2015.01.31 来週の相場。
おはようございます。
 週末30日のNY株。ダウは251.90ドル安の1万7164.95ドル、ナスダックは48.17ポイント安の4635.24ポイントと大幅下落。前日は大幅反発と書いたばかりで、高安を繰り返す、日本流に言う「鯨幕」(くじらまく)相場に陥りそうな気配です。決算発表もドル高の影響がまだらに出ていて、日によって良かったり悪かったりです。来週末は雇用統計ですが、それまで続きそうです。
 日本株。裁定買い残等需給関係は良好で、決算発表もアメリカより平均的に落ち着いています。しかし、日銀やGPIFは高値を買い上がってはくれません。やはり、アメリカ次第、外国人次第の相場展開が続くでしょう。
 ただし、売りよりは買いが勝つと思っています。需給の良さもさることながら、円安や原油安に支えられて、今期来期ともに増益予想で、継続的に下げるとは思えません。
 アベノミクスの成長戦略と並行して財政規律も正していかなければなりませんので、世の中はこれからどんどん厳しくなりますが、日本の産業動向指数で下向きのものはありません。産業動向指数は、言い換えると大企業指数です。我々は大企業イコール上場企業を売買します。いずれ、人口減少・国力衰退が大企業にも影響してくると思いますので、超長期的には筆者は弱気ですが、まだ数年は、日本の産業動向指数は横ばいか若干の上昇をすると思います。
 「下がったところは買う」姿勢は続けた方が良いと思います。(上がったところは買わないと同じ事です)
あっと言う間に1月が終わりましたが、今年1年このスタンスです。面白くありませんから、個別銘柄でうっぷんを晴らしてください。
 来週の予想レンジ 25日移動平均(17370円)のマイナス1%の17200円が下値めど、プラス3%の17800円が上値めどになると思います。
スポンサーサイト