おはようございます。
 2日のNY株。ダウは155.93ドル高の18288.63ドル、ナスダックは44.57ポイント高の5008.10。注目の月―水―金のラインの第1弾2月ISM製造業景況指数はやはり低調でしたが、利上げ時期に神経質になっている市場では、ネガティブ材料ではありません。M&A材料も出て、ダウは史上最高値更新、ナスダックは15年ぶりの5000ポイント乗せとなりました。

 日本株。ハイテク株指数の傾向がある日経平均に似ているナスダックが15年ぶりの高値。日経平均の強さの応援団がまた一つ加わりました。
 日経平均は、6日連続25日移動平均とのかい離が4%台です。騰落レシオも過熱と言われる120%以上を9日間続けています。ドル円も120円台に入っています。昨日も申し上げましたが、こういう時は、無理に逆らわず自然体でマーケットについて行くことです。もちろん万一の備えは必要ですが。
 昨日一気に19000円を付けるかなとも思いましたが、いよいよ今日は抜けるか、再チャレンジです。余裕を持って見ていましょう。
本日の予想レンジ 18850円-19000円。