おはようございます。
 2日のNY株。ダウは196.09ドル高の17361.04ドル、ナスダックは41.45ポイント高の4676.69ポイント。注目の1月ISM製造業景況指数はやはり不調だった為、売り先行で始まりましたが、原油先物が上昇すると、引けにかけて一気に買い戻され大幅高となりました。決算発表は好不調まちまちでした。1日(日)の東洋経済オンラインの筆者のコラムで述べたように、NY株は日々高安を繰り返す「鯨幕相場」に突入!と言ったところでしょうか。週末の雇用統計まで続く感じです。
 日本株。NY株が鯨幕の様相なら、今日の高いところは全体としては買ってはいけない事になりますが、このコラムで紹介した1連の平野銘柄で、「押し目いっぱい」と感じたら買って良いと思います。多少決算の出方が芳しくないものもありますが、基本はまったく変わらないと思っています。
 7771日本精密の営業利益が小さく出ているのは、カンボジア工場の拡充で、従業員を400人増やし3200人体制にした人件費に円安が加わった為です。逆に、円安差益で経常利益と純利益が、通期予想をはるかに超えているのに、増額修正をしないのは、期末の円レートを確かめてからと言う方針で、決して1-3月に損失が出るという事ではありません。為替が加わった場合には、大きく利益が伸びる予定でも上方修正はしなくて良いそうです。(取引所)。
状況は順調に進んでいるようです。超真面目な企業なので、通期決算の決定数字に期待しています。
 日経平均本日の予想レンジ 17600円-17750円。
スポンサーサイト