おはようございます。
 16日のNY株。ダウは111.97ドル安の1万7068.87ドル、ナスダックは57.33ポイント安の4547.83ポイントと大幅続落。NYSE出来高10億2139万株と商いも伴う下げ。原油安がロシア、ブラジルなど新興国経済不安からのリスクオフが原因。安全資産とされる円や債券が買われた。しかし、ダウは一時、246ドル高まで上昇する場面もあり、本日のFOMC声明で、この原油安の混乱を評価して金融政策の維持を表明しようものなら、NY株の流れが一気に変わる可能性もある。
 日本株。為替が116円台半ば、CMEはすでに200円も下にあり、売り先行で始まろうが、短期的には今日から買い場だ!16500円台を買えれば、後の対応は十分できる。私の下値目途16200円台はもうすぐだし、突破され16000円を割れたらまた買えば良い。FOMCもあれば、週末の日銀政策会合もある。GPIFや簡保も控えている。原油安は日本にとっては大ボーナスだ。
本日の予想レンジ 16500円-16700円。