おはようございます。
 21日のNY株。ダウは39.05ドル高の17554.28ドル、ナスダックは12.58ポイント高の4667.42ポイント。ECBが月500億ユーロのユーロ圏国債購入を最低1年間継続するという具体的政策予想報道と、国内では、12月住宅着工件数が市場予想を上回った事、企業決算おおむね好調等で、引けにかけて締った動きとなりました。とにかく目先はECB次第ですが、かなり織り込んだと思いますが・・。
 日本株、昨日は、前日の踏み上げ気配を受けて一気の上値トライも期待されましたが、そう単純ではなかったですね。しかし、上値抵抗線と見られた25日移動平均線17260円を維持しました。今日もこの25日線の攻防になるでしょう。ECB理事会の結果が、材料出尽くしになるか?改めて買われるか?さて。
 どちらにしても、日本株が単独で下がる要素はありません。
 政府は労働力不足を補うロボット革命に、1000億円の出資を決定するようです。7779サイバダイン中心のロボット関連がやはり柱の一つになりそうですね。そして、アベノミクスの1丁目1番地の建設、不動産、目玉の電力革命。アベノミクスもなんとなく姿が見えてきましたね。
本日の予想レンジ 17250円-17400円。
スポンサーサイト