おはようございます。
 29日のNY株。ダウは74.61ドル安の1万8035.53ドル、ナスダックは31.78ポイント安の5023.64ポイント。
 朝方発表された第1・四半期のGDP速報値が前期比0.2%増と、市場予想の1.0%増を大きく下回った為、売り先行で始まりました。FOMC声明でも米経済の一部の弱さが指摘されましたが、逆に利上げ遠のくとして、株価は下げ渋りました。
 だんだん利上げ時期が後ずれして来ている感じですね。

 日本株。注目していたFOMCの結果は、世界の運用資金における日本株買いのエネルギーに大きく影響するものではありませんでした。従って今の日本株の好需給は変わらないと判断します。
 さて、日本の金融政策も、本日昼の日銀政策会合の結果と、3時半の黒田総裁会見が注目されます。こちらは、追加緩和が1部に期待されていますが、日本の景気指標を見る限り、普通の金融マンだったらここでの追加緩和は必要ない、逆にあとあと悪い影響が出るという事になると思います。もし、黒田総裁が物価目標だけを考えたら、ここでのダメ押しはかなり効く1発になりますが・・。まず追加緩和はないと見ます。

本日の予想レンジ 19750円―19950円。
スポンサーサイト