おはようございます。
 昨日の米国ダウはウクライナ情勢を織り込んで、金曜日に買われた分、行ってこいまで売られ、引けにかけて若干戻して48ドル安。今日の日本株への影響はほとんどニュートラルです。国内材料もありません。しかし、今晩の米国は週間チェーンストア売上高、6月のCPI、レッドブック小売り、5月住宅価格指数、6月中古住宅販売と大変忙しい。特に住宅関係の実態を表す中古住宅販売の数字には注目です。決算も。
 今日に限っては日本動けずでしょうから、やはりいつもの通り中小型出遅れ材料株で行きましょう。このブログでは個別銘柄の話をしていませんが、原稿料を貰って出す「平野銘柄」より先にしゃべってはまずいからです。しかし、発表した銘柄のその後のフォローは今後していきたいと思っています。ご期待ください。
スポンサーサイト