おはようございます。
 19日のNY株。ダウは117.16ドル安の1万7959.03ドル、ナスダックは9.55ポイント高の4992.38ポイント。NYSE出来高は7億3777万株と低調。
 ダウは、前日の220ドル上昇に対する利益確定の売り、FOMCのハト派な内容で下落していたドルが上昇した事、原油価格が再び45ドルを割り込んで来たことでマイナスとなった。新規にダウ構成銘柄に加わったアップルが0.76%安となった事も影響しているか。

 日本株。それにしても下がりませんね。昨日で3日続けて、25日移動平均かい離率が4%を上回っています。騰落レシオも10日連続120%越え。売りシグナルを出しながら上がる水準訂正の典型的な形ですね。
投資部門別売買動向が昨日発表になっていますが、売り越しを続けている個人投資家がこの相場に乗り切れていないのは分かりますが、買っている外国人投資家も、インデックスに勝てなくて、金主からかなりプレッシャーがかかっているそうです。
 昨日、筆者銘柄しかやらないと言っているある投資家から連絡があったので、相場に勝てなくて申し訳ないねと言ったら、「そんなことないよ。十分儲けているよ」との事。イントランスで大きく獲って、西華産業は270円台から買い上がっているそうです。メディシノバも最近の動きにかなり期待している様子。230円台の日本精密を今全力で仕込中との事。タイミング次第で、当たり屋にも曲がり屋にもなるんですね。
 ウォール街の格言「熊(売り方)も牛(買い方)もいつかは儲かるが、豚(しっぽを常にプラプラして方針の定まらない)は儲からない。
本日の予想レンジ 19400円―19550円。
スポンサーサイト