おはようございます。
 30日のNY株。ダウは55.16ドル安の1万7983.07ドル、ナスダックも29.47ポイント安の4777.44ポイント。NYSE出来高は5億3762万株。クリスマス明けのNYは2日続けて5億株台の出来高で、年末ラリーは不発です。先にこのブログでお伝えした通り、事業法人系の情報では「カレンダーの並びで、長期休暇を取る人が多く実質クリスマス休暇明けは来年1月5日だよ」との事でした。これに対してヘッジファンド情報では、「とんでもない。こんないい相場の時に休んでいられますか。29日から活発になりますよ」でした。ふたを開けて見たらこの事実。大体マーケット関係者の話はあてになりません。筆者も一応マーケット関係者でした。関係者各位には陳謝(笑)
 「ダウの呪い、PERの金縛り」 アノマリーどおり、12月8日が目先高値になりました。連載している東洋経済オンラインの私の当番は1月4日(日)ですが、急きょ元旦のマーケットコラムも頼まれましたので、これらの事をもっと膨らませて書いて見たいと思っています。ぜひ東洋経済オンラインも見てください。無料です。
 
 今年の日本株。黒田総裁のおかげで後半盛り返し、まずまずの成果で終わった投資家の皆さんが多いと思います。トヨタ(主力株)を買った方も日本精密(小型材料株)を買った方も皆さん儲かったと思いますが、銘柄によっては1年間停滞したものも多いと思います。来年はそれが、更に顕著になると思います。世の中以上に格差が付くと思います。私の好きな中小型株に限らず(電力株の動きがおかしいので)、大型株(新日鉄)も出遅れは物色されると思います。お互い勝ち組になるよう頑張りましょう。筆者も更に勉強して、ご期待に応えたいと思っています。良いお年をお迎えください。感謝。
スポンサーサイト