った。いよいよこれから強い景気と利上げとのシーソーゲームに入る。どちらにしてもドル高だ。為替ドル円は121円台半(7時現在)になっている。
 日本株。円安を受けてシカゴ日経平均先物は18000円台に乗せている。来週は18000円台固めの攻防戦が、メジャーSQの手口を巻き込んで展開される。NYダウは昨日18000ドルを意識する利益確定売りに頭を押さえられたが、日経平均はどうなるか?このダウと日経平均の関係をアノマリー的に、明日の東洋経済オンラインの私のコラムに書くつもりだ。ぜひ見て頂きたい。ダウ(18000ポイント)に触れると日経平均(18000ポイント)に罰のアノマリー?トップページで私のコラムがわかるように、アクセスランキング上位を狙うつもりだが、分からなかったらマーケットのところをクリックして頂きたい。
 月曜日は7-9月期GDP改定値が発表される。GDPショックの速報値よりは上方修正されているような感じもするが・・。水曜日の10-12月期の法人企業景気予測調査は重要だ。木曜日は機械受注、そして金曜日はメジャーSQ。どうやら来週は、選挙予想も絡んで重要な局面を迎えたようだ。
来週の予想レンジ 17500円-18300円。
スポンサーサイト