イエレンFRB議長議会証言は予想通りでもみあいとなったアメリカ株。立会終了後のインテルの決算好調で明日の株価は堅調の感じですが、6月の鉱工業、7月住宅建設業者信頼感、ベージュブックと重要指標目白押しで若干注意。
 本日の日本市場は、中国の、4-6月GDPや各種景気指標の数字や為替を見ながらの小幅もみあいを予想します。レンジは15300円から15500円。イエレン議長がソーシャルメディアやバイオが割高と証言しているので、今日の所はこのセクションは避けて、好材料好業績の中小型株トレーディングに更に邁進してよいと思います。