2015.03.21 来週の相場。
おはようございます。
 週末20日のNY株。ダウは168.62ドル高の1万8127.65ドル、ナスダックは34.04ポイント高の5026.42ポイント。ナスダックは2000年のITバブル時に記録した史上最高値5048.62ポイントに迫る15年ぶりの高値更新。NYSE出来高は、SQでしたので22億5333万株。
 FOMC声明を受けての反応が続いています。
ダウは、3月2日の史上最高値以来、利上げに神経質になり、調整が続いていましたが、利上げ時期・その後の推移にハト派的観測が広がり、再び高値を取る勢いです。来週、高値抜けからの好調な動きになれるかどうかは、どうやらドルの推移にかかっているようです。

 日本株。騰落レシオ11日連続120%超え、4日連続25日移動平均かい離率4%以上と、過熱指標を連発しながら上昇してきました。来週も公的ファンドの買いが継続するかにかかります。
 株価材料は、国内では、話題として統一地方選の告示がありますが、関係するイベントはありません。
海外では、24日(火)3月のHSBC中国、ユーロ圏PMI、米CPI、25日(水)3月ドイツIFO景況感、2月米耐久財受注、27日(金)10-12月米企業収益・GDP確報値等重要な指標の発表がりますので海外次第の動きになりそうです。
 また、公的ファンドの今会計年度の買いは、期末を前にして、昨日までで一巡したとの説もあり、ドル安(円高)がNY株上昇の条件と言う矛盾した環境で、一気に2万円に行けるか注目されます。行ったとしても目標達成感はかなり高まると思います。
 その後の趨勢は、再来週の日銀短観(日)、雇用統計(米)次第だと思われます。
来週の予想レンジ 19100円―19900円。
スポンサーサイト