おはようございます。
 アメリカの低調な景気指標が続いて、利上げのタイミングはどんどん後ずれしていく感じです。だからこそ利上げは今しかないと言う意見は別にして、市場から1時流出する資金の流れを見て心配された、世界の投資資金がタイトになると言う、需給の悪化はどうやらなさそうです。

 CME日経平均先物が19795円で、休み中の事件も無く、為替も119円台前半で落ち着いているようなので、本日は再び25日移動平均突破にトライです。  今度は、1日だけのダマシにならずに本格的突破になってほしいものです。
 
 決算が出そろいました。決算発表が、先行き不透明な全体相場観の中で行われた時には、投資家はどんな好決算でも「次の好材料が出るまで上がらないのなら、ひとまず売っておこう」と言う事になります。たくさんの銘柄が、決算発表が材料出尽くしとなりました。しかし、先高観が復活して来たら、それら好決算銘柄が買い直されるのは理の当然です。
 
 大勢意見の逆が出るのが相場の常です。「5月いっぱいは調整!出直りは6月上旬から」が大勢でしたので、「5月いっぱいから6月上旬まで上がる!調整は6月中旬から」になるかも知れませんね。

本日の予想レンジ 19700円―19850円。

スポンサーサイト