おはようございます。
 いよいよ大型連休も最終日となりました。昨日は帰りの車の運転で、今日は疲れて朝寝坊している方も多いかもしれませんが、5日(火)のNY株です。
 ダウは142.2ドル安の17928.2ドルと前日回復した18000ドルを再び下回りました。3月の貿易収支が約6年半ぶりの大幅赤字となって、景気減速への懸念が広がった為です。ナスダックも77.6ポイント安の4939.32ポイントと大幅安です。
 マーケットセンチメントが強ければ、「利上げ遠のく」で買われる場面なのですが・・。

 日経平均CMEは、420円安の19365円で、前日の感じでは200円高が期待された休み明けの東京市場でしたが、この日の下げで逆に、200円安で始まりそうです。最も、今晩の4月ADP雇用報告の数字でNY株の動きがまた変わりますが・・。
 週末の雇用統計まで落ち着きませんね。
 今日はゆっくり休んで明日からの出動に備えましょう。
 筆者もいよいよ日経CNBCの仕事が始まります。

スポンサーサイト