2015.04.22 再度の2万円。
おはようございます。
 21日のNY株。ダウは85.34ドル安の1万7949.59ドルと反落、ナスダック逆には19.50ポイント高の5014.10ポイントと連続高でした。NYSE出来高は6億8910万株と低調でした。
 前日のIBM、この日のデュポン、トラベラーズ等の決算が低調で、売り材料になりました。

 日本株。こちらは堅調です。アメリカの様に企業業績に対する不安もなく、良好な需給も変わらず、ミニ踏み上げの様相で、わずか1週間で再び2万円挑戦です。
 個別株物色の動きも短期間にしか現れず、コア30を買っていた方が良かったと言う結果に、筆者としては完敗です。
しかし、短期間でもかならず個別株物色の現象が繰り返し起きますので、めげずに押し目を狙って、逆張りで利益を積み上げましょう。
 さて、日経平均は25日移動平均をサポートラインとして安定的な上昇を続けています。目先の目標値を代表的な計算方法で示して見たいと思います。こう言う時の計算は、「すべての情報は終値に集約される」と言うダウ理論に基づき引け値で計算します。
 まず簡単に、倍返しV計算値(目先の押し幅を高値マイナートップに足す)で20240円。
 次にN計算値(直前の上げ幅を目先の底マイナーボトムに足す)で20537円。
この辺をひとまず意識した動きになると思います。
その前にまず今日は2万円挑戦と、引け値での維持が最大の注目点ですね。

 本日の予想レンジ 19900円―20050円。


スポンサーサイト