2015.04.18 来週の相場。
おはようございます。
 週末17日NY株。ダウは279.47ドル安の1万7826.30ドル、ナスダックは75.98ポイント安の4931.81ポイントと大幅続落となりました。NYSE出来高は8億9152万株。
 特に大きな材料が出たわけではありませんが、ダウは一時357ドル安となりました。中国の空売り規制緩和、ギリシャの債務不履行の高まりが嫌気されたようです。ブルムバーグ端末のシステム障害も波乱要因だったようです。3月のCPIが前月比0.2%上昇(好材料)しましたが、支援材料にはなりませんでした。
本格化している決算発表がまだら模様ではっきりせず、上値の重い中で、週末の売りに抗しきれなくなったようです。
 来週のNY株は、若干不透明な感じで、複数出る消費・住宅関連指標や、企業決算内容を材料に、神経質な展開となりそうです。

さて来週の日本株。
 下げてもすぐ戻す動きを連日続けていましたので、昨日、戻し切れず、今週初めての安値圏で終わった事で、かなり嫌なムードになっていますが、先週土曜日の本ブログに書いた通り、今週の予想レンジの下限を、25日移動平均かい離率マイナス1%と予想していましたので、昨日の引け値はプラス0.37%ですから、筆者としてはそれほど悲観する事は無いと思っています。
 ただ、筆者が短期的相場リズムの基準にしています過去7日間のマイナーボトム(19789円81銭)を下回りま(陰転)したので、昨日の25日移動平均19581円に対する、予想のマイナス1%の19385円、直近1日だけマイナスになった4月1日のマイナス0.65%の19453円あたりは下回りそうです。
 この辺の詳しい事は「タチバナストックハウス」で検索しますと、筆者の「信用取引実践編」10回連載の力作(?)が載っていますのでご参考にしてください。
 とにかく、海外マーケットが若干不安定ですから、日本株も2万円達成後の調整を余儀なくされそうですが、公的ファンドや現物買いの海外ファンドが売りに転じたわけでもなく、アメリカのように決算が減益になるわけでもありません。基本的には「買い場探し」で良いのではないでしょうか。ただし個別選別で。
 日経新聞から決算がらみの記事「プロに聞く決算の注目点」のアンケートが来ました。いくつかのアンケートに答えましたが、今度の決算で注目する銘柄は?に対して、6298ワイエイシイ、7771日本精密、8061西華産業の3銘柄と答えました。採用されるかはわかりませんが。
 来週の予想レンジ いつもの手法で申し訳ありませんが、25日移動(週央推定19600円)かい離、プラスマイナス2%で  19200円―20000円。
スポンサーサイト